ダーツ好きな新卒エンジニア | 奥澤 翔太

こんにちは!Gizumoの大石です。

Wantedlyを通じてこれからGizumoに遊びにいってみようと思ってくださる方に、事前によりGizumoのことを知っていただこうと思いGizumoのエンジニアインタビューの特集を行うことにしました。今回は新卒エンジニアの奥澤です!

学生の時はどう過ごしていましたか?

日本電子専門学校という、専門学校でプログラミングを学んでいました。

スマホのアプリケーションをメインで学べる学科でiOSとかSwift、JavaやAndroid Javaを学んでいました。サブみたいな感じでPHPとかも少し触っていました。

最初はプログラム未経験の人たち向けにJavaの基礎的なところや演算、Swiftだったらこう書くよ、Javaだったらこう書くよということを勉強しました。その後Android JavaやXcodeを使ってアプリケーションを作る機能に慣れたり、それに合わせたプログラミングの仕方を勉強をしていました。

アルバイトの経験はありますか?

最初は居酒屋で働いていました。そのあとパチンコ屋に切り替えて1年ちょっとホールスタッフをやっていました。時給が良かったので多少きつくても頑張れていましたね。深夜手当とかも入るので、時間効率が良かったです。

就活はどうしていましたか?

学校が開いてくれる企業説明会に行ったり、学校に来る求人を見て興味を持った会社の説明会に行ってみたりしました。学校に来てくれる会社の人事の方の話を聞いたりして情報収集をしていました。

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?

高校に進学する時にエンジニアになることを決めていました。正直、高校受験の時点で普通科の勉強ってあんまり意味ないかなって思っていました(笑)。高校ではプログラミングを勉強したいと思って調べてみたら県内の近くにCやJavaなどプログラミングをメインに学べる学科がある高校があり、そこに進学しました。

高校でバイトを始めて初めてスマホ(iPhone5S)を買いました。それでいろいろ便利なアプリを触って「ああ、自分でもこういった便利なアプリが作れたらいいな」って思ったことが自分にとっては大きいです。

高校ではどれくらいの技術が身に付きましたか?

Javaで簡単なゲームを作るくらいのことは出来るようになりました。高校2年生の時にCUIでドットを動かすゲームを作ったのですがつまらなくて(笑)。GUIで動くものを作ってみようと思って、友人数名と一緒に卒業制作で音ゲーを作りました。

ITのどんなところに憧れがありましたか?

ゲームがかなり好きだったのでゲームを自分で作ることができる!っていうところに憧れがありました。でも今はゲームは作る側じゃなくてプレイするほうがいいなって思っている部分もあります(笑)。

Gizumoに来る前はプログラミングの知識は有りましたか?

高校と専門学校でCとJavaとSwiftはそれぞれ2年ずつくらい学んでいたので、ある程度は書くことは出来ました。PHPとか、Web系は高校でほんの少し触っていただけでした。がっつり触るようになったのはGizumoのインターンからですね。

独学は大変でしたか?

独学の期間は基本的にないです。だいたい学校で教わったことを自分で応用して、わからないことは都度調べて使っていくっていう形でした。

インターン中はどれぐらい勉強していましたか?インターン中の学習の様子を教えてください。

家に帰って実際の動きを見たりしてコーディングをしたのは寝る前に1時間とかくらいでしたね。当時は学校の課題と並行しながらだったのであまりできていませんでしたね。

GizumoでWeb系の技術の研修を受けた時は、今まで勉強してきたスマートフォンのアプリのレイアウトの考え方と違いがあって、やっていて楽しかったです。

研修中につらかったことはありましたか?

PHPは学校で勉強していたのですが、最初に躓いたのはLaravelの仕様ですかね。学校でCakePHPの勉強も少ししていたので、MVCの概念は理解していたのですが、慣れるのには苦労しましたね。今はCakeよりLaravelのほうが断然使いやすいです。

研修中を振り返って思うことはありますか?

しっかり基礎を学ぶって感じだったので、そんなに難しいことはしていないかなというイメージです。それを応用していけば、今後自分が実装したい機能も調べながら実装できると思うのでかなりいい勉強になったと思っています。



モチベーションはどうやって維持しましたか?

エラーコードが全くわからないときは下がりましたね。いろいろいじってたら急に直ったりもするのでエラーの再現もできなくて。そういう時は気分転換でゲームをして、よしもう一回頑張ろう!っていう感じでした。

昔の自分に一言アドバイスするとしたら?

そうですね…。ゲームは何も生まないからほどほどにしろって言いたいですかね(笑)

簡単なものでもいいから、手を動かして何か制作物を作っておいたほうがいいよって言いたいです。

今後のキャリアはどう考えていますか?

まずはPHPを極めたいです。それから趣味でやっているSwiftだったりとかスマートフォンのアプリケーション系の勉強もしてそういうプロジェクトに携わっていきたいです。常に開発メインで「書く人間」でありたいと思っています。

好きな技術はありますか?

機械学習に興味があって、勉強を始めました。画像認識を使って作りたいものがあるんです。趣味でダーツをやるんですけど、スマホのアプリである一定の枠内にダーツボードを収めたら、刺さった所を読み込んで勝手に自動で点数を計算してくれるようなものを作れたらいいなと思っています。

難しいとは思うんですけど、今ある技術でも十分できうると思っているので、勉強して作ってみようかなと考えています。ダーツボードもいろんなデザインがあったり、新品と使い込んだものでも見た目がかなり変わるのでまずは「これはダーツボードです」っていうこと認識させるところから初めてみようかなと思います。

同世代のエンジニアになろうと思っている方に向けて、一言お願いします。

ぼくは勉強が好きっていうことが1番だと思っているので、技術の勉強が好きならエンジニアになれると思います。常に新しい技術を勉強できるような意欲的な人は、エンジニアの仕事は向いているんじゃないかなと思います。

株式会社Gizumo's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more