1
/
5

【社員インタビュー#1】1次面接に来たときにビビっと感じました~19年新卒入社

2019年に新卒でGVA法律事務所に入社し、現在社会人2年目の早川さん。

新人だと思っていた早川さんも、後輩も入ってきて気づけば先輩に。今では頼れるGVAの一員として活躍中です。

就職活動を振り返ってもらいつつ、現在の仕事のことや、GVAへの想いに迫りました。就職活動中の方には参考になることも多いと思いますので、ぜひご一読ください!

サーフィンにハマった学生時代

―まずは早川さんの学生時代について教えてください!

経済学部に在籍し、平日は授業、休日はサーフィンという生活を送っていました。ダイビングのライセンスを取り、連休に友達と潜りに行ったりもしていました。

幼い頃から海で遊んでいたので海には馴染みがあって。気分転換にもなるので、今も時々海に行ってリフレッシュしています。

ー就職活動はどのように進めたのか教えて下さい!

コンサルティングファームでインターンをやっていたので、このままコンサルの道へ進むのかな?と思っていましたが、もっと自分に合う仕事があるかもしれない、幅広い業界に触れてみようと思い、インターンと並行してその他業界をみて、説明会や選考会に参加しました。金融業界や化粧品メーカーなど、色々な業界や職種を知るうちに、秘書職に魅力を感じるようになりました。

―なるほど。就職活動を進めていくなかで秘書職に興味を持ったのですね。

はい、私は自ら先陣を切って物事を進めるよりも、バックヤードで人をサポートしたことが形となり成果として現れるような仕事に魅力を感じていました。バックオフィスの仕事はいくつかありますが、そのなかでも秘書という仕事は幅広い業務に携わりながら上司をサポートし、色々な経験を重ねて行けるのではないかと思い、秘書職に興味を持ちました。

―いろいろな会社で秘書の募集がありますが、法律事務所を選んだのはなぜでしょうか?

秘書のスキルだけでなく、法律分野の専門性を身につけることができるのではないかと思ったからです。また、大きな企業の場合、希望した部署や職種に配属されるとは限らないので、そのようなリスクなども踏まえ法律事務所を選ぶきっかけとなりました。今後は法律の勉強を重ねて、パラリーガルを目指していきたいと思っています。

一次面接の際にビビっときました!!

―入社の決め手を教えて下さい!

「私、ここで働くんだろうな」と、一次面接の際にビビっときました。直感的なものも感じましたし、事務所見学をしたときの雰囲気もよくて、この事務所の一員になれたらいいな、と。

決め手・・・正直、いろいろあり過ぎて、これ!とひとつに絞れません。

GVAはベンチャー法務を主軸にグローバル展開もしてるという革命的でアグレッシブで、柔軟な法律事務所で。今までにないような勢いを感じる法律事務所に魅了されました。タイに支店を出し、今後フィリピン、ベトナム・・と世界進出していく過程も是非一緒に参画できたらと思い、入社を決めました。クライアントに寄り添うスタンスも共感できましたし、なにより従来の法律事務所の固いイメージのない、新しい法律事務所だったところに惹かれました。

―入社してみて分かったGVAの魅力はありましたか?

内定をいただいてから入社するまで、週2回ほどインターンをしていました。あの頃は人手不足だったらしく、声をかけていただいて。ですので、入社して初めて分かったということはなかったのですが、GVAの最大の魅力は『人』だと思います。弁護士はもちろん、スタッフもみんな個性豊かでカラフルで、いきいきしていて。所内全員でセミナーや日々の情報で知り得たことを共有しあうチャットも存在し、経営陣だけではなく、みんなでGVAを創っていこう!という想いが強い法律事務所です。

また、弁護士と秘書との距離が近いのも魅力です。ランチや飲み会も頻繁に実施され、プライベートがちらっと垣間見えたりもするので、とても楽しいですよ。先生の内面や求めることも分かり、業務をより円滑に進めることができています。現在はコロナウイルスの影響により、そのような機会が設けられていないので、その分オンラインでコミュニケーションを取っています。

ー逆に大変だなと感じることはどんなことでしょうか?

大変だと感じるところは、やはりベンチャー法務が主軸のためスピード感が重要になることですね。クライアントの要望に沿って臨機応変に迅速な対応が必要になってきます。そしてGVAの場合、他の事務所と違って何人もの弁護士を担当するので、そのやりくりも重要となってきます。

ただ、正直なところ、忙しいと思うことはあっても大変だとは感じたことがなく。むしろやりがいとして感じられています。毎日あっという間に時間が過ぎて、気づくと終業時間になってます。ほとんど毎日定時に退社しているので、プライベートとの両立が可能で、オンオフの切替もできているので毎日充実しています。

いろいろな仕事に挑戦しています

ー早川さんはいまどんなお仕事をしていますか?具体的に教えてください!

弁護士秘書をしています。現在は、パートナー弁護士、中国弁護士、司法書士など5人を担当をしています。
仕事内容は主にスケジュール管理、顧問契約書や委任契約書の作成、誤字脱字チェック、判例検索、登記や商標出願にかかる書類作成、裁判書類の作成、電話対応・FAX対応、来客対応、裁判所と期日調整、クライアントとやりとり・・などです。
業務を行う中で、それぞれの先生ごとに「この先生はなにを求めているのかな、このような対応を望むかな」など考えながらアシストを行っています。

また、新卒弁護士の採用活動にも携わっており、採用活動の企画や会社説明会などの準備なども行っています。新卒弁護士採用は一般的な採用活動とは動きが異なり、内定を出してから2年くらい先の入社となるので、2年後のGVAを予測しながら採用チーム一丸となって取り組んでいます。採用活動は、秘書とはまた違った面白さがあり、やりがいや刺激を感じています。

ー今後の目標はありますか?

グローバルな弁護士秘書になれたらいいですね!アジアを中心にグローバル展開していく事務所ですので、弁護士もグローバルな弁護士が増えていくと思います。また、海外進出を見据えているクライアントも増えています。そうした弁護士やクライアントのサポートが円滑にできるよう、私も寄り添ってがんばって行けたらいいな、と思っています。

ー最後に就活生にメッセージをお願いします!

私自身、自分に合う仕事ってなんだろう、他にもあるのではないか、と模索しながら就職活動を行なってきました。自分の納得のいくように活動することが大切だと思います。この記事を読んでくださった方々が納得のいく就職活動となりますように、願っています。
GVA法律事務所は1年目から様々な仕事を任せてもらえます。成長したい人、スピード感を持って仕事に取り組みたい人、意欲的な人に向いていると思いますので、気になった方はぜひ事務所に遊びにいらしてください。

GVA法律事務所's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings