ヒトメディア社員紹介~プレゼン番長、CSRチームについて語る~

こんにちは、広報の永田です。今回はヒトメディアのCSRチームについてご紹介します。

日々全国各地を飛び回りいつも忙しそうなのに、オフィスでは笑い声や突っ込み(?!)が絶えない陽気なチーム。自称「ヒトメディアで最も真面目な部署だ」というのですが、果たして真相はいかに‥?!

チームリーダーの富野さんにお話を伺いました!

1.企業と教育現場を結ぶプロフェッショナルチーム

――CSRチームのお仕事について教えてください。

企業や業界団体に対して、教育現場におけるCSR活動のコンサルティングを行っています。企業が教育現場でCSR活動を行う際、教育現場とはカルチャーが全く異なるので、難航することも少なくありません。企業と教育現場、この風土の全く異なる二者の間に立って、仲立ちをするのが私たちの主な役割です。企業側の意向、教育現場側の意見を聞きながら、活動指針のコンセンサスづくり、コンテンツの開発、制作プランニングなどを行います。私たちは教育CSR活動のプランナーであると同時にコーディネーターでもあるんです。

また、普及啓発にも力を注いでいて、時には企業の活動計画に合わせて、全国各地の教育委員会にプログラム導入の提案に行ったり、教材を活用した授業の講師を務めるなど、導入先での支援やレポーティング業務も行ったりしています。開発から運営の最前線まで幅広く関われるのがこの仕事の魅力です。

――少々特殊な業界のように思いますが、富野さんはどのようなご経歴をお持ちなのでしょうか?

私は教育大学を卒業後、教育の現場を外側から支えたいという思いから、教育教材の企画・制作・出版を行う会社に新卒で入社しました。具体的には英語教材の販売や、1歳半~3歳までの幼児を対象とした親子教室の運営管理やカリキュラム開発、年中~中学3年生までのFAX指導の指導員や社員育成をしていました。企業のCSR活動が本格的に動き始めた2007年に転職しまして、企業のCSR活動のコンサルティングに携わるようになり、今に至ります。この10年で食育や疾病理解教育、金融経済教育の教材等の開発や普及啓発活動に携わってきました。

2.いつの間にかヒトメディアのプレゼン番長に

――チームメンバーについて教えてください。

現在CSRチームは3人で構成されています。デザイン会社など各種制作会社とのディレクションを行っている者が一人、そして昨年ジョインしたもう一人のメンバーには、主に新規営業を担当してもらっています。私は企業や団体、学校現場、教育委員会への企画・提案、チームメンバーのマネジメント等を行っています。

――少数精鋭の分業体制なのですね。富野さんは「プレゼン番長」の異名もあるとか?

毎週プレゼンばかりやっていたら、いつの間にか他部署の人からもそう呼ばれていました(笑)自分としては何か特別なことをしているつもりはなくて。私たちのサービスは企画段階では目に見えないものなので、相手がイメージしやすいように、どう伝えるかという工夫をすること。そして子供たちにどう影響するのか、企画にこめた想いをとにかく真摯に伝えるようにしています。結果として好評をいただき、社内でもプレゼンについての相談を受けるようになったことはとても嬉しいですね。

――CSRチームは独立部署ですが、社内での交流がさかんなのも印象的です。

そうですね。業務的に連携することが少ないからこそ、日常での関わり合いを大切にしています。コンペに企画を出す時も、社内から意見をもらったり、逆に他部署のサービスを見てそれに対する意見を伝えたり。CSRチームの仕事を知ってもらって、部署を越えて意見交換していくことで、社内に良い刺激がもたらされればいいなと思っています。チームメンバーに対しても、一緒になって関わり合いを広めていくことで、「何でもかんでも自分一人でやる」ではなく「どうしたら人をうまく巻き込んでいけるのか」ということを学んでもらいたいと思っています。

3.次世代教育を外側から支えていきたい

――チームだけでなく社内全体を見渡している富野さん、そんな富野さんでも大変なことってあるのでしょうか?

前述したように企業と教育現場という全く風土の異なる二者間の調整を行っているので、プロジェクト進行中も両者の認識が乖離しないように気を配っています。実績を重視するあまり徐々に本来の目的がぼやけてしまったり、両者の時間軸にズレが生じたり……。問題が生じた時もどちらかに偏らず、それぞれの意見・要望をしっかりヒアリングしたうえで新しい提案を考えていく必要があります。教育CSR活動は、「何が子供たちのためになるのか」ということが最重要項目なので、このミッションを基点に、両者にとってより良い提案ができるように努めています。大変なことがあってもチームで分かち合って、楽しみながら乗り越えていますよ!そういったことも含めて、仕事は人生の糧です。

――「仕事は人生の糧」……良い言葉です!最後に、今後の目標について教えてください!

私はこの仕事が天職だと思っているので、引き続き教育CSR活動のコンサルティング活動を通して、外側から次世代育成をサポートしていきたいです。子供たちは大人が思うより色々なことを知りたがっています。過去の経験からも、子供たちにとって不要な情報はないと考えているので、まずは情報に触れる機会を与えて、子供たち自身に選ばせる・考えさせるという過程をつくっていくことが大切です。そのために多様な業種の方に教育CSR活動を提案して、開発段階からコミットできる機会を創出していきたいと思っています。また社内に対しては、連携を強めて互いの仕事に刺激を与え合いながら相乗効果を生み出していければ。ヒトメディアの新しいミッション「ひとの成長に、かかわる」を、社内外で実現していきたいと思います。


まわりまで明るくする陽気さの裏には、教育に対する熱い想いとヒトメディアメンバーに対する愛情がありました。 富野さんありがとうございました!

株式会社ヒトメディア's job postings
Anonymous
27973529 10155340889877405 8352534632989244193 n
Picture?1523099876
11034241 790302571045721 24319121314649076 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Cd2785d0 0e79 465f be35 e5741e69f1aa?1508227911
8 Likes
Anonymous
27973529 10155340889877405 8352534632989244193 n
Picture?1523099876
11034241 790302571045721 24319121314649076 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
Cd2785d0 0e79 465f be35 e5741e69f1aa?1508227911
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon