ANAグランドスタッフからWizへ転職。未経験から挑戦した人事採用部のやりがいと魅力とは。

こんにちは、Wiz広報部です。今回は、2018年2月に入社され、現在は人事採用部で活躍する花澤さんにインタビューを行いました。Wizへ入社する前は、ANAのグランドスタッフとして働いていたそう。女性であれば、一度は憧れるお仕事ですよね。そんな、気になる前職のお話から、人事採用部としてのやりがい、Wizの魅力などを語っていただきました。


Wizに入社する前の経歴を教えてください。

外語大を卒業して、中学生くらいから憧れを抱いていた航空業界に就職しました。念願のANAグランドスタッフとして、約4年間、成田空港で働いていました。

入社当時の写真

グランドスタッフとしての主な仕事内容は、搭乗手続きや、出発・到着時の搭乗口でのアナウンス、お客様のお手伝い、持ち物などの手続きです。

搭乗口でのアナウンスに関しては、デビュー前はもちろん、新入社員のときに研修があり、そこで練習を行っていました。あとは、全社員が品質向上のため、定期的に練習をしていたので、上手な人のアナウンスを聞いて、試行錯誤しながら練習を繰り返して、技術を身に付けていましたね。

-自分で考えながら仕事ができる環境に行ってみたい。

転職をしようと思ったきっかけは何でしょうか?

学生の頃から憧れていて、入りたかった業界に入れていたので、正直、入社した時点でゴールテープは切っていたんですよね。もちろんサービス業は好きですし、尚且つ自分が学んできた英語で、違う国の方とお話しすることができたのも本当に楽しかったです。でも、‟この先長く働ける環境なのか”と考えたとき、体力が必要な仕事なのでそうではないし、この先もここで働いていく自分を想像したら、‟ずっと同じ仕事をやり続けるんだ”と目に見えて分かってしまったんです。だったら、全く違う業界で、‟自分で考えながら仕事ができる環境に行ってみたい”と思ったのが転職のきっかけでした。

やっぱり、グランドスタッフの仕事は、第一は‟お客様の安全を守ること”なので、手順が一から十まで決まっているんですよね。なので、そもそもの仕事のやり方を変えたくて、転職活動をしてみようと思い立ったんです。


転職するにあたって、迷いはありませんでしたか?

そうですね…。やっぱり何といってもネームバリューがあるのが大きいし、さっきも少しお話ししたのですが、自分の英語でお客様と話せるのも好きで、サービス業も好きだったので、グランドスタッフを辞めて、知らない会社に入って果たして上手くいくのかという不安はありました。でも、‟新しいことにチャレンジする”という部分では、不安や迷いよりも、楽しみのほうが強かったです。


-Wizにあるのは、キラキラ感とワクワク感。

チャレンジしたい気持ちが強かったんですね。では、Wizに入社を決めた理由を教えてください。

Wizに入社を決めたのは、キラキラ感・ワクワク感があったことですね。あとは、私の転職理由の一つでもある、‟自分で考えながら仕事ができる環境”というところがすごくマッチするなと思ったので入社を決めました。就活中は、業界とか業種は全くこだわりが無く、幅広く探していたんです。Wizに応募したのも、人事職には興味があったのですが、‟まずは会社のことを知らなければいけない”と思い、最初は広報PRで応募していたんですよ。でも、面接のときに、「他に興味ある職種はある?」と言ってくださったので、「最終的には人事をやりたいけど、まずは会社を知るために、広報PRの仕事をやってみたい。」とお話ししたんですね。そしたら、「人事をやりたいなら、人事採用部で頑張ってみない?」と言ってもらえて、無事、人事採用部に配属されたんです。

「他に興味を持っている職種はある?」と聞いてくれたあの一言がなければ、広報PRで選考が進んでいて、自分は未経験だし人気の職種なので、受かっていたかどうか分からなかったので有難かったです。


Wizに入社して驚いたこと、戸惑ったことなどはありましたか?

Wizはとにかくスピード感があるので、前職と仕事のやり方が全然違ったことに最初は戸惑いました。例えば、「これ、こうしたほうが良いんじゃないですか?」と良い意見が出たとき、「じゃあそうしましょう!」と、誰の意見であれすぐに決まるじゃないですか。そのスピードに追いついていくのが大変ではありますね。周りの人は皆バシバシやっていくのですごいな…と。

前職のときは、大勢いる中の一人で、例えば、私がお休みをしたとしても、変な話、他の人が入れば良いので、どうにでもなるんですよ。でも、Wizの場合、人数の違いもあるかもしれませんが、‟これはこの人が得意だよね”とか、”この人にお願いしよう”と、上司が認識してくれているので、一人ひとりに合った仕事を任せてもらえて、チャレンジさせてもらえる環境があるんです。自分のことを見てもらえていると感じられるし、何か一つでも得意なことがあれば、いなかったら困る存在になれるので、そこが良いなと思いますね。


現在の仕事内容を教えてください。

新卒のグループディスカッションや、最終選考への社長同席、アルバイトの面接などです。主に、面接の対応がメインになります。

後は、定期的に開催している合同企業説明会の運営です。まだ前に出て説明はしていないのですが、あるときはお手伝いに行っています。この前も、大阪で開催したDODA転職フェアに行かせていただき、人生初の出張でテンションが上がりました!(笑)

合同説明会を開催すると、Wizはどこよりも人が集まるんです。このときも、2日間で800名集めたんですよ。5人席しかないところに…(笑)こういった、Wizを知らない人たちに、Wizをアピールしていく外向きの仕事もやらせていただいていますね。


合同説明会は本当にたくさんの人が集まりますよね!人事部のメンバーが持っている‟FAN力”なのでしょうか。続いて、仕事をする上で心がけていることはありますか?

選考者の方へ、誤案内のないように常に気を付けています。

まだまだできないことはあるので、「こうだろう!」と自信を持ってやったことでも、ミスをするときがありますよね。そのときに初めて、「あ、これって違っていたんだ」と気づくこともあります。そのミスがもし、選考者の方に対して誤案内があった場合、「入社しようと思ってたのに」とか、「他の人と言ってることが違う」という不信感に繋がってしまったら、人事のイメージはもちろん、会社のイメージも下げてしまいますよね。なので、絶対に誤案内のないように気を付けています。あとは、スピードとミスをなくすことですね。このバランスは結構難しいと思っているので、精度を上げ、且つスピードも上げられるように、今はとにかくたくさん仕事を覚えていかなければいけないと思っています。

-Wizの本質をそのまま伝えられるように

面接時に気を付けていることはありますか?

面接に来てくれる方は、Wizのことを知らない方がほとんどなので、Wizの良い面を見せるのも大事なんですが、その本質という部分もそのままお伝えできるように、バランスよく情報を伝えることを意識しています。例えば、ご年齢が40、50代の方になってくると、若い人が多い会社で自分が働けるのか不安になると思うんです。でも、実際Wizでは、幅広い年代の方がいますよね。なので、その部分はしっかりお伝えしています。でも、そこで「じゃあ大丈夫だ!」と完全に安心しないように、「Wizには幅広い年代の方が働いていますが、20代前半の新卒社員も現場にたくさんいるので、若さはありますよ。」とか、「活気は結構ありますよ」という風に、実際に入社したときギャップを感じさせないために、本質をしっかりと伝えるようにしています。一人ひとりに合わせて伝えるべきところと、注意しなければいけないところを考えながらやっています。

-‟Wizを前に進めよう”という社員の気持ちが強い会社。

Wizの魅力はどんなところだと思いますか?

‟「人」が魅力”と皆声を揃えて言いますが、私もやっぱり、Wizで働くメンバーだと思います。先輩だからつんけんしているとか、上司だから偉そうとか、そういうことが一切無くて、‟皆でWizを成長させていこう”という意思がすごくある素敵な会社だと思います。比べると変ですが、前職では、それぞれの仕事のやり方があって、自分のことができて、周りの人と楽しくできていれば良いと思っていて、私も皆も、会社のことなんて全く考えていなかったんです。でも、Wizは、社員全員が‟会社を前に進めよう!”という気持ちが揃っていると感じます。ここまで大きくなっているのに、それが創業当時からずっとできているのは、本当にすごいことだと思います。


確かに、熱い社員が多いですよね。花澤さんが、入社して成長したと感じることはありますか?

