1
/
5

Web初心者、Tech企業でインターンを始める。

こんにちは!

株式会社hokanでインターン生として働かせていただいている石曽根と申します。

本日は、保険とプログラミングについて素人の僕がhokanでインターンを始めるまでの経緯についてお話ししていきます。

自らの成長の場を求めている方、必見です!


ーーーまずは簡単に経歴を教えてくださいーーー

群馬の田舎の町で育ちました。経済的には決して豊かな環境ではなく、当然ながら塾には通えず、電車も使わず25km先の学校まで自転車で通う日々を過ごしました(笑)

その後、東京大学理科一類に進学し、この春から2年生になります。

高校時代に英語ディベートで培った英語力をビジネスの現場で使いたくて、AIESECという学生団体に参加しました。

一方で、周囲の学生と差をつけようと、企業のワンデー勉強会にも参加するうちに、本当に自分がやりたいことは何なのか見つめ直すようになりました。

その結果、自分が本当にやりたいことは家族の明るい暮らしを支える技術を多くの人々に提供することだと気づき、起業を志しました。

ーーーそれから実際にどんなアクションを起こしましたか?ーーー

起業をしたいと考えてはいるものの、会社はどうやってつくるのか、資金の調達はどうするのか、家族に迷惑はかけられない中で起業のリスクとどう向き合うのか…というように悩みが尽きませんでした。

こんなときには実際に起業を経験した方のお話をうかがうのが一番だろうと考え、興味を持った起業家の方にアポを取って面談をさせていただきました。

6名の起業家の方々とお話しをさせていただいて、彼らは自らの事業分野について軽く人の数倍は勉強をしている「超」スペシャリストであるというシンプルな結論に至りました。

そのタイミングで、僕のもとに一通のメッセージが届きました……。


ーーーどんなメッセージですか?ーーー

メッセージをくださったのはhokanの代表である尾花さんでした。

尾花さんはOB訪問用のアプリを通して僕のプロフィールに興味を持っていただいたとのことで、さっそく面会させていただきました。

一介の大学生に過ぎない僕の起業の目標を親身になって聞いてくださったことが本当に嬉しくて、尾花さんについて行って起業から経営まで一貫して学びたいと考えました。

ーーーそこから実際にインターンを始めたのですねーーー

……といきたいところですが、Webサービスを提供していくhokanのもとでプログラミングど素人の僕ができることといったら保険業界の最新事情の記事を書くことくらいでした。

しかも僕が起業して提供したいサービスにはプログラミングが必ず必要になると考えていたため、エンジニアへの道とは必ず向き合うことになると考えておりました。

そんなときに、尾花さんを含め数名のメンバーでミーティングをした際に、プログラミングについて何も知らない僕がいきなりフルスタックエンジニアの横塚さんのもとについて学ばせていただけるチャンスを尾花さんからいただきました。

チャレンジ精神とガッツだけが取り柄の僕はすぐに挑戦を決意しました。


ーーーhokanの魅力を教えてくださいーーー

生意気ながら、僕は働く際に「誰と何のために働くのか」ということについて重視したいと考えております。

謙虚に努力を積み重ねている、若くて熱意に溢れた社員の皆様に囲まれた環境で、技術と経営の両面から起業のための勉強ができるALLINSは起業家精神の持ち主にとって最高の環境です!

僕と一緒に株式会社hokanでインターンをしませんか?

hokanにはプログラミング未経験からでも急成長できる環境が整っています!

株式会社hokanでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング