1
/
5

ジラフの事業企画部は何をしているのか詳しく聞いてみた

10月にリリースになったジラフの新事業、検品済携帯のフリマサイト「スマホのマーケット(略称:スママ)」を企画から立ち上げた事業企画部。今後の新しい展開に向けて、現在新しい人材を絶賛募集中だ。そこで今回は、新しい仲間を渇望する同部の藤谷俊祐に、事業企画部の仕事と求める人材について語ってもらった。

――ジラフの事業企画部の仕事とは

事業企画部とは、ジラフが展開している各事業の課題に対して、解決策を企画する部門で、エンジニアリングや営業といった特定の定まった機能を提供する部門とは異なり、幅広く様々なことが求められます。
現在ジラフが注力しているのが、事業企画部が主導となって立ち上げたばかりの新事業「スマホのマーケット(略称:スママ)」です。このサービスのブラッシュアップに向け、私のリソースのほとんどを割いている状況です。社内的にもスママを推進する部署のように思われているかもしれませんが、サービスがもっとスケールしていけば、私はフェードアウトしていくことになります。なので今後は、これまで十分にできていなかった企画提案をしっかりやっていきたいという思いがあります。

また、それに加えて事業企画部が携わっている業務があります。
ジラフには、開発部門や事業を遂行するオペレーション部門、そして営業部門等があります。さらにはマーケティング財務もある中で、それらが少しずつ関わってはいるけれども、どこの部署が主体となるべきなのかわからないような、微妙な領域の経営課題が発生した際に、それらを解決するための方策を立て、実行していく「遊軍」のような働きを求められているところが1つ。さらには、ディスカッションの中で生まれた企画が、既存の業務で対応しきれない場合にも、事業企画部の出番となります。スママの立ち上げも後者の流れから生まれた事業です。
その意味では、事業企画部の業務は企画だけではありますが、求められるスキルは実に多岐に渡っています。具体的には、自ら契約書を作成することもありますし、ある程度会計を理解していることも求められます。最近はSQLを勉強して自らスママのデータベースにアクセスし、データ分析をして定期的にレポートを提出するということもしています。

――どんな企画を立てるのか

現在ジラフでは、スママだけでなく、ヒカカク!、最安修理ドットコムにおいてもサービスの改善に向けて様々な企画が進行しています。例えばヒカカク!でいえば、これまでのヒカカク!はメディアとしての側面が強かったのですが、より買取業者様に使ってもらえる「ツール」となるための検討が進められていますし、最安修理ドットコムについても、これまでのPRの枠売りビジネスだけではない方向性に向けてパイロット的なテストが進められています。また、当然スママについても、まだまだリリースしたばかりですので追加オプションの検討等様々な企画が同時並行的に進められています。もちろんこれらの既存事業以外に、ジラフがやるべき新規事業の提案があれば社内でフラットに検討する素地がジラフにはあります。

――今回の募集で求める人材は?

社内の現状として、やらなければいけない企画が多数あるなか、リソースが不足しているために十分に検討できていないという状況があります。まずはこれらを自ら企画・実行していっていただきたいと考えています。アイデアというのは会社全体で常に検討していることでもあるので、これらをさばいたうえで「形にする」という部分で、リソースが足りていません。
何らかの経験があって、それをてこにして企画を動かしてみたいと考えている人を求めています。業界としては、リユース、リペア業界に対する経験や知見をお持ちの方がいればなおいいのかもしれませんが、それにこだわるわけではありません。

――事業企画部の仕事のやりがいとは

会社の規模がまだ小さいこともあって、企画したことがすぐ形になる臨場感は、普通の会社ではなかなか味わえないことではないかと思います。やはり企画から立ち上げたスママがリリースされた時は一日中Google Analyticsの画面でユーザー動向を見ながらしみじみ感慨にふけていましたし、つい最近もスママにコンビニ決済機能が付加されたのですがそんな些細なこと1つをとっても、ユーザーのコンバージョンがこう変わっていくのか、と体験として理解していけるというのはそんなに当たり前の環境ではないのではないでしょうか。当たり前のことかもしれませんが、やったものがすぐに形になっていく世界というのは、単純に楽しいですし、いい仕事だなと思います。


事業企画
フリマ"スマホのマーケット"を立ち上げる新規事業チームに参画しませんか?
ジラフは、社会のため、ユーザー様のために世界をより良い方向へ変えていくこと、役立つ存在となることを目指しています。 現在、「ヒカカク!」 「Peing -質問箱-」「magi」を運営しています。 ■買取価格比較サイト 『ヒカカク!』 https://hikakaku.com/  モノを売ろうと思っても「どこに売ったらいいのかわからない」「少しでも高く買い取ってくれるところに売りたい」という疑問や要望解決し、リユース市場のさらなる活性化を目指しています。 ■匿名質問サービス 『Peing ‐質問箱‐』https://peing.net/ 「質問をする」という行為は、人と人のコミュニケーションのきっかけを生み出すものです。匿名質問という特性を生かして、距離や地位、世代といった隔たりを越えた新しいコミュニケーションの形をつくることを目指しています。 ■トレカ特化のフリマアプリ 『magi』https://magi.camp/ 特化した機能や仕様で、トレカが簡単に売買できるフリマサービスです。世界中にいるプレイヤーやコレクターに愛されるサービスを目指しています。
株式会社ジラフ
株式会社ジラフ's job postings
20 Likes
20 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more