成長しているかどうかで言うと、まだまだだなと思っているのですが、実績というか、経験はたくさんあります。2018年の2月に入社して、まず4月に開催した入社式の司会に抜擢されました。他にも、重要な面接の対応や、新卒説明会でのアイスブレイク担当だったり。今までやったことのない経験をたくさん踏ませていただき、普通だったら覚悟を決めてやることを、ポンポンと任せていただいて、なんとかやり遂げてきました。なので、何事にも動じない強さだったり、経験値はかなり付いたと思っています。

-1つでも多くのきっかけを残せるように。

人事採用部としてのやりがいはどんなところでしょうか?

Wizに入社してくれた方が、しっかりお仕事されて、活躍してくれていたらやっぱり嬉しいですね。あとは、2019年の新卒採用は、私がメインで見させていただいているので、来年になったら入社してくれて、成長した姿を見てまたやりがいを感じるんだろうなと思っています。

あとは、「Wizが一番早く連絡くれました!」という声もよく聞くので、そのとき、‟Wizのやり方は間違っていないんだな”と思えるので、今後も攻めの姿勢で続けていきたいですね。

一つでも多く、選考者の方とのきっかけを残して、入社に繋げられるように日々頑張っていきたいです。


きっかけは大事ですね。花澤さんは、今後どんな人と一緒に働きたいですか?

Wizのヒューマンポリシーにもある、‟陽のオーラ”ももちろん大事だと思うのですが、私は、身の回りにある問題を他人事に捉えない、自分のことだと思って一緒にやってくれるような人が良いなと思います。

社会人として働く上で、助けが必要になるときって絶対あると思うんです。そのとき、お互いが支え合えて、相手を想い合えるような方だと、‟自分がもし今あの人だったら”とか、‟この人の立場だったら”ということを考えられると思うんですよね。‟相手のことは関係ない”という考えの人だと、お互い何のメリットも生まれないし、想い合えない。なので、相手を思いやりながら、コミュニケーションを多くとってくれる明るい方だと、周りも活気が出て、刺激し合えるのではないかなと思います。

-‟花澤さんにお願いしたい!”と思ってもらえるような存在に成長したい。

今後の目標を教えてください。

「花澤さんにお願いしよう!」と言われることをたくさん増やしていきたいです。‟責任者になってバンバン上に行きたいです!”という気持ちよりは、日々の業務を多くできるように固めて、「花澤さんだったら安心して任せられる」とか、「花澤さんにお願いしたい」と思ってもらえるような社員になることが目標です。もちろん結果的に頼っていただいて、責任者という立場になれたら嬉しいですし、認められたいですけど、今はとにかくできることを増やしていきたいです。「花澤」と呼ばれることが本当に嬉しいんです。(笑)

ありがとうございました!

ANAグランドスタッフから、ITベンチャー企業のWizへ転職し、未経験の人事職へ。最初は戸惑うこともあったそうですが、今や人事採用部にはなくてはならない存在となっています。今後の活躍にも期待したいですね!


人事/採用・教育
7年目ベンチャーを前進させる、攻める人事を募集!
「小さくても 1 人ひとりの生産性が高い会社を作ろう」 株式会社 Wiz はそんな想いから 2012 年 4 月 18 日、12 名の有志で設立した会社です。 「売る」と「創る」で拡大を続けてきた当社。 設立から6 年目を迎え、従業員数は 900 名を越えるまでになり、売上高は、今期は100億円を超える勢いです。 IT 通信の販売代理店業から始まり、国内の通信インフラの拡充をしてきた我々ですが、次は、IoTサービス、クラウドサービスを世の中に広げていきます。 インターネットやWIFIサービスの販売実績がある弊社だからこそ、その先にある、IoTサービス、クラウドサービスの販売オファーがたくさんきます。 そのような中で、我々は、真のいいサービスをセレクトして、世の中に広げていける、そのような立ち位置になれればと考えております。 ■主な事業 (http://012grp.co.jp/service/) IoT 事業 Wi-Fi インフラ事業 ヘルスケア事業 保育サポート事業 開店ポータル事業HR事業 メディア運営事業 クラウドソーシング事業
株式会社Wiz
株式会社Wiz's job postings
9 Likes
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more