新卒1年目。最後の日報には、どんな想いが秘められてるのか (ノンフィクション)

あと1日で新卒という許され期が終わる。私たちの会社には昨年4名の新卒が入社しました。
エンジニアのメンバー1名、営業メンバー2名。そして今回紹介をするコンサル営業の勝部(かつべ)。勝部は、当社の中核となるSSP事業のコンサルティング営業を1年間行ってきた。

勝部はGMOアドパートナーズグループの「新人賞」を決める最終プレゼンを昨日終えたばかり。新卒という一生に一度しか獲れるチャンスが今しかない、この新人賞をどうしても彼女は受賞したいと内に秘める想いがあった…。

今回は、そんな勝部の
・【新人賞に込める想い】
・【同期に対する絆】
・【支えてくれた先輩たち】
この3つのことを、彼女が入社時から一年を通じ、社内の日報で振り返っていたので、
是非これから新社会人になる方や、既に働いている諸先輩たちにも、働く事の原点や、
目標達成にかける想い、仲間と頑張る絆。仕事の楽しさ。悔しさ。
そんなものを思い出したり、理解したり、共感してほしいなと思い、
日報の内容や彼女がここに至るまでの1年、ほぼ全ノンフィクションでお届けします。

     ●
     ●  ※諸事情により、途中はお見せできませんのであしからず。
     ●
     ●

◇学んだ事・フリーコメント
今日は何よりGRAのプレゼンがあったことが一番です。
これまで、沢山沢山準備をして、本当に沢山の方にアドバイスをいただきました。
ここまで準備/練習に一生懸命になったのは、どうしてもGRA大賞が取りたかったからです。

※注釈 GRA=新人賞
『 Growth Rookie Aword 』

当グループでは、新人賞をGRAと呼んでいます。売る人・創る人・伸ばす人。3部門で構成。
業績の結果だけで選ぶものではなく、1年間の自分の仕事の価値を振り返り、
もっとも価値ある仕事とだと思うものを自ら全員がESに記載しノミネート。

ノミネートする仕事に対しては、先輩や上司、関わったお客様等の評価もあり、
自分の介在した仕事の価値や圧倒的な当事者意識をもって出来た仕事は何だっか?
また自分の働く原点・源泉は何か?それが見つかったか?どうなりたいか?を
自身だけではなく、その1年の仕事通じ先輩たちも一緒になり、
新卒メンバーの次のキャリアを見据え考える。

そこからお互いの価値観・言葉上での頑張るといった定義の目線合わせや、
共感の接点が、また産まれる。そして創造的なゴール(目標)を持ち、共に2年目を迎える。
私たちのGRA(新人賞)はそんな仕組みになっている。
ESの提出を経てプレゼン実施。最終全社投票により4月に開催する定例のキックオフで
GRA大賞が1名のみ発表される。後は結果を待つばかりだ…。
※エントリーした全新卒のGRAは、次の新卒世代へのナレッジ化もし、
 仕事の価値やよきものを文化として継承もしている。

今年一年間、私は本当に色々なことがあって、
仕事に向き合うのも難しい時期がありました。
そんな時、見守り、勝部の人生を応援すると
優しい言葉をかけてくださった、家族みたいなチームの皆さん、
(お父さんと、お兄ちゃんと、お姉ちゃんと・・・w)
同期、社内全体の皆さまにどうしても形で恩返しがしたいです。

そんな皆さまのお陰で充実感のある仕事生活が送れるようになったあとも、
チームの中で、新卒一人、実績がひとりだけケタ違いで低い、そんな状況が悔しくて、

「一年目のうちに戦力としてみてもらいたい」
「どうしたらいいですか?」

なんていう相談を大さんや水野さん、長谷川さんも巻き添えにして
してしまったこともありました。

そんな新卒の私の言葉を軽んじずに色んなチャンスをくださった
皆さまに本当に感謝をしています。

だからこそ、普段の業務で結果を出すこともそうですが、
一年間の集大成として形に残る恩返しがしたいと思って、取り組んできました。




―― こう振り返る勝部。2015年の春。当社との出会いは突然訪れる。

<出会い>
島根県から千葉大学へ入学するために上京。当時の自分を正直田舎もんと彼女は振り返る。
千葉大学へ決めたきっかけも、とにかく都会に出たい、だ。
ただ、東京も千葉も違いがよく分かっていなかったと…。
千葉大学へ入学後、彼女の専攻は文学部 行動科学科。認知情報科学等、人を分析したり、
行動を科学する研究に没頭。彼女の研究対象と友達は『ハト』だった。

元々性格はあまり自分を前に出すタイプではない。
目立たないけど1番がいい。
そんな想いを幼少期から持っていた。

実際、中高の友達でも、イケてる集団には所属するものの、どっか自分の地に足がついてない。
派手な格好もするわけでもなく、でも何らかの形で目立ちたい。
自己表現が下手で、恥ずかしがり屋。でも人に指図されたくない。最終的には自分で決める。
人に影響を逆に受けやすいから最後までギリギリ自分で考えて行動をする。
こんな自分を俯瞰的によく見て理解していた事もあり、人の行動特性にも興味を持ったのが、
同大学へ進学をしようと決めた理由でもある。

