もりたまくんスタンプリリースしました

ヒトメディア代表 森田正康のキャラクタースタンプをLINEスタンプで発売しました!

"もりたまくん"は数年前に社員が考案したキャラクターで、さりげないアップデートを加えながら、ミニサイズのぬいぐるみになったり、ステッカーになったりしていたわけですが、今回初めてLINEスタンプにデビューしました。

日常コミュニケーションで活用できる定番のものから、これから使える新年の挨拶モノ、森田を知っている人ならより楽しめる(⁈)特徴や嗜好を盛り込んだものになっています。


さて、ここから担当者であるデザインチームの田中氏に話を聞きます。

――この"もりたまくん"スタンプ、どういったきっかけで生まれたのでしょうか?

田中氏:もともとは、年賀状をどうするか、という話が発端です。ヒトメディアでは毎年デザインチームがレイアウトした年賀状を作成して投函していたのですが、時代もペーパーレスに進んでいるし、デジタルで何か送れないかと考えて、今年はLINEスタンプを採用しました。

今回は時間もあまりかけられなかったこともあって、ラフ画をこちらで製作し、清書・カラーリングは、専門の業者に委託しました。

――ラフ画製作にはどれくらい時間がかかったのでしょうか?

田中氏:そうですね、大体10時間前後でしょうか……。既に販売されている様々なスタンプを見て、大体50個くらい描きました。どういったタイプのものが人気で、使われやすいかということを考慮して、他のスタンプ例をチェックしている時間が結構長かったように思います。

年賀状が発端でしたので、最初は年賀状関連のパターンを多めに考えていましたが、汎用性があった方が良いよねということで、徐々に日常に使えるタイプも増やしていきました。ラフ案を森田さんご本人に確認して、業務進捗系のタイプも追加するなど、社内からも意見をいただいて、最終的に採用したのは40種となりました。

――確かに、「明日までにやってね」とか「まだ?」とかは、社内のコミュニケーションで使えそうです(笑)

田中氏が作成したラフ画の一例

――委託する専門業者もそれこそ星の数ほどあると思うのですが、選定にも時間がかかったのでは?

田中氏:委託先を探すのには結構苦労しましたね。コスト面や時間など、何を優先するかにもよるとは思うのですが、一番は、すでに制作されたサンプルから、企業の実力や得意とするテイストを見極めるのが大切かなと思います。"もりたまくん"は可愛いテイストというよりは、おもしろ系に寄ってますし、ラフ画の時点でちょっとリアルなテイストのバリエーションも作成していたので、それに合いそうな業者さんにお願いしました。

LINEスタンプの一番の関門は、申請が通るかどうか、ということだと思うのですが、お願いした業者さんはイラスト清書の段階から、イラストについたコメントに対して、どこがリジェクトされる(LINE側から申請を拒否されること)可能性が高いか、ということまで言及してくれたので、大変助けられました。

――やはり一番怖いのは、「リジェクト」ですか。

田中氏:ネットで見るとわかるのですが、申請から承認を得るまで時間は本当にまちまちで、1週間程度で通る場合もあれば、2週間、3週間かかるケースもあるみたいなんです。それだけ時間がかかって、結局リジェクトされてしまいました、というのは最悪のパターンなので。。当たり前のことではありますが、業者との打ち合わせを密に行って、一発で申請に通るようにということにはかなり気を配りました。

例えば、肖像権についての確認が行われる可能性があったので社内で予め根回しを行っておいたり、商品名などは商標の問題でリジェクトの原因になる可能性が高いので、表現方法を推敲したり……そういった知見を持っているのはやはり専門業者の方々なので、指摘いただけるのはかなり有難かったですね。

――結局トータルでどれくらいの時間がかかりましたか。

田中氏:ラフ画製作・社内調整・業者選定に1週間前後、業者さんでの清書・カラーリングに2週間ほど、申請から許可が下りるまでに1週間ほどで、トータルで1カ月ほどでしょうか。結果として、かなりスピーディに仕上げられたように思います。それと許可が下りるのが思いのほか早く、許可されてからリリースまでは数時間かかると聞いていましたが、即時という印象だったのには少々驚きました。

――その間、業者との連携、社内の調整等も多くあったと思いますが。

田中氏:そうですね。業者との窓口や代表への確認など、自分が主導すべきところは率先して動き、逆に自分より得意な人がいることについてはその方に連携していくようにしていました。

例えば、スタンプの登録は英語ベースで行うものなので、そこは社内のJapan Tour Guideに携わっているメンバーに協力していただきましたし、あとは広報と連携して、拡散用に必要な素材をヒアリングして、即時配信できるように準備したりしました。ゴールがはっきりしていたので、とにかくイニシアティブを持ってスケジュールを決めていくことは常に意識していましたね。

――最後に一言、メッセージをいただけますか?

田中氏:企業でLINEスタンプを製作する方の参考に少しでもなれば幸いです。あと、"もりたまくん"スタンプぜひ使ってください!笑

――田中さんありがとうございました!

さて、もういくつも寝るとお正月がやってきますね。

ヒトメディアでは、12月29日(金)~1月4日(木)まで冬季休業をいただきます。

引き続き求人も募集中ではございますが、期間中にいただいたご連絡は1月5日(金)以降に順次ご返信させていただきます。ご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

それではどうぞ良いお年をお迎えください。本年もありがとうございました!

株式会社ヒトメディア's job postings
Anonymous
11230972 963684397016617 2592330564985383545 n
1486048 599064466807239 808476278 o
65728 103929276340814 569066 n
13139166 10209248834918550 2813497149334984337 n
50f2fd14 6405 4bcc 9504 030e535d449e
9 Likes
Anonymous
11230972 963684397016617 2592330564985383545 n
1486048 599064466807239 808476278 o
65728 103929276340814 569066 n
13139166 10209248834918550 2813497149334984337 n
50f2fd14 6405 4bcc 9504 030e535d449e
9 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon