安定企業の財務部からWebエンジニアに転身 | 浅野 翔太郎

こんにちは!Gizumoの大石です。

Wantedlyを通じてこれからGizumoに遊びにいってみようと思ってくださる方に、事前によりGizumoのことを知っていただこうと思いGizumoのエンジニアインタビューの特集を行うことにしました。今回は安定企業の財務部からWebエンジニアに転身した浅野です!

大学生の時はどう過ごしていましたか?

1年浪人していて志望していたところに入れなかったんですよ。勉強を一生懸命やってこなかったので、1浪したタイミングでしっかりと勉強して良い大学入ろうと思ってたんですが。

入った大学では経済の勉強をしていました。一番就活で窓口が広いって言われているのが経済だったので経済系に行きました。その時は将来普通にサラリーマンになるかなと漠然と考えていました。明確にこれなろうっていうのは決まってなくて、とりあえず大学生の間に考えようかなって感じでした。

受験で志望した大学に入れなかったので就活が不安になったんですよね。それで、資格を取っておこうと考えて、簿記の資格を取得できる会計の勉強サークルに入りました。

サークル始めの1年は週3くらいの日程で簿記を教えてくれる先輩がいて、友達と一緒に簿記3級の勉強をしてましたね。結果的に2級までサークルで取ることができましたね。

アルバイトの経験はありますか?

チェーン店のファミレスでアルバイトしてました。ハンバーグとかステーキとか作ってお客さんに渡してみたいな。平日は週1、2回、週末1回ぐらい行っていました。

就活はどうしていましたか?

学生の時にやりたいことを考えようと思っていたのですが、就活の時期になってもこれをしたいっていうのは無かったんですよ。とりあえず資格は取ったものの、そっちの方向に進みたいかなっていうのはあんまりなかったです。

周りが就活だねって話し始めても1、2ヵ月くらい何もできなくて、ひたすら動こうとしてたんですけど、とりあえず自分が動かないとしたいこととかも見つからないかなと思ってとりあえずエントリしまくって、スケジュール帳をとにかく埋めまくって色んな所の話を聞きに行って、やっとスタートが切れましたね。受験を一度失敗したから就活では良いところに入りたいっていうのは漠然とあって、就活では大企業をたくさん受けました。

前職のお仕事を教えてください。

親会社が上場企業の子会社に3年ほど勤めました。

結局簿記の資格を活かしてなるべく大きな企業に入ろうと思い、その企業に入りました。財務部署内の決算作成するグループで、親会社に報告するための決算書を作ったり、日々の仕分けをやったりしていました。かなりホワイト企業でワークライフバランスは取りやすかったと思います。

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?

就職の軸が安定や福利厚生の充実だったので、仕事は耐えてやるものというか1週間のなか5日間は仕事だからやるといった考え方でした。仕事も夜遅くないし休みの日にやりたいことをすれば幸せに暮らせると思っていました。

ただ、1~2年働いてみてそうじゃないなって思っちゃたんですよね。仕事が面白いと思わないと平日5日間の1日8時間が本当にやりたいことじゃないと納得できないなってことに気づきました。3年ほど勤めてその気持ちが変わらなかったので、本当にやりたいことを考え始めたんです。

何かものを作ったり、人を喜ばせることが好きだったので、IT業界で自分でサービスをいつか作りたいなと考えはじめて、思い切って会社を退職して職業訓練校に通いはじめました。それがエンジニアを目指したきっかけです。

Gizumoを選んだ理由を教えてください。

職業訓練校ではWeb制作に関しては簡単なものが作れるような学習ができました。ポートフォリオサイトも作ったりできました。ただ、サービスが作れるのはバックエンドなんだなと学習している過程で気づきました。そこから独学でバックエンドの学習をしつつ未経験からバックエンドエンジニアとして採用してくれそうな場所を必死で探していました。年齢的な焦りもややありましたね。この時は前職を探した時と打って変わって、まだ新しくて新人でもいろいろと動ける余白のあるとこに行こうと考えていました。なのでおのずとベンチャー企業が多かったです。

Gizumoでは面談の時に給料をいただきながら未経験でも研修してもらるという話しを聞けて、しかも研修は充実していて自分が学びたいことが学べる形だったので、そこは選ぶ理由としてかなり大きかったです。

転職することへの不安はありませんでしたか?

