1
/
5

~『超心配性』から『妥協しないで充実してキラキラ働ける場所』に気づくまで~ インターン体験レポート第4弾!

毎月行っているグロウのインターン受入れ!

6月も1名の受入れを行い、気づきが多く、価値あるインターンになるよう3日間の体験内容を組み立てていきました。

事前ヒアリングで興味があるとお話されていた マーケティング、スタイリング、撮影、販売戦略、そして社内で活躍しているお母さんとの面談など、盛りだくさんの体験レポートをお届けします!

グロウでは2020年新卒採用も行っていますので、興味がある方はぜひお気軽にメッセージくださいね。

------------------------------------------

"心配性"のインターンのスタート

「どんな社員さんがいて、どんな雰囲気の場所なんだろう。」

「仕事内容は丁寧に教えてくださっているけど、きちんと仕事をこなせるのかな。」

心配性の私は、そんなたくさんの不安を抱えてインターンをスタートしました。


「世界デビュー?!」

最初に取り組んだ業務はセールの期間に会員様に送信するメルマガの作成練習です。緊張だらけだった私の隣の席で担当されている社員さんが丁寧に作業を教えてくださいました。クーポンが完成したときに、「おめでとう!全世界にデビューだね!」と拍手(他の社員さんから「Instagramとかやってるならとっくに世界デビューしてますよ!」と言われていたけれど)同じデスクの社員さんたちも巻き込んで褒めてくださったことで、輪の中に入れてくれたような気がして緊張が和らぎ、笑顔で進めることができました。


「好きなことを仕事にしなきゃ」から「私に合った会社選び」へ

お昼はもともと興味があったマーケティングチームの方とランチMTGの設定をしていただきました。

このランチの機会をいただいたことで、

「好きなことを仕事にしたいけど、好きなことが出来る仕事って何だろう。そもそも好きなことって何だろう。」

と悩んでいた私の考え方が

「会社を選ぶ基準は、やりたい仕事というよりも会社の人や雰囲気が合うところを選ぶ方がいいのかも。」

に大きく変わったのです。


「環境を重視して就職した会社で自分のやりたいことを見つけるという選択肢もあるよ。」

「就活をするとき、何を基準に会社を選んだらいいのでしょうか?」

「自分の好きなことを仕事にするのってやっぱり難しいですかね?」

ちょうど就活への不安を抱えていた私はそんな質問をたくさんしてしまいました。

そんな私の質問をとても親身になって聞いてくださった社員の皆さんは、

「働いてみてから自分に向いている仕事ややりたい仕事を見つけるという方法もあるよ。」

「どこで働くにしても、やりたいことをやるには努力と実力が必要だからね。」

という素敵な回答をくださいました。

生き生きと楽しそうに働く社員さんのそんな答えを聞いたこと、グロウの社員さんの中で実際に働いたことで、働く上での環境の大切さに初めて気付いたような気がしました。


先のことはまだわからない。まずは自分が働きたい場所へ

2日目は結婚してお子さんを持つ女性の社員さん方とランチの設定をしていただきました。

私は、そんな社員さんにお聞きしたいことがあったのです。

「女性として就職先を決める時に、結婚して引っ越すことや子供を産んで育てること、そのために仕事を休んだり辞めたりすることを踏まえて考えるべきなのか。」

これが私が抱えていた悩みです。相談したときに返ってきたのはこんな言葉でした。

「私は就職した後なんてあまり考えていなかったよ。先のことはまだわからないから、今は自分がどんな環境や場所、職種に就いて働きたいのかを優先したらいいんじゃないかな。」

その言葉を聞いてはっとしました。はっとすると同時に、過度にネガティブに考えすぎてしまっていた自分に気付くことができました。見えない先のことを怖がっているのではなく、「自分の好きなように決めていいんだ。」と、肩の力が抜けたような感覚でした。


「グロウの環境、最高ですよ!」社員さんの言葉

インターンをする中で、実際に働く社員さんのグロウの環境についての声を聞いて、

・社員同士の関係や仲が本当にいい。

・結婚して子供がいる人が多いから理解があって、両立の面においても働きやすい。

ということがわかりました。

それは、インターンをさせていただいた中で社員の方同士の楽しそうな会話を聞いたことや、1日しかお会いしていなかった私の顔を覚えて声をかけてくださったことなどから感じただけではありません。私は世の中で自分が働く会社に対してものすごくプラスな気持ちを持って働いている人はそんなに多くないのかなと思っていたのですが、実際に勤務している社員さんの声をお聞きして、グロウは本当に素敵な雰囲気の会社なのだなと実感したのです。


「スタジオの中は、別の世界でした。」

2日目の午後はずっと楽しみにしていたキッズモデルさんの撮影見学。

ドアを開けると、そこにはオフィスとは違う世界が広がっていました。

「かわいい!もっと笑って~!」

「ポーズうまくなったなぁ!」

小道具を使って笑わせたり、流行の曲を一緒に歌ったり。モデルの子の性格やポーズの癖を覚えていたり、じゃれ合えるくらいの信頼関係を築いていたり。優しくて楽しい声が飛び交う中で、かわいい服を着てヘアメイクをしてもらったキッズモデルたちが無邪気に笑いながらポーズを決め、同席しているお母さんも安心してその様子を見守っていらっしゃる、そんなキラキラした空間がそこにはありました。

