Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

UXデザイナーが選んだ、デザインが好きな人が集まる組織の魅力

ビジネスとデザインの両視点を持つ、UXデザイナーとしてのキャリアの始まり

大学ではインターフェースデザイン(以下、UIデザイン)やユーザーエクスペリエンスデザイン(以下、UXデザイン)を学ぶ情報デザインを専攻していました。ビジュアルデザインなどの表面的なデザインではなく「ユーザー体験」ということにフォーカスを当てたデザインです。エスノグラフィーやシナリオベースドデザインを使ってサービスをデザインする研究をしていました。

私が就職活動を行っていた当時は、UIデザインやUXデザインという言葉自体が世の中に浸透しておらず私の専攻分野を受け入れてくれるような企業は、大手メーカーくらいしかありませんでした。そんな中、前職である楽天株式会社はいち早くUXデザイン部門が設立されていて、新卒で入社しました。そこでは、UXリサーチを専門とするチームに配属され楽天グループのそれぞれのサービスのUXを横串でコンサルティングするような動き方をしていました。幅広く色々なサービスを見ることができて非常にいい経験をさせていただきました。

3年目以降はよりプロダクトのリリースまでコミットするディレクターの部署へ異動し、より多くのサービスに関わりデザインのことだけではなく、ビジネスモデルとして成立するサービスはどういうものなのか、ビジネスとして成立した上でユーザーの行動フローを理解し、定量調査や定性調査を行うといったフローで仕事をしてきました。ユーザーの行動と紐づくお金の流れは、楽天での経験によって非常に意識するようになりましたね。入社した当時はエクセルでの解析や数字は非常に苦手だったのですが、デザインに必要なことだと思うと向き合うことができました。

インターネット大手企業からスタートアップデザイン会社へ

入社4年目で転職することを決めたのですが、最初は周りに反対されました。もちろんまだまだ楽天でもできることは多かったのですが、人が多い分、デザインに対する価値観の違いは大きかったんです。デザインの重要性を正しく理解している、こだわりを持った人たちと働いてみたかったんですよね。なので、そんな人たちばかり集まっているグッドパッチに惹かれたんだと思います。大きな組織でデザインに対する価値観を内側で統一させるよりも、そういった大きな組織に外からアプローチする方がより早くデザインの本当の価値を多くの人に理解してもらえるのではないかと。

例えばデザイナーとしてはクオリティを最重視したいのに、様々な要素からなかなかそれが許されない環境って多いと思うんですけど、グッドパッチの「アウトプットに執着する」という良いものを生み出すためのデザインカルチャーにとても共感したんですよね。それがあることで、ユーザーにとっても、クライアントさまにとっても本当にあったほうがいいものが作れる環境がグッドパッチにはあったんです。これがグッドパッチに決めた理由ですね。

デザインが好きな人しかいない会社グッドパッチでの働き方

クライアントワークを行う受託事業でリーダーをしています。様々な案件があるのですが、どれもしっかりデザインプロセスの上流であるリサーチから携わることができ、リリースした後も出しっぱなしというようなお仕事の受け方をしていないので、実際にユーザーに使われた結果の数値を見てサービスの成長に責任を持てるので、やりがいがあります。案件に対する思い入れがどのメンバーもあるのが、グッドパッチのいいところだと思います。サービスのことを語らせたらクライアントさまと同じくらい語れるというメンバーが本当に多いですね。

あとは、リサーチをしてデザインしたプロダクトをユーザーテストで実際にユーザーに使ってもらって、自分たちの仮説の狙い通りだった時に一番面白みを感じますね。この時点ではユーザーテストなので、これからこういう設計にすれば、今回狙い通りの使い方をしてくれなかった人の体験がもっといいものになるのではないかとさらに追求できるのが、また面白いところです。ブラッシュアップした後に、再度ユーザーテストを行って、狙い通りの操作をしてくれた時には「よっしゃ!(ガッツポーズ)」って感じですね。(笑)自分が作ったレールに電車が走ったような感覚に近いです。

グットパッチでこれから挑戦していきたいこと

デザイナーのマネージメントをしていくためには、まずは自分がスペシャリストである必要があると思っています。尊敬できる人と一緒に働きたいのは、どの職種も一緒だと思いますが特にアウトプットをし続けなくてはいけないデザイナーとしては、特に大切にしたいところだと考えています。自分もUXデザイナーとして今よりも、もっと自分のスキルに磨きをかけたスペシャリストでありたいですし、今後もマネージメントに挑戦していきたいです。

あと私たちが今、アプローチできているのは、デザインに課題意識を持っていてグッドパッチにお問い合わせをいただいているクライアントさまがほとんどです。しかし本来であれば、デザインに課題意識を持っていない人にこそ、グッドパッチはアプローチしなくてはいけないと思っています。そういった人々にデザインの本当の価値を理解してもらうことが私たちのミッションである「デザインの力を証明する」ということだと思うので、そこに積極的に取り組んでいきたいですね。

▽Goodpatchではデザイナーを募集しています! ハートを揺さぶるDesignを生み出すデザイナーWanted![17新卒募集] デザインで世界を前進させたいUIデザイナーWanted!

株式会社グッドパッチでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
D825b5a4 d2ae 4f13 8c78 96a77a01d962?1510323385
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Bc828544 4501 4ccf b659 a12908ee29ce
A96ad50f dc38 432c 8fd2 2874964934d8?1509617407
11822609 10206472867076725 4739791664703455416 n
9 いいね!
Anonymous
D825b5a4 d2ae 4f13 8c78 96a77a01d962?1510323385
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Bc828544 4501 4ccf b659 a12908ee29ce
A96ad50f dc38 432c 8fd2 2874964934d8?1509617407
11822609 10206472867076725 4739791664703455416 n
9 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon