最高のメンバーで「最高に楽しいものづくり」を実現する!

株式会社gumiに入る前

gumi入社前は大手インターネット企業で企画 をやっていました。学生時代からコンテンツ作りに興味があり、フリーペーパー制作等にも携わっていました。前職では、WEB媒体の営業から始まり、のちに企画へ。セールスプロモーション の企画提案や商品開発などを行いました。gumiは前職の先輩から話を聞いて、「勢いのあるソーシャルゲームプロバイダー」という事で会社に興味を持ち応募しました。面接では社長の國光と当時プロデューサーの今泉に会って話をしましたが、常に大きなチャレンジをする姿勢、何かやり遂げそうな雰囲気と力強さがとても良くて。今までの経験を生かしつつオリジナルコンテンツを作れることと、自分自身を成長させる機会がたくさんありそうだと思い、入社を決意しました。

現在

現在は、Weissというスタジオで、2つのタイトルのプロデューサーとスタジオ全体のマネジメントを行っています。gumi入社当時のことを思い出すと、最初に担当したプロジェクトですぐにディレクターを任されたことが印象に残っていますね。その後はGREEプラットフォーム向けのゲーム開発運営を数本担当し、のちにGREEプラットフォームで優秀賞を得ることになる ドラゴンジェネシスなどの大きいタイトルも担当するようになりました。

やりがいについては、担当プロジェクトの成果が出た時は本当に嬉しいですね。また、 個人的には開発と運用は両方とも面白いと思っています。まず初めにどんなターゲットにどんなコンセプトで作ろうか、という話からスタートするのですが、そこから「これは絶対面白いぞ!」という企画をチームで考え、そのアイデアが形になっていき、最終的にマーケットに出たときは感動しますね。ゲーム開発は正解がないので本当に難しくて、プロジェクトがうまく進行しないことは日常茶飯事なので…その分、リリース時の喜びは本当に大きいです。ただ、そこで終わりではなくて、ゲームは遊んでくれているユーザーの反応がすぐに数字として見えるのでリリースしたゲームをより面白く発展させていくのが楽しいですしやりがいを感じます。バグや使いにくいところなど毎日いろんな課題が出てきますが、よりユーザーに楽しんでもらうにはどうすべきかを考えて解決していきます。いまの課題は何で、より面白くなるイベントや機能は何か、このPDCAサイクルを回すことで、ユーザーにとっても運営者にとっても、より良いゲームが出来てくると信じています。

株式会社gumiについて

Weiss (担当スタジオ)について

Weissは「最高に楽しいものづくり」をコンセプトに掲げています。ユーザーと開発者の双方が最高に楽しいと思えるコンテンツを作っていきたいですね。そのためにはスタジオメンバー全員が面白さに対してこだわり抜ける環境が必要だと考えています。

今はみんながゲーム開発に集中でき、高いスキルを身につけることができる仕組みや制度を整えていっています。例えば、職種会というミーティングで、プロジェクトを横断してデザイナーやエンジニアといった職種単位でメンバーが週1回集まり、情報共有やキャリアを考えてもらう機会を持つようにしています。他にはメンバーの声から生まれたハッカソン等の社内イベントを実施したり、スキルアップのための研修参加をサポートしたりする制度があります。どうやったら仲間と一緒に成長していけるのか、こだわったものづくりが出来るのかを考える人がWeissには多いと思います。

今後どういうことをしていきたいか

今あるタイトルを成長させつつ、マーケットを驚かせる新規タイトルを開発していきます。まだまだ組織としても成長途中なので、全員が意見を出し合ってハッカソンのようにメンバー発の制度をどんどん形にしていきたいですね。大変な時も多いけれど、それを乗り越えた時に「最高にたのしいものづくり」が出来るチームになっていると信じています。それにチャレンジしてみたい方と一緒に働きたいですね。

株式会社gumi's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
19511062 1512034435526194 5737665326213455192 n
2 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
19511062 1512034435526194 5737665326213455192 n
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon