This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「UXデザインは編集と近い」学生ライター・就職活動中の僕が、デザイン会社でインターンする理由。

こんにちは!
広報の高野です。

今週は学生インターン、大学4年生の磯部俊哉(22)に、彼がグッドパッチで働く理由を聞いてきました!

小さい頃からの夢は「海外に住みたい」

小さい頃から、海外特集のテレビ番組、地図帳や地球儀を眺めるのが大好きで、いつしか「海外に住みたい」という夢を持つようになっていました。高校3年生の頃、クロネコヤマトのアルバイトで貯めたお金で、初めて東南アジアに一人旅に出かけてから東南アジアの魅力にどっぷりハマりました。人が優しい、美味しい食べ物、暖かい気候、全て自分が「いいな」と感じるものばかりだったんです。その旅の途中で、海外でノマドや駐在で働く日本人たちに初めて接して「海外に住む」ことはもちろん、「海外で働く」ということにも魅力を感じるようになりました。
大学は、外国語大学へ進学し、ASEANで働くを近くするウェブマガジン「アセナビ」を運営。自分の夢に、一歩近づいた瞬間でした。

当事者じゃないのが嫌で、当事者になった

アセナビ」の代表を務める傍ら、ある違和感を覚えるようになっていました。
誰からも学んだことがないのに、自分に一番決裁権がある。つまり団体のレベルも自分止まり。「代表のレベル=団体のレベル」ということは、自分が成長しないと団体自体の成長はないということに気づいたんです。さらに、ASEANで働くことを推奨しているメディアを運営しているのに、僕はASEANで働いたことがない。当事者じゃない僕には、全く説得力がないことに気づき、大学を休学して東南アジアで働くことにしたんです。幸いにも「アセナビ」でたくさんの社会人にインタビューしていたので、ASEANで働いている人に伝手はありましたが、一番尊敬する人の会社でインターンとして働かせていただくことになりました。それが去年の今頃、2016年3月の話です。

そしていよいよ、東南アジアでのインターン生活がスタート。
インターンとはいえ、働いて対価をいただくので、半年間フルコミットで働きました。まずは、ベトナムで人事・広報のブログ運営のお手伝い。ブログということで、自分の「編集」という強みを活かせると思っていたのが大間違いでした。当時の上司には、仕事に対する姿勢から、スキルまでめちゃめちゃ指摘されまくりました。「よくこんなレベルでライターとか言ってるね」とか、それはもう的確なご指摘をたくさんいただきました。(笑)
当時の僕は、インタビュアーとしてすごい人たちに取材しているだけ。でもいつのまにかそのインタビューしている自分も、その人たちと対等かのような変なプライドができてしまっていたんです。

今振り返ると、あの時上司に指摘をもらってなかったらそのインターンから何も学ぶことなく、きっと何も変わることがなかったと思います。そこから「自分には何もない。学ぶためには経験できることはなんでもやろう」というスタンスが芽生えました。

UXは編集と近い。デザイン理解は未来に繋がる。

ベトナムで担当していたブログのテーマは、デザイナー採用。それまで僕は、デザインとの接点が全くなかったので、デザイナーってどんなことをしているのか?どんなスキルが必要とされるのか?などゼロから知る必要がありました。とにかく、現場のデザイナーにヒアリングし、UIデザインやUXデザインというものがあること、それらは全然違うものであることを丁寧に教えていただきました。その説明の中で「UXってデザイナーだけじゃなくて、みんなに関係する根源的なものじゃん!」と感動したことが、僕のデザインとの出会いです。
ターゲットをリサーチし、ターゲットにはどんな情報が必要なのか。ターゲットのことを考えてその人に合ったものを適切に届ける。このプロセスを知って、編集とUXデザインってすごく近いなと思ったんです。将来、デザイナーにはならなくても、UXデザインをきちんと理解していることが絶対に仕事に活きると実感しました。ベトナムの後、フィリピンへ移動しウェブサイトを作るお手伝いをさせていただく機会がありました。自分のワイヤーをデザイナーさんに渡すと、素晴らしいデザインになって返ってきて、またデザインの力に感動したんです。

実は、グッドパッチの存在はUXデザインに出会う前から知っていました。たまたま参加したイベントで、「デザインの力を証明する、グッドパッチ」というのを耳にして、それがかっこよくて、とても印象に残っていたんです。実は、ブログ運営のベンチマークにもMEMOPATCHを挙げていたんですよ。

日本に帰ってもインターンをしようと思っていたところで、ちょうどグッドパッチのコンテンツクリエイターの求人を見つけたんです。見つけた時は「これだ!」と思いましたね。それで帰国直前のフィリピンからオンラインで面接してもらったんです。

新しいことしかない、グッドパッチでのインターン

グッドパッチで働いてからは、本当に新しいことだらけです。ヨーロッパ・北米系出身のメンバーは、長年東南アジアの日系企業で働いている人たちとは、感性も仕事に対するスタンスも全然違いました。「なんとなくこんな感じでお願い」は、もちろん伝わらないですし、何に対してもYes、Noがはっきりしているんです。彼らと一緒に働くことで、自分の役割を果たすというプロフェッショナル志向の仕事のスタイルを学ばせてもらいました。
知らない領域のことを英語文献から調べてきたり、英語でヒアリングしたり、難しいことだらけでしたね。期待に応えられていないんじゃないかと落ち込むこともありましたし、事業のスピードの速さに振り落とされそうにもなりました。事業が展開していく中で、やったことのない仕事がどんどん増えてきて不安になることも。学びたかったデザインから、どんどん遠のいてしまっているように感じたんです。でも、それは自分が「デザインと関係ない」と決めつけてしまっているだけで、自分で可能性を狭めてしまっていただけでした。自分が環境を活かしきれてないだけで、全てはデザインに繋がっていたんです。
それに気づいてからは、セールスチームの商談に同席したり、ユーザーミートアップやデザインプロセスワークショップの運営に携わったり、Prottブログの更新のお手伝いをしたりと、自分にできることをどんどん巻き取っていきました。すると、どんどん面白いことや自分のスキルを生かすチャンスが舞い込んでくるようになりましたね。

現場=ユーザーに一番近いのは営業

僕が今所属しているのは、マーケティングチーム。強みはライティング。でも、就職活動では、営業を志望しています。周りの活躍している人に話を聞くと、ファーストキャリアは営業の人が多く、その人たちが口を揃えて「営業をやっていてよかった」とおっしゃっているのが気になっているんです。そんな魅力的な仕事なら挑戦したくなりますよね。それに、現場=ユーザーに一番近いのは営業だと思っています。現場を知らずに、マーケティングもできませんからね。なので今は、営業メンバーに頼んで、少しでもユーザーを近くで感じられる機会に同席させてもらっています。そこで聞いた声をしっかりコンテンツにして、ユーザーに届けるのが僕の今の仕事です。

もちろん、海外に住むという夢は変わっていません。でも、スキルも実績もない僕が、今海外に行ってもコストでしかない。だから、一日も早く一人前になって、現地でビジネスに寄与できる人材、つまりその土地や人に還元できる人材にならないといけないなと思っています。
今は、一日も早くそんな自分に成長できる環境を求めて、就職活動しているんです。


いかがでしたでしょうか?
グッドパッチでは磯部と一緒に働く学生インターンを募集しています!
学生の皆さんからのご応募、お待ちしています。


ライター
社長直下で成長したい、デザインに興味があるライティングインターン募集!
グッドパッチはUIデザインに特化した東京、ベルリン、台北に拠点を持つデザイン会社。主な事業はクライアントワークとクライアントワークのノウハウを生かした自社プロダクト開発事業です。 ▼クライアントワーク事例 JINS MEME OFFICE、チケットキャンプなど様々なクライアントをデザインの力でお手伝いしています。 http://goodpatch.com/jp/works ▼自社プロダクト事例 デザインプロセスで必要とされるツールを自分たちで開発しています。 プロトタイピングツール「Prott」 http://prottapp.com フィードバックツール「Balto」https://www.balto.io/ja/ ▼グッドパッチヒストリー グッドパッチは創業6年目にして約100人のデザインの力を信じる仲間が集まっています。今までのヒストリーについてはこちらをご覧ください。 代表土屋のブログ http://likeasiliconvalley.tumblr.com/ Podpatch http://memo.goodpatch.co/category/podpatch/
株式会社グッドパッチ
株式会社グッドパッチでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
47ca0687 1c00 460d b57c 0205f7affa3e
Picture?height=20&width=20
22 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
47ca0687 1c00 460d b57c 0205f7affa3e
Picture?height=20&width=20
22 いいね!

私の就活

私がこれから就活する後輩にどうしても伝えたいこと

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon