Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

goodroomのサイト、独自に選定したデザイン性の高い物件に加えて、良い点だけでなく不便な点も紹介する物件ストーリーなどによって、多くのユーザから支持を集めています。
good room journal のサイト、いろいろなコンテンツが面白い!
グッドルームは、月間50万UUが利用する「国内最大級のおしゃれ賃貸サイト」として順調に成長しているポータルサイトです。 goodroomの物件記事は自社ライターにより独自の視点で1件1件取材をしており、 他の賃貸サイトではない視点での掲載が評価を受けています。 また、ライフスタイルを提案する暮らしのメディアとして「goodroom journal 」も運営しています。 [goodroom]https://www.goodrooms.jp [goodroomjounral]https://www.goodrooms.jp/journal/ またその他にもリノベーションやオンライン申込なども運営しています。 [goodroom] [conomy online]https://www.haptic.co.jp/lp/conomy/conomy/index.html

なぜやるのか

インテリアショップとのコラボリノベーション物件:賃貸住宅の常識を打ち破った一部屋。
古い=ダメ、ではなく、新しい価値を見出だして届けるのが使命。
●ミッション/ビジョン 『暮らしのスタンダードとして「どこにもないふつう」を実現し、住環境の改善に貢献する』 華美や高級ではなく「ふつう」でありながら、 ありそうでなかったものを提供し続けたいと考えております。 また、ビジョンとして「生活提案企業としてなくてはならない存在になる」を掲げています。 ●なぜやるのか 人生で多くの時間を過ごす場所である賃貸の住環境ですが、  「釘一つ打てないなど不自由」、  「サイトで検索した部屋が内観写真や情報が不足していて内見してみてガッカリした」、 などという経験は、みなさんありませんか? 私たちは、そんな部屋探しや、部屋そのもののあり方のスタンダードを、 テクノロジー×不動産×建築の力で、「もっと楽しくもっと便利なものに」本気で変えていきたいと考えています。

どうやっているのか

開放感あふれる職場環境。社員、インターン生、アルバイトスタッフなど多様なメンバーで働いています。
家具メーカーと協業した取材サービス/家具入り取材のサービスなども展開しています。
- 全員が「自分で作る」文化 ビジネスもエンジニアも関係なく「自分で作る」ことが評価されます。 戦略だけを考えるのではなく、自ら仮説検証し、今あるリソースの中から、最善のものを選択することが求められます。 - ビジネスモデル 「少数のユーザーだけに使われる高単価なサービス」ではなく、「リーズナブルで効果があるサービス」をより多くの人に使ってもらうビジネスモデルを目指しています。 セールスの力とテクノロジーの力の両輪で、自動化できるところを自動化することで生産性を上げ、スピード感をもって多くの人にリーチできることを志向しています。 - チーム 「プロダクト」中心の会社であるために、プロダクトを改善していける「作る人」に、意思決定権や裁量があるチームです。 同時に、ビジネスチームも少数精鋭で、開発チームとお互いにリスペクトしあいながら働いています。