目指せスキルアップ!おすすめ書籍を紹介します

こんにちは、ハイブリッジの山片です。

皆さん、最近「本」読んでますか?私は小学4年生の頃の読書量がピークで、『ファーブル昆虫記』シリーズが特にお気に入りでした。

という話は置いておいて、

ハイブリッジ設計室では、メンバー同士でおすすめ書籍情報を共有し合っています。
業務や業界知識関連の書籍や自己啓発本などについて情報共有することで、メンバーのスキル・意識を向上するのが狙いです。

■東京設計室のおすすめ書籍コーナー(一部)

メンバーが持ち寄った本を自由に読むことができます。


今回は、過去に設計室で共有されたおすすめ書籍をご紹介したいと思います。
設計室内で評価が高かったものや、業務効率化などに活かせそうなものを中心に3冊ピックアップしてみました!

■その1 『絵で見てわかるWindowsインフラの仕組み』

”Windowsインフラの仕組み”とあるので、Windowsのネットワークや社内環境の話かな?と思いますが、

 ・Windowsの歴史
 ・ファイルシステム
 ・ファイルセキュリティ
 ・ファイアウォール
 ・GDI
 ・DirectX
 ・.NET Framework
 ・Visual Studio
 ・Office
 ・クラウド

等々の話がうすーくひろーく書いてあって、なかなか勉強になります。
Windowsシステムのことがあまりわかっていないなーという人に、最初の一冊としておすすめです。


■その2 『退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング』

Pythonを使って面倒な仕事は自動化しましょう!という本です。
タイトルにあるとおり、”ノンプログラマーにもできる”ように、前半はPythonの文法から丁寧に書かれています。
この類の本には珍しく、Windows中心で書かれているのもポイント。
ExcelやWordの文書を操作したり、GUIの自動操作についても載っています。

原文(英語)は無償公開されています。


■その3 『仕事が速い人はどんなメールを書いているのか』

私はメールに限らず、文章を書くのにけっこう時間をかけてしまうタイプなので、
非常に参考になります。
皆さんはいかがでしょうか?
ビジネスメールの基礎的な部分に自信がない、メールが苦手、という人におすすめの一冊です。

いかがでしたか?
気になる本があればぜひチェックしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ハイブリッジ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings