1
/
5

GoodMoneyger広報ブログ 金融知識ゼロのママが投資を始める心得~投資ってなんだ?!~

こんにちは、Good Moneyger広報の榎原です!

4年間のインドネシア駐妻&専業主婦時代を経て、二か月前に投資ロボアドバイザー「VESTA」を運営する会社に入社した私ですが、入社前は金融知識はほぼゼロでした。

「投資」の「と」すら分からずママになり、とにかく家族の為にと、「生命保険」や「学資保険」に入ってみて、それ以上の難しい金融商品とは距離を置き、預貯金でなんとか頑張っていこう!みたいな。

そういう女性の方、ママさん、少なくないと思います。

でも入社して、「投資ロボアドバイザー」を運営しているからには、この二か月間「投資」というものに自分なりに向き合ってみて、少しずつ分かってきた事がありました。

ざっくりしていますが、「投資する」=「世の中を主体的に生きる」という事なんだと。

「投資」って、言い換えると「何かに期待をしてサポートする」事でもあるんですね。

1.投資を受けたいとい思う「人」「モノ」があって、
2.投資をサポートする人が「おカネ」を出す。
3.その先に何らかの形で「リターン」がある。事を期待している。

て事は、自分の生活における一つ一つの「選択」そのものが「投資」なんですよね。
そういう考え方、今までなかったです!

駐妻生活に終わりを告げて働く事を選んだのも、私の場合は、働く方が精神的なバランスがとれるので、自分に対する「投資」

3歳の上の娘は英語の保育園で教育費がかさみますが、彼女に合っていて楽しそうだから、彼女の笑顔に対する「投資」

1歳の下の娘は、中央区の待機児童になったので必然的に認可外だけど、良い園で楽しそうに通ってくれていて、私の心の拠り所でもあるので、これもまた「投資」

ふむふむ。でも結局、投資で資産形成って必要なの?って疑問が出てきますが、代表清水によると、やっぱり私達の世代は将来国が保証してくれるか不透明なので、自分で資産形成する力を身に着けておくのは、生きる上で大事との事。確かに、将来年金もらえるか分からないし、国に期待しすぎず、ですね。

「投資」をきっかけに、自分が本当に価値があると思うものを見極めて、
それに投資し、世の中を良くしていきたいと思えるようになれば、
自分にとっても、世の中にとっても、「大きな価値」がある事なのではないか。と。

余談ですが、インドネシアという発展途上国で子育てをしていると「保育園落ちた、日本死ね」という方の気持ちも分かりますが、日本ほど素晴らしい国は他に無いと思うんですね。
妊婦検診や出産費用の助成から始まり、子供の医療費はほぼかからないし、日本人として生まれた時点で、ある程度の幸せは保証されていると思います。これは途上国で生活をしないと私も気付けなかった事で、日本とインドネシアに対して大感謝です。

でもやっぱり国には期待しちゃうし、うまくいかないと裏切られた気持ちになる。

でもこの国をつくっているのは私達自身なんだ、と発想を転換して、
主体的にこの世の中を良くする為に生きていけるといいな、と思います。

その一つの手段として「投資」があるならば、私も、自分が「これに投資したい!」と思えるものを見つけられるよう、アンテナを張っていきたいと思います!!今日はこの辺で。

※写真は、代表清水です。
清水は、2008年にリーマンブラザーズに入社し半年後に倒産を経験。
損を被った多くの投資家と接した経験から「投資で損をする人を減らしたい」という想いで、
プロの投資手法を無料でアドバイスする「VESTA」のサービスをリリースしました。熱い想いをもって、日々ロボアドバイザーをブラッシュアップしています!

株式会社Good Moneygerでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング