1
/
5

【泣く子も黙る営業会社出身の男が、ホッコリ集団に挑戦した理由】

【泣く子も黙る営業会社出身の男が、ホッコリ集団に挑戦した理由】
(ITソリューション事業部マネージャー 斉吉涼介)

こんにちは!広報担当の三田村です。

ハイウェルにはどんなメンバー達がいるのか?

もっと知って頂く為に社員インタビューを連載していきたいと思います。

栄えある第一弾は三田村の尊敬する上司でもある、
ITソリューション事業部マネージャーの斉吉涼介さんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<プロフィール>

斉吉 涼介(サイヨシ リョウスケ)

大学卒業後、東証一部上場の営業会社、モバイル系ITサービス企業を経て
ハイウェル入社、現在はITソリューション事業部マネージャー。
28歳(当時)でのマネージャー就任はハイウェル史上最年少。

・好きな食べ物

貝類(牡蠣、あわび、サザエ、赤貝)

・好きな飲み物

ホッピー(白)、梅干し入りサワー、赤ワイン

・座右の銘

真摯にひたむきに、ハクナ・マタタ(なんとかなるさ!)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではインタビュー本編をお楽しみください。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ーー現在の仕事を教えてください

現在はハイウェルの創業事業かつ主力事業である
フリーランスエンジニアの方のエージェントを行う
ITソリューション事業部でマネージャーをしています。

マネージャーといってもプレイングマネージャーなので
営業としても目標達成をしつつマネージャーとして
事業部の拡大、将来に向かって事業の幅を広げていくことがミッションです。

マネージャーとしての仕事は多岐に渡りますが
ざっと挙げると、

・メンバーマネジメント
・採用活動
・Webマーケティング
・リアルイベントのディレクション
・サービス拡充企画
・その他、アライアンス活動等々...

といったところでしょうか。

ーーハイウェルに出会うまでの経緯をおしえてください

私はハイウェルに入社する前に、超軍隊式で有名な某営業会社と
モバイル系ITサービス企業の2社を経験してきました。

新卒で入社した会社は同期が何百人といるような非常に大きな組織でしたが、
入社早々に体力と精神力を試される研修に参加したり、
今考えると尋常ではない量のテレアポをしたり、
成績が振るわないと厳しく叱咤されたりとなかなかハードは環境で、
営業としての心構えや基本はこの時期に鍛えられたと思います。

幸い途中で良い上司に恵まれ、その方と一緒に2社目に転職し、
不採算事業の立て直しとして、それまで20名で行っていた業務を
自分含めて4名の人員で運営できるよう再構築したり、
新規事業の立ち上げにかかわらせていただいたりと貴重な経験ができました。
もちろん失敗もたくさんありました。

実はこの当時から代表の近藤さんとは会食で何度か顔を合わせていました。

ーーハイウェルの入社の決め手はなんでしたか?

前職で自分自身の成長スピードに若干不安を感じていたこと、
また当時尊敬する上司がいて、本当に良くしてもらっていたのですが、
同時にその上司に「守られている自分」ということも感じており、
もっと立ち上げに近い環境で自分の力を試したいという気持ちがありました。

そしていくつかの選択肢の中で、最も挑戦しがいのある選択だと判断して
当時社員が4名しかいなかったハイウェルに入社を決めました。

ーーハイウェルに入社してみて入社前とのギャップはありましたか?

近藤さんはじめ一緒に働く方々とは元々接点があったため
人間関係といった点ではギャップはなかったですね。

一番大きなギャップは営業活動のスピード感の違いですね。
会社というか業界の違いですが、
それまで訪問したら売れるまで帰らない!という
一撃必殺のような営業ばかりしてきたので
情報交換から始まり関係性をだんだん構築していくというスタイルに驚かされました。

結果的には非常に心に余裕をもって仕事の質を高めていける様になったと思いますが(笑)

また、次に感じた違いとしては、自分の力だけで結果を出せるものではないということでした。

やはり扱ってる対象が「人」なので、その方自身の意思や能力がとても大きな要素として存在しています。

これまでは自分自身が商品でしたが、現在は自分はあくまで支援する立場として
顧客とご本人様のよい出会いをサポートするという形に変わったのは大きな変化ですね。

また、こだわっていたことが一つありました。
それは一刻でも早く自分にかかる販管費以上の成果を出して貢献したい、ということ。
これを入社3ヶ月でクリアできたときは正直ホッとしました笑

ーーハイウェルに入って良かったこと、また客観的に見たときにハイウェルの魅力はどこにあると感じますか。

最も良かったことは適切な評価をしてもらえているという実感があることですね。
あとは、会社を「ホーム」と感じながら仕事ができること。
この2点がハイウェルという会社の素晴らしいところだと感じています。

評価に関しては、単純な報酬や役職だけでなく、「任せる」という社長からの言葉が嬉しかったです。
捉え方によっては責任重大ですが、ワクワクでしかなかったと記憶しています。

会社の雰囲気も良いですね。
規模が小さいからと言ってしまえばそれまでですが、
事業部関係なく、皆で楽しく(まじめに)仕事が出来るのは、なかなか難しい事だと思います。

ーーこれからハイウェルをどんな会社にしていきたいですか?
  この記事を読んでいる読者にメッセージを宜しくお願いいたします。

私が所属しているITソリューション事業部は、
会社を支えている部署と矜持をもってマネージャーをさせてもらっています。
楽しく仕事が出来るのも、皆が頑張って業務をこなしているからなんです。

当面の目標は事業部の売上規模を現在の倍にしてきたいと考えています。

そのためにもメンバーを支えるだけでなく、
自分自身がマネージャーとして、もっと先のことを考え仕掛けていく、
ということをしていきたいと考えています。

働くメンバーたちが働きやすく、成果も出しやすいと感じられる会社にしたいですね。

ーーそのためにどんな方と一緒に働きたいですか?
  是非読者の方にメッセージを宜しくお願いいたします。

周りを明るくしてくれる人、挫けない人、一緒に仕事も遊びも楽しめる人
一緒に飲みにいける人、一緒に野球観戦にいける人。

最後の2つは完全に自分の趣味ですが(笑)

突き詰めると「自分が何をしたいか、どうなりたいか」、
つまり自分が大切にしたいことを明確に持っている人と一緒に働きたいですね。

これまでの経験を通じて、挫けない人とはそういった人だと感じています。

ハイウェルという包容力のある会社だからこそ
自分のしたいことを実現できる可能性が多分にあります。

もしご縁があり私とお話する機会があったら
当たり障りのない表面でなく、そのままのあなたを知りたいです。
どうか本音でぶつかってきてください!

ーー本日はお忙しい中本当にありがとうございました!

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

<取材者後述>
スマートな体型そのままに
これまでもキャリアもスマートに形成されてきたのかと
おもいきや、かなり泥臭い営業経験をしてきた斉吉さん。

改めてお話しをお伺いして斉吉さんの同僚や部下に対する
厳しくも温かいスタンスは家族同然に我々のことを
大切にしているからと感じたインビューでした。

今後とも宜しくお願いいたします!

【ハイウェルではともに働く仲間を募集しています!】

メリハリを持って働きたい方〜ITコーディネーター(営業)を熱烈募集!
https://www.ecareer.ne.jp/positions/00041365003/2

株式会社ハイウェルでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング