1
/
5

30代を迎えた今だからこそ感じる、1つのロールにこだわらず裁量を持って働く魅力とは - テックリード 小林

昨年Sun*グループにジョインしてから、グルーヴ・ギアのエンジニアの皆さんが携わるプロジェクトやプロダクト、働き方やキャリアステップの幅が大きく広がりました。
その中で、エンジニアとしてフルスタックに活躍しながらもプロジェクトの推進も担い、更に事業戦略や戦術の企画立案〜実行、採用まで幅広く活躍するテックリードの小林 広志さんに話を伺いました。

※2019年入社直後に以下の話を伺いましたが、入社して1年が経過したからこそ改めて感じること、やりたいことを聞いてみました。


<紹介>
小林 広志(こばやし ひろし)/GEEK JOBセカンドdiv. テックリード

新卒で独立系SIerに入社後、国内大手メーカー向けのAndroid/Webアプリ開発に携わる。
その後、中小SI、フリーランス、スタートアップでエンジニア/ITコンサルタントとして、一貫して開発、プロジェクトマネジメントに携わる。
2019年にグルーヴ・ギアにジョインし、GEEK JOBセカンドdiv.に所属。
PM・PLとして複数クライアント、複数システムの開発・保守運用を担い、システム開発を通じてクライアントの課題解決を推進中。また、PM・PLとしての業務だけでなく採用や新規クライアント開拓などの組織づくり、事業づくりの業務も推進中。
定量的情報を元にした課題抽出及び、課題解決のロードマップ策定~実行、効果検証を一貫して遂行できるのを強みとする。

求められるところでまずは成果を出す、その上で得られる裁量の大きさ

■今やってる業務内容を教えてください

現在は、Sun*のメンバーと連携してSun*のお客様と一緒に仕事を進めるプロジェクトのPMをやっています。他にも採用や新規クライアント開拓などの組織づくり、事業づくりの業務も行っていますが、もともとすごくやりたい!と思っていたわけではなく機会があればやってみたいな、というくらいの温度感でした。ただ、実際やってみて、私自身今までそういった経験があまりなかったので純粋に楽しいですね。

今後はSun*と連携しながらグローバルチームを組成して、PMやPLといった立場で仕事を進めていきたいなと思っています。

■入社したきっかけを教えてください

昨年入社を検討していた時期がちょうど30歳を過ぎたくらいで、今後IT 業界でキャリアを築いていくことを考えた時に、30代はエンジニアとしてキャリアを積んでいきたいなという思いがあって、その中でグルーヴ・ギアが一つ候補になりました。
入社の決め手は、エンジニアというロールに縛られずに他の事業づくりや組織づくりもできる、そういった機会があるという点でした。

■グルーヴ・ギアで働く魅力ややりがいは何ですか?

大きくは2つあります。

1つ目は、縦割りの組織ではないので裁量を持って自分のやりたいことができる点。
ただ、まずは求められるところで成果を出す前提ですけどね。
その前提さえ満たしていれば自分のロールにとらわれずにやりたいことがやれるのは面白い。

2つ目は、グルーヴ・ギアだけでなくSun*と連携し、Sun*のアセットを利用して大手のエンタープライズのお客様からスタートアップのお客様まで幅広いお客様に対して、システムの0→1から作るところであったり、システムをグロースするところまで幅広く携われる点ですね。


■今グルーヴ・ギアで活躍している人はどんな人ですか?また、どんな人がグルーヴ・ギアに合ってますか?

グルーヴ・ギアで大事にしている働く上での価値観「コーポレートバリュー」というのがあって、そのバリューに共感して且つ実践している方は、活躍している印象です。

バリューはいくつかあるんですが、個人的にすごく気に入っているのはまず「BEYOND」ですね。
失敗してもいいからまずは変化を楽しんでとにかく一歩踏み出そう、という内容です。
次に「SHARE」です。利己主義ではなく利他主義で、人からの"いいね"を期待しないで取り組み、人にGIVEができる、SHAREができるといいよね、というものです。

また、間違いなく言えるのは、何かルールが決められていないと何もできない人であったり、何をしたらいいか全て他人に指示をしてもらいたい人には確実に向いてないと思います。
変化が多く色々と決まってないことが多いので、「自分はこう思うんですがどうでしょう」といった提案ベースで仕事を進められる人の方が楽しんでいるし、恐らく居心地も良くて活躍できると思います。


外から見るより、とても変化が多い会社だと思った

■グルーヴ・ギアに入社して1年少し経ちましたが、入社前〜入社時〜今で変化やギャップはありましたか?

正直言うと悪い意味でのギャップはないのですが、良い意味のギャップはありました。

1つ目は、入社してみて、外から見るよりもすごく変化が多い会社だなと肌で感じました。
やっている事業自体は大きく変わっていないのですが、その事業の中で、どういう方針で今期どこを攻めていくのかであったり、戦略から実際の戦術に落とし込んでいく時に具体的にどういうふうに進めていくのかといった点で、この1年結構変化があって面白かった。
そういう意味ではすごく良いギャップでした。

2つ目は、個人的な感想ですがみなさん人としての距離感がちょうどいいと思ってます。近すぎず遠すぎずみたいな。
べったりはしないけど、かといってドラスティックすぎるわけではなく、いい距離感で仕事をしてるなーっていうのはありますね。

■小林さんは今開発チームをマネジメントしていらっしゃいますが、チームのメンバーに対してマネジメントするとき気をつけているポイントはありますか?

気をつけているポイントとしては、私やリーダー、上司が言ってることが絶対的に正しいとは思ってないので、方向性を示すことはしても、いきなり最適解だと思われるものを示したり、あれをやれこれやれって言う指示を出さないのを気をつけてますね。
まずは何事も本人にやってもらって、その本人がやって起きた結果からフィードバックをするのを心がけています。

グルーヴ・ギア株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
グルーヴ・ギア株式会社からお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?