ただ、東京に出てきた理由は、とにかく都会に出たいというのと、学びたいものもあったが、
本当の理由は、違うと彼女は言う。

”母が病床に伏せており、いつ何があるか分からない。
もし何かあった時に、自分が守らなければ誰が守るのか…。”

こんな想いが彼女の心の裏にはあった。

だから、早いうちに成長できる環境。自分が輝ける場所。
今まで心配と面倒をかけてきたワタシを強く魅せなければ。いつでも帰り、自立できるように。
そんな会社はどこにあるのか。
大手企業からの内定も複数もらった。でも、何かが違う……。
決めきれないまま就職活動をし続け考え続け、見つづけた結果、
ここなら圧倒的な成長を実現できてると思う!確信を持てる一人の女性と出会うことができた。
それが当社GMOアドマーケティングで一昨年、GRA大賞(新人賞)を受賞している村田 梨香 だ。

勝部は村田梨香に強く惹かれた。私に無いものを全て持っている。でも負けない、この人みたいになりたい。越えていきたい。そうしたら自分にも自信が強く持てる。
仕事は何でもよかった…。何かあった時のため。いつか母を守るため。早く成長ができ
自分が強く輝ける場所へ。こうして勝部は2016年4月、当社新卒として入社をする。

それからもう一つ、私は社内に、もっともっと
キラキラ、仕事を楽しむ人を増やしたいと本気で思っています。
そんな思いを叶えるには、自分が影響を与えられる人にならないといけないです。

新卒からみたGRA受賞者は、憧れの的です。
私は憧れの存在になりたいとはなかなか思えないですが、
後輩には絶対に仕事を楽しんで欲しい!
雲に隠れていてはこんな思いも伝わらないので、
やっぱりGRAをとって目立つ必要があると思います!笑

自分ひとりでは、「結果はどうあれ、やりきった!」と
思ったりもしますが、終わった今も割り切れず、
やっぱり、どうしても取りたい。

これが、私のGRAへの思いです。


―― 2016年4月新卒入社。半年後、突然訪れた悲しみ。
<別れ>
2016年8月。お盆休みに差し掛かるころ。突然訪れた別れ。

入社後から、とにかく我武者羅にやってきた。自分の性格や生活も省みず、
一心不乱に頑張ってきた。憧れと超えるべき先輩と二人三脚で。
お互いの価値観も共有し話し合い、守るべき人へ自分の頑張りをみせるために…。

しかし、その想いは、もう二度と届く事はなく、叶わないものとなってしまった。

勝部の心にはぽっかりと大きな穴が開いた。もう島根に戻ろう。
これ以上、自分にはどうする事もきっと出来ない。
漠然と悲しさと焦燥感だけが、私を猛スピードで通り越していく
時だけが、ただただ過ぎていった。


―― 2ヶ月後。振り返ると……
<キズナ(絆)>
少しずつ、自分の心を取り戻しつつあるとき、ふっと後ろを振り返る。
入社時からの頑張り、共に励まし合ってきた仲間、応援をしてくれた上長。
いつもの笑顔で私を見つづけていてくれたことに気づいた。
恐らく、多くは語らずも、ずっと勝部なら自分で決めて、前へ進むと信じると。
嘆いていても仕方がない。前を上を強く見なければダメだ。再度輝こうと。
何のために自分は頑張ろうと思ってきたんだ。もう一度、心を取り戻す。

勝部の背中を押し続けてくれたのは、同期や社内のメンバーだけではない。
実は、お客様も勝部の背中を押してくれていた。

今回、勝部がGRAへエントリーした、『メディアの歴史を創った仕事』。
これは、勝部が担当する、とある媒体社様への期待を大きく超えるサプライズをもたらした、
価値ある仕事の記録である(お客様の生の声も感極まるものがあった。本当に感謝です)


最後に、どうしても一年間を振り返るうえで書きたかった思いを綴ります!

大好きなAM同期。
同期がいたから私は会社が大好きで、仕事が楽しくって仕方なかったです。
同期のとってきた案件に合う枠を取りたくって、
営業をすることもあります。

本当にそれぞれの個性を私は尊敬していて、
3人みたいにできないこともありますし、
羨ましい部分もたくさんあります。
尊敬する同期と一年間、
足並み揃えて切磋琢磨できたこの一年間を誇りに思っています。

長くなりましたが、最後に村田さん。
何もない私に沢山の目標を与えてくださって、ありがとうございました。
村田さんがいてくださったから私の今の仕事の充実感があると思っています。
今、多くのお客様と良好な関係が築けて、
胸を張って「良い仕事をしている!」といえるのも
すべて村田さんのお陰です。

わがままで、思っていることを素直に言わなかったりもする私でしたが
一年間、お付き合いくださり、本当にありがとうございました。

以上となります。
・・・・・あと2日、頑張ります!


勝部は、もう後ろを振り返る事はきっとない。自分のため。仲間のため。お客様のため。
仕事を楽しく・ワクワクするため。
『 Your Growth is Our Growth (あなたの成長が、私たちの成長)』※当社経営理念

必ずよい2年目を迎え、どこまでも成長し続けると信じている。

※参考※
勝部の1年間の数値上の営業実績 ‐2016年7月(本配属後)~毎月連続目標達成記録更新中。

GMOアドマーケティング株式会社's job postings
17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings