Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

なにをやっているのか

GIFTED ACADEMYは、発達障害者を対象とした、IT技術(現在は3Dプログラミング、デザイン中心)の教育とキャリア支援を行っています。
障害福祉サービスである就労移行支援事業所として運営していますが、障害者雇用枠への就職を支援する従来型の業務は行っていません。
また、専ら教育を担う従来型のプログラミング・スクールでもありません。
GIFTED ACADEMYは「学びの場」であり、同時に「仕事の場」でもあるのです。

私たちは、オンライン教材を用いた自学自習を軸に個々人のカリキュラムを作成。
第一線で活躍する講師がメンターを務め、週1回の面談で進捗状況を確認し、ひとりひとりの自発的な成長を支えています。
一定の技術を身につけたメンバー(利用者)には、講師の仕事の一部をメンバーが担うOJTを積極的に導入。
現在は、Virtual Reality (VR)、Augmented Reality (AR), 3Dモデリングに特化したソリューション開発を担う、エンジニアとデザイナーの養成に注力しています。

講師陣の実績は以下のとおりです(一部を抜粋)。

株式会社ゴンゾ様
18(Playstation VR (PSVR)向けのゲームコンテンツ)
企画、ディレクション、VR360映像制作、エフェクトを担当。PSVRで人気を博し、地上波でのTV放映が決定いたしました。

株式会社WHITE
ミルボックスタッチSDK(タッチ操作できるVRゴーグル)
ディレクター、SDK開発を担当。VR情報専門誌「VRFREEK」から取材を受け、企画記事として大きく取り上げられました。

講師とメンバーが参加したプロジェクトの実績としてはBaPA/Indoor BackPack(エンジニアリング、コンテンツ開発)、講師が受注したプロジェクトをメンバーが構成する開発チームが担っている、マインドルフネスVR(エンジニアリング、コンテンツ開発)等があります。

今後は、3Dプログラミング デザインの分野だけにとどまらず、発達障害者の特性を活かすことのできるデータサイエンスやセキュリティの分野へも、事業の枠組みを広げていきます。

パートナー企業との連携は、GIFTED ACADEMYの運営を支える大きな柱です。
パートナー企業は以下のとおりです(一部を抜粋)
デジタルハリウッド株式会社(http://www.dhw.co.jp/):業務提携し、デジタルハリウッド大学のプロクリエイターが講師を務める100コース超のeラーニング教材(100を超えるコースを有する)の提供を受けています。現在、同デジタルハリウッド大学の在学生を技術メンターとして招聘する準備を進めています。
株式会社Psychic VR Lab(http://psychic-vr-lab.com/): ファッションVRの旗手で伊勢丹新宿店でのVRイベントでも知られる同社は、デザイン分野において支援対象者のメンターとしての役割を担うと共に、実習・研修先として支援対象者を受け入れています。

なぜやるのか

人は、生まれながらにして様々な偏りを持っています。
身体能力の偏り、知的能力の偏り、精神的発達の偏り、趣味愛好の偏り、価値観の偏り等。
私たちは、「偏り」こそ人間の持つ素晴らしい資質であると考えています。
そもそも人類は、特別に偏った人がいたからこそ、発展を遂げることが出来たともいわれています。
執着心や発想力が特別に偏った人がいたからこそ、人類は様々な道具を発明することができ、
好奇心や行動力が特別に偏った人が居たからこそ、人類は世界中の大陸を開拓することができ、
感受性や表現力が特別に偏った人が居たからこそ、人類は豊かな文化や芸術を作る事ができきたのです。

はっきりとした偏りを持つ人たちは、時に発達障害者と称されることがあります。
「偏りを持っ人たちが、生き生きと自分の能力を発揮し、活躍できる場を作る。」
この目標の実現のため、私たちと一緒に歩む仲間を求めています。

信念その1: 発達障害とは、脳が適応障害を起こした状態
「脳の特性」と「自由度の低い働き方」がしっくりこない状態にあると考えています。
人間の身体機能に差異があることは誰もが理解しているのに、なぜ脳の機能には差異がないと考えられてしまうのでしょう。
一人ひとり身長が異なるのと同じように、 一人ひとり認知の仕方も異なっていることは至極自然なことであにとってるはずなのに…。

信念その2: 苦手なことがあるのは恥ずかしくない
身長160cm代の人にとって、スラムダンクを決めることは難しいでしょう。
スラムダンクを必死で練習することに、どれほどの意味があるでしょうか。
身長160cm代で、パスやドリブルの技術を高めることで、スラムダンクが出来なくてもNBAで活躍している人もいます。
自閉症だから場の空気を読めるようになるために練習をする、ADHDだから時間を細かく管理をする練習をする…。
苦手な部分を埋めるために必死になるのではなく、得意な部分やのびしろのある部分を磨き、チームや社会に貢献できるようになることを、GIFTED ACADEMYは目指します。
偏りを活かせる社会を、講師・スタッフとメンバーが一緒に創っていく場所。
それがGIFTED ACADEMYです。

どうやっているのか

私たちは、10名足らずのチームですが、「偏りを活かせる社会を創る」ことの意義を心から信じ、実現のためにそれぞれの専門領域の力を最大限に投入するプロフェッショナル・チームです。
代表の河崎は13歳からプログラミングを勉強し始め、15歳で家出をしてバックパッカーになりました。
高校には行かずにエンジニアとして働き始め、17歳で初めてスタートアップの会社に参加。
1年後にその会社を売却という形でイグジットさせました。
大学検定試験を取って大学に通う一方、スタートアップ企業に創業メンバーとして加わり、エンジニアとしてその企業をイグジットさせるという働き方を繰り返してきました。日本のアニメや漫画文化を海外に紹介するスタートアップ企業Tokyo Otaku Modeの創業時メンバーでもあります。
2015年には米国にVRの企業を設立しました(共同創業者とビジネスの方向が合わずに袂を分かちました)。
そんな中、スタートアップというビジネスの在り方に飽きを感じるようになりました。
30年、50年を掛けないと達成しないビジョンに挑戦したいと思いから、この事業を立ち上げたのです。
背景には、代表自身の母親がアスペルガー症候群と診断されており、発達障害特性がキャリアや家庭に及ぼす影響を肌で感じてきたこと、発達障害であるが故にために才能を活かすことが困難であるという状況に社会に問題意識を持ち続けてきたという原体験がありました。

3Dプログラミング講師として、2016年度「未踏」採択者(プログラミング歴11年)とチーム・メイトが参画しています。
「未踏」:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)主催し実施している、”突出したIT人材の発掘と育成”を目的として日本の天才的なクリエイターを発掘している事業です。
3Dデザイン講師には、他業種(競走馬の厩務員や家具職人)に従事しながら独学でCGを学び、CGクリエイターとして10年の経験を持つメンバーが参加。
施設長を務めるのは、フリーター経験のある作業療法士。
フェルデンクライス・メソッド(ボディワークの一つ)に感銘を受け、GIFTED ACADEMYにおいてもフェルデンクライス・メソッドの指導を定期的に行っています。
また、メディカル・アドバイザーとして心療内科医も参画。企業経験・MBA留学を経て医師となり、成人発達障害外来で臨床を続けながら、メンバーの心身の健康をサポートしています。
様々なバックグラウンドを持つプロフェッショナルが、「偏りを活かせる社会を創る」という目標に向かい、それぞれのやり方で一歩ずつ前に進んでいます。

ソーシャル

私たちについて

私たち GIFTED ACADEMYは、プログラミング・デザインに特化した発達障害者向けの就労移行支援施設です。
GIFTED ACADEMYでは一人ひとりの「できないこと」ではなく「できること」に注目した学習を支援し、発達障害者の得意分野を伸ばすことで、誰もが持つ能力の偏りを活かし、ひとりひとりが生き生きと活躍できる社会の実現を目指しています。
偏っているということは、マイナス要素と捉えられてしまうことも少なくありません。
私たちは、この偏りこそ、人間の持つ素晴らしい資質であると考えています。

投稿

GIFTED AGENT株式会社の募集

地図

東京都 坂上ビル

Page top icon