1
/
5

《開発ブログ》Api通信の責任をもたせるResourceの作成

hokanのエンジニアは、週に一回メンバー内でローテーションしてブログを更新しています。

今日はPM兼エンジニアの中川によるブログ記事をご紹介します!

「Api通信の責任をもたせるResourceの作成」

をテーマに書いています。是非ご覧ください。

記事はコチラ⇩

Api通信の責任をもたせるResourceの作成 - hokan公式アカウント - Medium
react、vue、angular...etc どれを採用していたとしても、アプリケーションの規模が大きくなってきたり、開発メンバーが増えてくれば、保守性・可読性の維持が重要となります。保守性・可読性を高める文脈のなかで責任分離しっかりしよ!がありますが、今回は、Resourceクラスを作成しApi通信の責任を集約させ方について書いていきます。 まず、基底クラスとなるBaseResourceClassの作成です。 RESTなAPIでバックエンドが実装されていれば、エンドポイントの生成部分は容易に生成が可能
https://medium.com/@hokan_dev/api%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%81%AE%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%82%92%E3%82%82%E3%81%9F%E3%81%9B%E3%82%8Bresource%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90-6c0627e5a4b2

中川の関連記事はコチラ⇩


株式会社hokanでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社hokanからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?