衣装替えやヘアメイク、撮影をスムーズに進めるのはもちろんですが、常に雰囲気作りを忘れない社員さん方の姿勢が特に素敵で、そんな姿勢がスタジオの空気感を作り出していると気付いて、私も自然に笑顔になっていました。


戦う前の準備~武器を増やすこと~

最終日は、会社で唯一の新卒採用で入社方された方とランチの設定をしていただきました。

話題は「どうやって就職する会社を絞るか」「今から出来ることは何か」というお話です。

迷っている私に、会社や業種の絞り方について

・働きたくない職種リストをつくる

・モチベーションが保てるもの、自分にとっての楽しいことは何なのか見つける

・どんな人と働きたいかを見つける

などのアドバイスをくださいました。さらに今からやることとして、学生のうちに頑張ったと言えることを増やしていくこと(行きたい業種が絞れたらその業種や会社につながる経験をすること)を教わりました。しかもその全てを具体的に一緒に考えてくださったのです。

私の悩みにとても共感してくださり、相談に乗ってくださったことで次の動き方が具体的にイメージできるようになりました。



自分のことを妥協しない。最高の仕事に巡り会う方法。

最終日の午後はスタイリストをされている方と面談設定していただきました。その際、どうやって仕事を選んだらいいか悩んでいた私にとって、とても効果的なお話をいただきました。やりたいことが明確に決まっていたわけではない状況から自分にとって譲れない条件を絞って会社を選んだそうで、働く上では「人」の面をとても重視していたそうです。やりたい仕事が定まっていないという面で共感しましたが、自分が会社に合わせることを考えていた私にとってすごく新鮮な意見でした。確かに、その方がミスマッチを防げるということもわかりました。グロウの面接の時の空気間や、その場で出会った人の下で働きたいと思い、「人」を重視して決めたグロウの環境は最高で、一回もやめたいと思ったことがないと話していました。

「必要以上にネガティブになることはなくて、自分の希望をもってポジティブに考えていいんだよ。それが充実した仕事につながるよ。」そんな風に言われているような気がして、私の中の就活へのマイナスの気持ちがなくなったのを感じました。

キラキラした人になりたい

また、撮影の時にキラキラしている姿を見てかっこいいなと思っていた方とお話できたことで、優しくて可愛くて楽しそうに働く充実感のあるその姿をより深く知ることができました。こんな風に働きたいという憧れの人ができたことが私にとってとても大きな収穫でした。私も、自分が夢中になれる仕事をするために妥協しないこと、その結果充実した日々を過ごせていることを教えてくださった社員さんのように自分で意思決定をし、会社を決めて、そこで充実した時間を過ごしている「キラキラした人」になりたい。そんな目標ができました。


たくさん助けてくれた。きっと、頑張ることが恩返し。

今回のインターンで、3日間を通して私のインターンを担当してくださった人事の方の存在がとても大きかったと感じます。

将来のことや就職のことの相談にも乗ってくださり、私に向けられたたくさんの言葉にはとても説得力や心に入ってくる不思議な力があるように感じました。

また、自分自身がまだ整理できていない私の頭の中の言葉を引き出して整理してくださるので、その方と話していると、自分が本当に思っていたことが勝手にまとまってくるのです。それを3日間少しずつ繰り返していただいたことで、自分の中の気持ちや考えを言語化する方法が少し身についたかなと思っています。さらに、考えを整理していくことで、次に自分がやりたいことややるべきことがものすごくたくさん見えてきました。アドバイスをいただいて、応援していただいたことに、これから私が素敵な人生を目指して頑張っていくことで恩返しがしたいです。


『超心配性の私が、「就活楽しみ!」になった3日間』

今回のインターンを通して、とてもたくさんの気付きと変化がありました。

1番大きな変化は、「就活が少し楽しみになった」ということです。

グロウでインターンをさせていただくまでの私は、心配性で保守的で基本的にネガティブでした。もちろん就活に対する気持ちもマイナスの面ばかりだったのです。

しかし、今の私はそのような気持ちは持っていません。むしろ、就活が楽しみだと感じています。

今に至るまでの3日間、何人もの社会人の方のあったかいお話をお聞きしてきました。

その中で、「好きな仕事ができる場所を選ばなきゃいけない」が「自分が頑張れそうな好きな場所を見つけたい」に変わり、「自分がいけそうな会社を見つけて受かるように合わせていかなきゃ」から「自分のことは妥協しないで充実してキラキラ働ける場所に巡り会いたい」に変わりました。義務感が希望へと変わったのです。次にやるべきことも見えてきて、一気に目の前が明るくなったような感覚です。このインターンを始める前は、3日間という時間でここまで考え方が変わるなんて考えてもいませんでした。


おわりに。

グロウでのインターンが終わってしまった今、すごく寂しい気持ちになっている自分に驚きました。緊張ばかりだった場所が、たった3日間でもういけないのがなんだか寂しいと感じる場所になったのです。そんな魅力的な会社で貴重な経験をさせていただいたことは、これからの私にとってとても大きな糧になると感じています。

こんな風に自分を変えてくれたグロウの環境、関わってくださった社員さん方に感謝の気持ちでいっぱいです。グロウでインターンができて良かったと心から思います。

3日間、本当にありがとうございました!



グロウ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
グロウ株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?