今はない切り口のサービスを作る

株式会社GFDに入る前

学生中は鹿児島で農業経済経営学を学んでおり、適当に商社で仕事をして老後に農業ができればいいなと思いながらバイトとフットサルに明け暮れた生活を送っていました。4年時に1年間スペインへ留学したことをきっかけに、ヨーロッパに住む人間の仕事<仕事以外の生活という価値観とゆっくりした時間の流れに魅了され、仕事つめで幸せそうな人間が少ないイメージの日本の仕事のあり方を変えたいと思うようになりました。 そこから漠然と、成長が早く今までの常識を大きく覆してきたIT業界へ就職しようと考えるようになりました。 「どこでも何とかなるっしょ」という楽観的な考えから、会社のネームバリューや事業内容には特にこだわらず、IT業界で経営理念とそこで働く人に共感できるかの3軸で働く場所を探していました。 軸を決めた矢先にGFDからオファーを受け面接に望むこととなりました。 恥ずかしい話ですが、面接時はインフラ領域の業務内容や業界のことなど全く知らずの状態で、「他社に比べ技術力がある」ことや「お客さんがいい」といったよく企業が就活生に対して使っている売り文句も働きだしてしばらくして知ったことでした。 印象的だったのは、面接のたびに顔を合わせる全員が何かしらの一声をかけてくれたところで、会う全員がこのように気の使えるこの会社の人となら自分の目指したいことを目指しながら楽しく仕事ができると思い入社を決めました。

現在

現在は、某パチスロを作成している企業の情報システム部に常駐しており、内部のインフラの保守を行っています。 主にヘルプデスク業務を担当していますが、現在の現場の仕事内容はみなさんが頭に浮かべるようなコールセンターの仕事というよりは、社内のシステムインフラをサポートする何でも屋さんです。 例えばプリンタが使えないといったレベルの解決業務から、NWインフラの運用・構築にも関われるような幅の広い仕事になります。 こちらのがんばり次第で業務内容や幅も変えることができるので、日々とてもやりがいがあります。

株式会社GFDについて

ルールはまだ作成中といった感じです。 そこにルールがあったほうが何かがスムーズに進むならあった方が作るという印象を持っています。 つまり、こちらから積極的に提案し会社の合意が取れれば自分たちでルールも仕組みも作れるおもしろみのある特徴を持っていると思います。

今後どういうことをしていきたいか

主体的に動いてまずは社内から変えていきたいです。 まだまだ、全員が100%という感じではないのでそれができる仕組みをうまく作っていきたいです。 また、技術者ですが、技術を属人化させないためにどう動けるかというところを意識して新しい仕組みを考えていきたいと思っています。 個人の技術という部分では、現在はるか上にいる先輩方を引きずりおろせるくらいの技術をつけて、今はない切り口のサービスを作れたら思い動いています。

株式会社GFD's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
3171ba9a 1df9 446f 89ca 615b940c6fbe
Picture?1522980155
3 Like
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
3171ba9a 1df9 446f 89ca 615b940c6fbe
Picture?1522980155
3 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon