こんにちは。人事採用アシスタントの平野です。
GRIDでは、インターンを積極的に採用しています。

今回は、テクノロジーソリューショングループ/セールスエンジニアチームのインターン・Mさん(21歳・大学4年生)をご紹介します!
海外での経験豊富なMさん。「海外で働く」ことを目標に、GRIDでがんばっています。

ーーーーー
◎自己紹介と大学生活

「新しい場所に行くこと」「新しいものを見ること」が大好きな私は、大学生活を通して色んな環境に身を置いてきました。大学ではムスリム研究を専攻し、将来名実共にマジョリティになるであろう彼らの政治や思想について学んでいます。

大学一年生の夏、トルコ郊外の孤児院でボランティアをしたことがきっかけで、休みの度にいろんな国に貧乏旅行をするようになりました。中でも印象的だったのは、フィリピンに2か月留学して、勉強の傍ら、貧困層の女の子向けにお化粧のワークショップやミスコンを開催したことと、インドネシアに半年間滞在し、現地の人材紹介会社で働いたことです。

自分の知らない文化や言葉、“常識”を軽々と超える生活に翻弄され、世界が広がりました。インドネシアでは、「海外で働く」という念願の夢を叶えることもできました。駐在員の方々の飲み会にも潜入して、働く人のかっこいい生き様にたくさん出会えました。
ただ、肝心の仕事は失敗ばかりで達成できたことの方が少なかったので、志半ばでの帰国となってしまいました。

◎GRIDの魅力

「人工知能をインドネシアの渋滞・事故予測に利用する」という事業に惹かれました。
インドネシアに限らず、新興国では渋滞が頻繁に発生します。私自身も、渋滞のせいで約束の時間に大遅刻したり、車内に5・6時間閉じ込められたりと悲惨な経験をしていました。それでも政府は付け焼刃な対策しか行うことができず、渋滞の発生自体を防ごうという段階まで達していないのが現状です。

人工知能の特徴である「未来を“予測”する」ことは、新興国の渋滞緩和に対し何かいい影響を与えてくれるはずです。そういった意味でもGRIDは、人工知能を活用した、新しいインフラ整備の形態の草分け役になると思います。
世界中の人たちの、より良い暮らしの生活基盤づくりのために、GRIDは何をできるのだろう?とその可能性を考えるとわくわくしますね。 私も人工知能の営業チームに所属していますが、先輩に一から十まで教えて頂いて、それでも難しくて理解できないことばかりです。
だた、GRIDは新人の挑戦を認めてくれる土壌があるので、食わず嫌いせず、とりあえずなんでもやってみようと思っています。
いつかは、またインドネシアに行き、半年間で成し遂げられなったことのリチャレンジをしたいです!
ーーーーー

GRIDは、新人やインターンの方も新しいことにチャレンジできる環境です!
GRIDの取組みに興味のある方、ぜひお気軽にご連絡ください。
--------------------------------------------------------------
会社名:株式会社 グリッド GRID inc
MAIL:grid_hr@gridsolar.jp
URL:
http://gridpredict.jp

F0786973 9936 4a39 a8aa 5773faf3f239

Page top icon