退職する瞬間は不安はありました。ありがたいことに引き留めていただいて、1、2年でせっかくこんな良いところ入ったのにこんな良い会社ないぞとか、やりたい仕事じゃなくても3年は最低やったほうが良いとか話してもらったので。

でも退職してからは開き直りというか、失敗してもまた他の会社に就職するとか、新しいことやってみればいいかなと考えられたので徐々に不安は薄れました。

入社時点でプログラミングのスキルはどの程度だったのですか?

簡単なポートフォリオサイトが作成できるぐらいでした。マークアップのコーディングとjQueryを少し使えるぐらいです。

研修中はどれぐらい勉強していましたか?研修中の学習の様子を教えてください。

研修中も家帰ってからとか朝起きて会社に行く前とかずっとやってた感じですね。あまり勉強っていう意識が無かったので、シンプルに出来ることが増えることが楽しかったです。

昨日のエラーが起きたのってなんでなんだろうなーって家に帰ってネットで調べたりとか。整理して次の日にトライするとすんなり解けたりして。勉強としてやるというより楽しいからずっとやっている感覚です。

研修中に心がけていたことはありますか?

わからないことはできるだけその日のうちに解決することですね。自分のなかですっきりしないと落ち着かないので。ただ、安易にすぐ質問するのではなく15分は自分で考えてみて全く糸口が掴めなかったら質問しよう、みたいな自分ルールを決めていました。

研修中に心に残っていることはありますか?

研修はめっちゃ面白かったですね!

やっぱり日に日に出来ないことが出来るようになるっていうのがめちゃくちゃ楽しいです。そこがやっぱり自分のなかでモチベーションというか、色んなものが面白そうだなって思っちゃう性格なほうなので、Web全般について学べてPHPは仕事で使えるぐらいに深堀りするとか研修は楽しかったです。研修は3ヶ月でしたが、3ヶ月前と比べたらできることが全然違うなってうのが本当に思うので、なんか毎日楽しかったですね。あと、同期入社や一緒に研修を受けている人も多いので雰囲気もめちゃくちゃ良かったです。

モチベーションのアップダウンはありましたか?

モチベーションはずっと高かったですね。仕事でしなきゃいけないって感じでやってなかったので、好きに深堀りしたいことを調べまくったりして、それをまわりの皆に話したらそうなんだって聞いてくれたりとか嬉しかったですね。

実際のプロジェクトに入ってみた感想を教えてください。

始めは大変かなって思てましたけど、まあ1ヵ月くらいしたらなんとかなるかなって感じですね。

今は任されることも少しづつ増えてきて、面白くてしょうがないですね。なんか上手くできなかったーって落ち込むこともありますけど、新しいことを任されてる間は楽しいですね。

最初の最初は全然わかんなかったんですよ。チケット振られて、このチケットがソースコードのどこの部分なんだっていうのが全然分からなかったんですけど、今はここのソースコードを改修しないといけないんだなっていうのがすぐ分かるようになったので。そういう意味では、ソースコードも読めるようになっている感じですね。

現在のプロジェクトの内容について教えてください。

不動産系のWebサービスを作ってます。業界柄、紙の資料でのやり取りが多いみたいなのですがそれをなるべくペーパーレスにネット上のサービスで完結しましょうというサービスですね。フレームワークはCakePHPの3系を使っていますね。フロントは普通にマークアップとjQueryを使っていますね。

チーム構成は、1年以上開発が続いている大きいサービスで、一次リリースと二次リリースは終わっています。今は三次リリースをする手前です。簡単なHTMLの修正だったり設計書を新しくしたりするところからタスクを振っていただいて、現在は運用を担当しています。ユーザーからフィードバックがあった内容をいち早く開発で実現するところのチームに入っています。

一日のスケジュールを教えてください。

就業時間は9:00-18:00です。

朝は6時くらいに起きますね。朝に1~1.5時間くらい自分のしたい技術の勉強をやっています。

家は8時に出て、8時半~9時に到着します。到着するとSlackやJIRAのチケットを確認して自分やまわりの方のタスクの進捗状況や新規タスクを確認します。

お昼は時間が決まっていて、12-13時ですね。家から持ってきたご飯を食べて、15分ちょっと昼寝をしています。13:00からはまた作業開始って感じですね。

定例などのミーティングは特になくて、午前中に朝礼をやるのですがそれぞれ作業報告を1人30秒ほどやるぐらいです。夜は特に作業が無かったら割と早くあがっていい感じだったりするので、あんまり遅くまで残ることはないですね。なのでだいたい19時前には家にいます。

今行っている仕事の面白いと思うところと難しいなと感じるところを教えてください。

そうですね。やっぱりここに入るまでは、今は面白そうだなと思っててもいざやってみたら凄く自分に合ってないとかもあるかなって思ってたんですよ。でも今3~4ヵ月やってみて、まあここに入ったの入れると半年くらいなんですけど、本当に…一生もしかしたらやってけそうだなって思えるくらい楽しいですね。本当、良かったです。

好きな技術や今後できるようになりたいことなどはありますか?

やってみたいのはブロックチェーンですね。今は難しいかなとかあんまり思わず、とりあえずやってみたいって思ってるんですけど。今シェアハウス生活をしていて、一緒に住んでる人がブロックチェーンのエンジニアなんです。それで色々話を聞いてみると、Solidityを使ってスマートコントラクトを使うとなんだかスケールが大きいことができそうだなとか、面白そうだなって思ったりするんで。

今後のキャリアはどうしていきたいと考えていますか?

30歳までには何か突き抜けたいってのがあるんですよね。

やっぱり、Gizumoに同じタイミングで入った人が僕より3つ4つ下だったりするので同じ成長スピードでやってたらいけないと思ってて。だから丁度30って節目だったりするので。

今自分のやってることを広げすぎちゃうとどれも中途半端になってしまっていけないなって思っています。なので一人前にコードが書けるまではPHP以外あまり触らないようにして、もしそのPHPである程度プログラムが作れるなと思えるタイミングになったら、自分の技術の幅を広げていけたらなと思います。

まずPHPでの開発なら安心してこの人に仕事振っても良いかなと思われるようになりたいです。そうでないと、あんまり面白い仕事や良い仕事が体験できないと思っています。まずはPHPのスキルを高めて成果を出して、その信頼と実績でチャレンジングな仕事に取り組めるようになりたいです。

同世代で転職に悩む人にメッセージをお願いします。

自分は経験上やってみないとほんと分からないタイプなので、もしちょっとでもやってみたいことがあればそれにトライしてみることが大事だと思います。僕は転職する時にまわりの人にお金に困ったりするよとか、遊び呆けてしまうよとか言われましたけど、一生に一回しか就職しなくて他の企業で働いたことがないと本当に自分のいるところが一番いいかなんてわからないなって思います。

初めて行ったラーメン屋さん一回行って美味かったからってそのラーメン屋さんしかいかないとか言われてもいや他にもっと美味しいラーメン屋さんあるんじゃないのって思うんで。仕事はそこまでフットワーク軽く移れないかなっていうのはありますが、それこそもっと30過ぎたりとかおじさんになってからの方が移るの難しくなっていくので。

若ければ若いほど早くたくさん失敗しておいたほうが、その後自分に何が合うか合わないかがわかっていいんじゃないかなって思います。

株式会社Gizumo's job postings

Weekly ranking

Show other rankings