1
/
5

リモートワークもいいけど、対面だからこそ味わえる介護の魅力がある。

こんばんは、広報のヒロです!

今回はwantedlyのトレンドを見てみて、「リモートワーク」を含んだ記事がいくつかピックアップされていたので、タイトルに「リモートワーク」の文言を含めてみました(笑)

本っっ当に魅力ある会社で、本っっ当に魅力あるスタッフが多く在籍しているにも関わらず、僕自身の力量不足でまだまだ思ったように届けれていないのが悩みなので.....

ヒダマリグループの魅力を少しでも多くのwantedlyの読者に届けるために、今日はリモートワークが難しい職種No.1介護の魅力をお伝えしていきますね!

笑顔を見れること

スタッフに「介護の魅力って何ですか??」と聞くと、「利用者様の笑顔を見れることですかね」と決まって返ってくるんです。

「笑顔ってどんな職種でも見れるじゃん」って思うかもしれないですけど、僕自身は全然違うなと感じていて利用者様の笑顔って嘘偽りがなくて、本当に正直なんですよね。

嫌なときはすごく嫌な表情をしますし、反対に嬉しいときは飛び切りの笑顔を見せてくれる、リモートワークでは体験しづらいことだなと思います。

...

リモートワークしたことないんですけど(笑)

弊社、フィットネス経由で介護の仕事に興味を持ってくださるスタッフが多いです。なので、介護未経験の方もたくさんいます。

そんなスタッフたちが「キャリアの選択肢に介護士がなかったけど、利用者様の笑顔があることでこの仕事を続けれている」とよく話してくれます、それくらい利用者様の笑顔は魅力的なんです。

コミュニケーションを取れること

スタッフ間でのコミュニケーションもそうなんですけど、介護の魅力は一人ひとりの利用者様と向き合い、一対一で会話をできることなんです。

効率や生産性を大切にし、仕事を行うのであればリモートワークでも全く問題がないかと思うのですが、ヒダマリが目指している介護はそうじゃない。

もちろん効率や生産性も大事なのですが、利用者様の些細な様子の変化に気づき会話を展開できれば、仕事を楽しむことにも繋がるんですよね!

代表取締役 丹羽 悠介

中学生の時、おしゃれに興味を持ち始め美容師を目指し、名古屋の有名サロンに就職。安い給料に苦しみながらも充実した日々を送っていたが、尊敬していた先輩の退職や、また自分自身がビジネスに興味を持ち出していた事がきっかけで美容師を辞め起業をする。

しかし、コンサルタントと名乗る男に騙され多額の借金を背負うことになり、仲間を失い家族にも迷惑をかけたことで人との関りを持つことに恐怖を抱きひきこもるようになる。

利用者様のありがとう

そんな時、介護士をしている姉からご利用者様の髪の毛を切ってほしいと誘われ、やることもなかったのでなにも考えず参加することにしたがそこで人の温かみに触れた。

入所者の方はみんなこの日をとても楽しみにしてくれていたようで、髪を切り終わると「ありがとう」と笑顔で感謝の言葉を贈ってくれた。

そのとき、「あぁ、こんなに素直な感情を受け取ったのはいつぶりだろう」と心が洗われた気持ちになり、この業界のために何かしたいともう一度立ちあがるきっかけとなった。

というエピソードの通り、1人の利用者様のありがとうが1人の人生を変えたんですよね。

リモートワークもいいけど、介護もいいんです

ざっと、介護の魅力を書いてきましたが、代表取締役も介護も魅力になってしましました(笑)

ヒダマリグループの魅力であることは間違いないので、そのまま気にせず投稿をさせていただきますね!

おわりに

現在、株式会社ビジョナリーでは、超積極に採用活動をしてます!

愛知県と岐阜県、三重県で一緒に働ける仲間 (未経験OK) を大募集しています。

興味がある方はWantedlyやTwitterのDMへお気軽にご連絡ください!

HIDAMARIGROUPでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング