グラムの職場見学

前回のストーリーでは、新しくジョインしたエンジニアの渡邉さんにお話を伺いました。


その中で、

グラムはとても柔軟なスタイルで働ける会社なので、これから子育てをしていく上で安心だなと。

というお話があったので、今回は弊社のメンバーが毎日どのように働いているのか、ちょっとだけお見せできればと思います。

弊社のオフィスは、現在「恵比寿ビジネスタワー」の17階にあります。

来客受付はiPadから

17階のエントランスには、来客用のタブレットが。


弊社は、クラウド受付システム「RECEPTIONIST」(レセプショニスト)を導入しています。


「バイト・中途採用の面接」「郵便・宅配業者の方」「キャリア面談の方」「お約束のない方」のように、要件ごとに分かれていて、


お名前を入力していただくと、

こんなふうにSlackに通知が来ます。担当者や、そのときに手が空いている人が対応するスタイルです。

カフェスペース

17階には、通称カフェスペースと呼ばれているエリアがあります。



カフェと同様に、ランチする人や休憩する人、作業する人などさまざまです。

晴れてる日は、なかなかいい眺め。


もちろん、ミーティングも可能です。

できるだけストレスなく、快適に働きたい

続いて、各自のデスクが並ぶ執務スペース。とくに特別なことはないのですが、さらっと紹介しておきます。

こちらは、とあるメンバーのデスク。見ての通りエンジニアです。


このキーボードとマウスは、本人のリクエストを受けて購入・支給されたもの。他にもモニターやPC本体など業務に必要なものであれば、基本すぐに支給してもらえます。

とくに申請書類などはいらず、SlackにAmazonのリンクを貼ってお願いすると、社長が検討・購入してくれる感じです。


働く上で意外と重要視している人が多い「イヤホン・ヘッドホンの使用」はもちろん自由です。基本的に、周りの迷惑にならなければすべて個人の判断に任せています。

あとは、長時間のデスクワークによって蓄積する疲れを軽減してくれる、ちょっといい椅子。


「エルゴヒューマン」という、人体生理学・構造学的に優れているらしい椅子です。難しいことはあまり知らないのですが、とても座り心地がよくて腰や背中が疲れにくくなりました。

エンジニアやデザイナーだけでなく、インターンも含め全メンバーに支給されています。

メンバーに聞いた「働きやすいな」と思うところ

今働いているメンバーに、働きやすいと感じたところを教えてもらいました。


休みが取りやすい

Slackから申請するだけで、すぐに休みが取れるので助かります。
「仕組みとしてはあるんだけど、実際休むとなると空気的に言いづらい」ということも全くないです。
早退や遅刻もSlackで報告するだけでOKなので、子育てするのにすごくいい環境だなと思います。

出社時間が自由

コアタイムは設定されているけど、その他はかなり柔軟なので助かります。役所や銀行などに行かなければならない場合、前職では平日に半休を取ったりしていたので。

グラムはフレックスタイム制を導入していて、コアタイムが12~17時と遅め。

朝はゆっくり仕事を始められます。実際に、11時以降に始業するメンバーが多いです。


リモートワークができる

遠方に家族で引っ越す予定があるんですが、そのままリモートで働けるのでありがたいです。

現在、エンジニアのみリモートワークを許可しています。

noteでも何度かお伝えしている通り、弊社にはSlack文化が根付いています。なので、オンラインでのコミュニケーションがかなり円滑で、リモートワークに対する懸念があまりありません。

ライフスタイルの変化に合わせて、ワークスタイルを変えていきやすい会社かなと思います。

今回は、グラムの職場見学をテーマに、弊社のオフィスやカルチャーを紹介しました。

「この会社のこの感じ、合いそうだな」と思ったら、ぜひ一度実際にオフィスに遊びにいらしてください。お待ちしてます。

1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings