1
/
5

2万匹の金魚のクローンを作った経歴を持つ変態社員にインタビューをした。


おはようぐもにん。インターン生の高木です。

インターン生による社員インタビュー第3弾。

今回は採用マーケティング事業部の長、松本さんにインタビューをしてきたので、さっそくその様子をお届けします。

プロフィール

■氏名
松本 直也(まつもと なおや)

■経歴
 外資製薬会社・大手通信会社・大手人材会社など、
主に会社経営やコンサルティングに関わる分野で活躍。
後に、株式会社ハイウェル入社。

■所属部署及び仕事内容の概要

採用マーケティング部門を担当。
2019年4月1日より採用マーケティング部がハイウェルより分社化し、
株式会社来人コンサルティングとして事業展開。

■趣味

波乗り/魚観察/人間観察

魚が大好きな変態


(高木):本日はよろしくお願いします。

私、松本さんに面接してもらったんですけど、その時のこと覚えてますか?


(松本):覚えてるよ。なんか、生活に疲れてそうな青年がきたなーっていう印象だったなあ。


(高木):...どういうことですか??


(松本):若い人って普通、「頑張ってます!」っていうフレッシュな感じが出てるじゃない?

高木くんの場合は、初めて会って面接した時から世紀末のような顔をしてたよ。

新人さんの一番のアピールポイントはフレッシュさのはずなのに...

なんだったらフレッシュさを出そうっていうその心意気すら消え失せてるような...


(高木):フレッシュさ...あるじゃないですか。見てくださいよこの屈託のない笑顔。


(松本):笑顔が嘘くさいんだよなあ...(笑)

普通新人さんって、知らないことが多いから恐怖に怯えながらも好奇心があって、取り繕って笑顔を作ったりするじゃない?君の場合は笑顔から変にスレてる感じが伝わってくるのよね...

僕、人間観察と魚観察が好きだから、見てるとなんとなく君の背景が見えるよ...。


(高木):えっ...と(笑)

人間観察は置いておくとして、魚観察ってなんですか...?


(松本):魚を観察するのが好きなの。その一環で釣りもよくしに行くのよ。


(高木):そうなんですね!「釣り好きの人に悪い人はいない」って中澤裕子のお父さんが言ってましたよ。


(松本):あー、確かに。僕も釣り仲間に「善人」って言われたりするね。

魚を眺めてニヤニヤしてるような人に悪の心なんてないでしょきっと。


(高木):そういう観察なんですね...。それってどちらかというと変態のように思えますが...。


(松本):変態...もあるかもね。


大学の卒業論文を書く時に金魚のクローンを2万匹作ったんだよね。

「雌性発生」って言って、金魚のメスのクローンを作っていくんだけどさ。

全く同じ模様の、全く同じ金魚が量産されていってるのを見て「うふふふふ」ってやってたね。





(高木):楽しい...んですか?


(松本):そりゃあ楽しいよ!

2万匹のお父さんであり、2万匹の支配者だよ?

うじゃうじゃいる金魚が、皆僕の作った子どもたちだって考えると気持ちいいんだよね~!!


(高木):快感の得方が変態そのものですね...。



ハイウェルから"来人コンサルティング"へ


(高木):前置きが長くなってしまいました。

入社に至った経緯を教えてください!


(松本):前職は軍隊方式の営業会社で、そこでキビキビと働いている時に、当時ハイウェルで働いていた元同僚に誘われたのがきっかけです。

リファラル採用ってやつかな。

で、話だけでも聞いてみようかなって思って近藤社長に会った時に、久しぶりに暖かい社長を見てね。

「この人の下で働きたい」って思ったんだよね。

のびのびと新規事業をやろうと思ってプレゼンしてみたら、近藤さんが「面白い」って言ってくれたのは嬉しかったなあ。

これが僕のハイウェルの始まりだね。


(高木):ホッコリする話ですね~


(松本):で、入社した翌日に社員旅行に行きました(笑)

社員旅行目当てで入社日をその日に決めたくらいの勢いだったよ(笑)

改めて、「社長ありがとうございます!」だね。


(高木):どこに対してのありがとうなのかわからないですけど(笑)

今のお仕事の内容について伺ってもよろしいですか?


(松本):ざっくり言うと、採用マーケティングだね。

(高木):採用マーケティング部というと、4月に"株式会社来人コンサルティング"として分社化したんですよね?やっぱり忙しいですか?





(松本):うーん...。

まあ、忙しいことは忙しいけど。

元々割と忙しい事業部ではあったからね。

ただ、会社の立ち上げとか環境整備のほうは近藤社長が手伝ってくれてるから、僕はいつも通りセールスに専念出来てるよ。

自由にやらせてもらってて本当にありがたいね。

これも「社長ありがとうございます」だね(笑)


(高木):改めて、来人コンサルティングとしてやっていくことになって、何か変化はありますか?


(松本):仕事自体は特に変わってないから変化はあまりないかな!

ただ、僕が仕事をする上で今まで大事にしてきたことが、

「創ろう仕事の喜びを」

「機会は自ら創る」

「その機会を以て自らを変える」

っていう3点なんだけど、今回の分社化でそれを体現出来たのはすごく嬉しいです。

今後もこの軸をぶらさずに頑張ろう!って、気が引き締まったね。



(高木):最後に、ハイウェルのいいとこってどんなところだと思いますか?


(松本):「ほっこりしてるところ」は皆言っちゃってる... よね?(笑)

じゃあ、自由なところかな!

僕がハイウェルに入って新規事業を始めた時もそうだし、今もそうなんだけど、何か新しいことをしようと思った時に、結構何でもやらせてくれるんだよね。

「こんなのやってみたいんですけどどう思いますかー?」って社長に聞いてみると、

「面白そうじゃん。やってみなよ!」ってね。

挑戦するホッコリ集団」の名は伊達じゃないね!(笑)


高木:素敵なお話をありがとうございました!

ぜひ今度金魚のクローンの写真を見せてください(笑)

本日はどうもありがとうございました。


過去のインタビュー記事







株式会社ハイウェルでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ハイウェルからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?