1
/
5

【メンバー紹介vol.6】月収100万のフリーランスを捨て、グラハムに。入社4ヶ月で営業→新設部署立ち上げを行う中野のこれまでとこれから

こんにちは、グラハム 人事の上田です。
今回は経営戦略室で新設されたマーケティンググループの中野さんに

・社会人経験未経験~グラハムに転職するまで
・新規部署立ち上げのりがいや大変だったこと
・貪欲に成長していきたい方に向けてメッセージ

というテーマで語っていただきました!
今まさに就活中の学生の皆さんや様々な経験をしたい!チャレンジできる環境で働きたい!
という想いをお持ちの皆さんにも是非読んでいただきたいインタビューです。

1.学生時代のフリーランス経験、グラハムに入社するまで

ーー学生時代はどんな経験をしてきたのですか?
大学3年4年次に、フリーランスとして営業代行をしていました。
とにかく売れる人が神格化される環境だったので、承認欲求ビンビンだった当時の僕は大学そっちのけでいろんな商材の営業してました。笑
1年経った頃には業務委託者の中で営業成績1位を取り、当時はそのまま就職しない予定でした。

ーーもともと営業が得意だったのですか?
いえ、全くです。大学も理系でガンの基礎研究とかやってたタイプだったので、人見知りでした。笑
いわゆるガクチカを作る目的で営業を始めたのですが、実際にやってみたら人の役に立って感謝される営業がとても面白くて、大好きになりました。

ーーガンの基礎研究、すごいですね!理系のインターンは参加しなかったのですか?
行ってないです。研究があんまり楽しくなくて、、、笑
専門を活かさないことで、周りにも4年間学んできたことが無駄になるよ!とか馬鹿にされました。
でも僕は全くそのイメージなくて。確かにこの4年学んだことは活かせないかもしれないけど、これからの40年つまらない気持ちで働くよりよっぽどいいなって思ってました。
今までの4年とこれからの40年を天秤にかけたとき、僕はこれからの40年に正直になろうって思いました。


学生時代の青春をバンド活動に捧げた中野さん

ーー営業成績1位の環境を捨てて就職した経緯は何でしょうか?
自分を試したかった事、もっと成長したかった事が1番の理由です。当時同じ形態で業務委託を受けている営業マンの中でTOPを取り、目指すものがなくなったときに一気に熱が冷めてしまったというか。
1人の営業マンとして、自分のスキルが本当に世の中に通用するのか外に出て試したくなったんですよね。
あとは経営ってものに興味があって、当時の自分では全くイメージがわかなかったのもあります。就職して経営を学びたいなーなんて考えてました。習うより慣れろ派なので、経営を知りたかったらやらせてくれるところでやればいいじゃん、みたいな。笑

ーー破天荒ですね(笑)なぜグラハムを選んだのですか?
弊社副社長の福島と出会い、他社を圧倒する成長環境があると感じたためです。
当時自分を試したかった僕は、結果が重視され、いい意味で好き勝手(自由に創意工夫)出来るベンチャーを中心に既卒として就活をはじめました。
グラハムに応募したのはたまたまWantedyで見つけたってだけです。笑 
面接で福島と話し、むちゃくちゃ面白い面談をしました。叩きのめされました。
どんな面接だったか気になる人は是非会ってみてください! 第一志望がどんな会社でも、就活中1回会って損はないので。面接の中でこの会社しかないと強く思って、次の日には選考中だった他の企業全てに辞退連絡していました。

ーー面接内容がとても気になります・・!ちょっとだけでも教えてください。

えぇ~(笑)
簡単に言うと、それまで面接の人事担当で、この人についていきたい!って素直に思うことがなかったんです。でも福島さんと話して、僕の漠然としたもやもやが一瞬で言語化されて、僕のこれからを示してくれたというか。ものの1時間でこんなに"人"と向き合える人がいるのか、と強く感じたんですよね。
「俺も福島さんみたいな人になりたい!」が、面接終わった後の感想でした。笑

2.グラハムに入社し営業を経験し新規部署立ち上げを行うまで

ーーグラハムではどんな仕事をしてきましたか?
配属後4か月間は新規営業をしていました。
無形商材・法人営業の難しさを感じる中でも、グラハムが思ってた以上に素晴らしい環境で、毎日メキメキと営業の筋肉がついていく音が聞こえて楽しかったです。
5か月目から、ありがたいことに新規部署設立の経験をさせていただき、今はそこで経営企画、営業企画、マーケ、人事、新入社員の営業同行など幅広い経験をさせていただいてます。
例えば、営業の生産性を高めるための営業企画、効率的に商談を増やしていくためのマーケティングなどをメインに行ってます。

ーーなぜ入社5か月目で新規部署立ち上げのチャンスが得られたのでしょうか?
グラハムがそういう会社だからです。それがグラハムの素晴らしさというか。笑
1番入ってよかったなと感じる部分です。
チャレンジする人にはその機会を必ず与えてくれますし、失敗しても何度でも挽回する機会をくれます。
大切なのは、考えることをやめないこと。成長を求めて言い訳せず、諦めずに努力すること。そんな人には必ずチャンスをくれる文化です。ここだけはこれからどんなに会社が大きくなっても変わらない、変えちゃいけない部分だと思っています。

3.新規部署で日々手探りで全社の最適化を作る中野さんのやりがいや今後のミッション

ーー今の仕事のやりがいは何ですか?
みんなの幸せを作ることです。
僕は現在主に、営業戦略の策定など全社の最適化を図るような仕事をしているのですが、これは言い換えると仲間の幸せを作る仕事だと思っています。僕のアウトプットで仲間の成績が上がり、給料が上がり、QOLが上がる。その結果として自分も評価される。もっというと、グラハムの成績が伸びるということは支援するクライアントが増え、社会に対しグラハムがより多くの幸せを作る。こんなに素敵な仕事はないと感じています。

ーーみんなの幸せを作る、なんだか素敵ですね。逆に大変なことはありましたか?
強いて言うなら、何もわからなかった一番最初の1か月ですね。
新規部署立ち上げに際して、右も左もわからない僕が福島から言われたことは、「売り上げが半端ないくらい上がる方法を知りたい。考えてきて。」だけでした。笑
「え?」みたいな。笑
脳みそだけを使って答えのない答えを探す仕事。最初はひたすらに調べては書いて調べては書いて、1週間でルーズリーフ200枚くらい使いました。でも何とか絞り出した答えを福島と形にして、結果になったときは本当に嬉しかったです。

ーー考えてきてって(笑)ちなみにこれからはどんなことをやっていくつもりですか?
僕に与えられたミッションは売り上げを伸ばし続けることです。そのために必要なことならなんでもやっていきます。従業員が何人いようと、どんなにいいオフィスにいようと、グラハムはまだまだ設立2年の吹けば飛んじゃうようなベンチャーです。できることはまだあるというよりできることしかないくらいです。


ーー最後に、グラハムに興味を持ってくださっている方にメッセージをお願いします。
グラハムではチャンスを求める人にはそれが与えられます。
将来起業したい方、若くから年齢関係なく活躍したい方、同年代より圧倒的に成長したい方、とにかく稼ぎたい方、貪欲なあなたの求めるものがグラハムにはあります。
グラハムが気になったあなた、まずは一度気軽にお話ししましょう!

グラハム株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
35 いいね!
35 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう