Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

代表ミーティングでメンバーの気持ちをひとつに。
ホテル、旅館ともちがう、”非日常だけど、ほっとする空間”をテーマに部屋作りを行なっています。
私たちはAPAMANのグループ会社として東京・大阪・京都・福岡・沖縄で民泊施設・ホテルの運営をワンストップで行っています。 具体的には ・投資物件の調達 ・設営、許可申請 ・集客(WEB及び海外エージェントへの営業) ・オンラインでの多言語オペレーション ・フロント運営 ・清掃管理 ・国内でのアテンド業務 など、投資開始から運営までのすべてを行っています。 運営代行のみを行っている企業が多い中で、ワンストップですべてを体験でき、圧倒的スピードで事業展開をしていることが弊社の魅力です。

なぜやるのか

サービスクオリティの向上、会社・メンバーの成長のためのミーティングは皆アツくなります。
ゲストの居室・オフィスは著名なデザイナーによる監修です。
日本ファンを増やす! 私たちは、民泊施設の提供を通じて、日本の良さを発信していきたいと考えています。 宿泊施設は、旅行者が滞在中に一番長い時間を過ごす場所になります。そこでの体験の良し悪しが旅行全体、また国のイメージを決定すると言っても過言ではありません。 しかし、民泊施設は質の悪い施設も存在し、不十分な清掃で不衛生であったり、オペレーターの対応が悪い場合もあります。 私たちは、高品質な客室を提供し、真摯にゲストと向き合うことで、他の民泊施設との差別化を図っています。シンプルですが、これが最も効果的な方法です。 また、民泊の特徴として、現地に「住む」体験ができることで、より日本を知っていただけます。 私たちは民泊施設の提供を通して、日本ファンを増やし、日本の観光立国をリードします。

どうやっているのか

できるだけ多くの言語対応を目指しています。
オフィス引っ越し後初めてのランチ会
弊社では「至福の日常空間を提供する」ことをテーマとし、高品質の民泊施設を展開することで差別化を図っています。 主な事業内容は物件(土地・部屋)の仕入、空間プロデュース、フロント業務で、現在APAMANグループからの出資を受け、順調に売り上げを拡大しています。 2017年3月創業、平均年齢27歳と本当に若い会社で、メンバーは少ないながらも、それぞれの持ち味を生かし、日々チカラを合わせて会社とともに成長しています。 海外からのゲストも多いため、英語、中国語などをネイティブレベルで話せる、多様な国籍バックグラウントを持ったメンバーが在籍しています。 2018年11月、業務拡大に伴い、本社を大阪に移転しました。著名空間デザイナーによる設計で「至福の日常空間」を表現しています。社員同士のコミュニケーションも円滑に進んでおり風通しの良い社風です!

Page top icon