Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

4,000億円市場に成長するB2B SaaS
カスタマーサクセスの起点となる顧客スコアリング機能を提供
HiCustomerは法人の売上最大化に貢献するソフトウェアを開発してます。我々のサービスが一番力を発揮するのはサブスクリプション型ビジネスを営む事業者、その中でも現在のところB2B SaaSの企業にフォーカスしてサービスの提供を行っています。 ◎ Tech Crunch https://jp.techcrunch.com/2018/07/04/hicustomer-fund-raising/ ◎ TheBridge http://thebridge.jp/2018/07/hicustomer-fundraising ◎ FastGrow https://www.fastgrow.jp/articles/hicustomer-suzuki 日本国内におけるB2B SaaSの成長は著しく、2021年には5,800億円市場になると見込まれています。B2B SaaSは顧客の課題解決手段としてサービスが提供されていますが、しっかりサービスの価値を届けるにはカスタマーサクセスという役割が必須です。 今後間違いなく注目度が上がってくるカスタマーサクセスマネジメントの市場を作り、牽引していくことで顧客の課題解決にコミットするSaaS企業の成長を支援していきます。 ≪将来性が評価され、総額6000万円の資金調達を実現≫ 設立1年目でありながら、500 Startups Japan、BEENEXT、アーキタイプベンチャーズの3社が、資金面でバックアップしてくれることになりました。今回の資金調達をもとに、開発体制の強化と採用に力を入れていきます!

なぜやるのか

▼サブスクリプション経済の台頭 音楽、映画、洋服、車…。あらゆる商品の「モノからサービス化」が加速しています。サービスを提供する企業は新規ユーザーの獲得コストを出来る限り抑えたいので、ユーザーに何回でも/長い期間サービスを使って欲しいし、ユーザーは自分に合ったサービスを探したり、毎回使い方を学ぶのが面倒。サブスクリプションは両者のニーズを満たすサービスの提供形態なのです。つまり、モノのサービス化が進むにつれ、必然的にサブスクリプション経済が成長します。私たちはこの新しい経済モデルで最大限に力を発揮する事業を推進しています。 ▼ユーザーを「ファン」に変えるお手伝い サブスクリプションはサービスの提供者とユーザーの関係性が長期に継続する前提でビジネスが設計されています。事業KPIにおけるユーザーの継続率は最重要視標となるわけですが、解約を防ぎ、ユーザーに喜んでサービスを使ってもらうためにはプロダクト内におけるユーザーの満足度を可視化することが必須です。そこで、私たちはHiCustomerを通じて「ユーザーをファンに変える」ため、顧客のスコアリングとコミュニケーションを支援するサービスを提供することで、サブスクリプション事業者の売上最大化にコミットしていきます。

どうやっているのか

▼SaaSの経験豊富なチーム ・代表の鈴木はB2B SaaSへの投資・育成を行う会社出身。SaaSのプロダクト、事業の伸ばし方を熟知しており、ユーザーの課題を深く理解した状態でプロダクトの開発ができています。 ・エンジニア、デザイナーといった開発チームについてもB2Bシステムの開発経験が豊富なメンバーで構成されているため、この領域で力を発揮したい/伸ばしたい方にとっては絶好の環境です。 ▼創業直後の圧倒的0→1フェーズ ・大々的なマーケティングは未実施ながら、インバウンド/紹介で既に多くの引き合いを頂いています。創業直後のスタートアップながら蓋然性の高い事業開発が出来ており、非常にワクワクする日々を過ごすことが出来ています。 ▼働き方について ・目標へのコミットメントが強いメンバーが集まっていますが、毎日深夜まで鬼のように働くといったスタイルの会社ではありません。成果を出すために時間より効率性を重んじるカルチャーです。また、業務委託や副業といった雇用形態で働くメンバーもおり、フレキシブルな仕事のスタイルを選ぶことができます。

Page top icon