Wantedlyを使うと運命のチームやシゴトに出会えたり、シゴト仲間のつながり管理が簡単になります

This page is intended for users in Japan. Transfer to the page for users in United States.
インタビュー

受けたご恩を世界中のスモールビジネス事業者のために。私がペライチで変える未来。

51
5

株式会社ホットスタートアップに入る前

私は小さい頃からとても負けず嫌いな性格でした。

小学生の時に、友達が空手の道着を着ている姿を見てかっこ良いなと思い空手道場に遊びに行きました。そこで私の人生の恩師とも言える道場の先生に誘われたことがきっかけとなり、その方の下で空手を始めることにしました。

道場に入って空手をはじめてみたものの毎日稽古が厳しかったんです。今だったら大問題になるようなしつけがあったり、当時はエアコンなんてなく、冬は氷点下・夏は40度以上という劣悪な環境でした。そんな稽古が毎日あり体力的にも辛かったです。それでも、負けず嫌いだったので、逃げずに立ち向かっていきました。
そんな空手を通して、人並み外れた忍耐力、相手を敬う心や礼儀礼節を学びました。また必ずしも良いとは言えない環境の中で県の代表として九州大会や全国大会に出場できていたことは大きな自信を与えてくれました。

その後大学から大学院へと進み新卒で東京の広告代理店、株式会社ライツアパートメントに入社しました。

私は大学院を出ているため、同い年の者達よりも2年遅いスタートであることを自覚していた為、社会人になって私は「他人の3倍考えて、他人の3倍働く」を意識していました。

新卒の頃は、飛び込みとテレアポをひたすらしました。エステ店の勧誘をやったときは、1日に200社以上もしくは個人宅も200軒以上回り、結果がでないと悔しくて納得がいかず、次の日が休みのときは漫画喫茶に泊まり、自主的に休み返上で結果がでるまでやり続けました。その合間をぬって、当時流行っていた「白いたい焼き」をスーパー銭湯の軒先で売ったり「光回線や携帯電話の1人代理店」をやっていました。ハートの強さはその頃に培われたと思います。そのようなベースを得て、小規模企業からナショナルクライアントまでのイベントやキャンペーン、マーケティング、PRなどの仕事をさせていただきました。

株式会社ホットスタートアップを立ち上げたきっかけ

もともと昔から友達だった橋田から1枚もののWEBページを簡単に作れるサービスをつくろうか考えていると声がかかり、前職の会社に勤めていた時代から、橋田や香月と一緒に集まって週末起業みたいな形でプロダクトを作り始めました。

私も当時、中小企業のWEBマーケティングに対して課題感を持っていたんですよね。
大企業は資金があることで質の高いページがつくれるし、ブランド力が高いので、費用対効果の高いプロモーションがしやすくなります。
更に、顧客をファンにする仕組みがあり、LTVを高められるためプロモーション費用に多くを投資できるので、新規顧客をさらに増やしていく。という良いスパイラルが生まれるんですね。
一方で、中小企業(特に小規模の企業)はどんなに魅力的なサービスや商品があっても、資金が足りなかったり作れる人材がいないことが多く、世の中に知ってもらう手段のWEBページを持てていない企業が50%を超えているんです。
せっかく良い商品を作ったとしても、戦う術がないので大企業との差がどんどん広がっていき、成長できる機会が失われてしまう場合が多いんです。
こういった課題感を感じており、良い商品を広めるためのページを誰でも簡単に作れるようにしたいなと思い起業しようと思いました。

現在

私はペライチで開発以外の業務全般を行っています。会社の経営はもちろんのこと、労務、法務、マーケティングや広報・PR、営業、セミナーの登壇やコピーライティングなどやることは多岐に渡ります。

私たちは『”つくれる”のその先へ』というビジョンを掲げており、それを達成するためにそれぞれが自分の役割を果たしています。
ペライチによってWebページを作れない人をなくし、誰でも簡単にページを持てるような社会にしていきたいと思っています。
まずは国内の人たちのつくれないをなくして、将来的には世界中の人たちがペライチを使ってページを誰でも持てる世の中にしていこうと思っています。

これからどうしていきたいか

ペライチによってまずは「つくれない人」をなくすべく、ペライチ自体のクオリティを上げつつ、ペライチの認知度を高めていきます。例えば、スマホでいつでも簡単にページを作れるスマホ版をリリースしたり、いつでもどこでもペライチでページを作ることを気軽に学べる「ペラ小屋」というものもトライしたいです。また、ペライチによってページがつくれるようになったとしても、ページを作ることはあくまでも手段であり、ページを手にした人達がその先の目的を達成できることこそが重要だと考えています。
イベントの集客をしたいだとか、自慢の商品を購入してほしいとか、自分たちのファンをつくりたいとか、ユーザーの皆さんの目的を達成しつつ皆さんのビジネスを伸ばしていくための仕組みを整えていく必要があります。

そのために、ペライチ上で様々なビジネス上の課題を解決できたり、ページを活用して事業やビジネスを成長させられることができる人材を育成するお手伝いをしていきたいと考えています。

現在、『ペライチを使ったページ制作やその後のマーケティング』に関する研修を開いたり、その研修費用に助成金を活用することで実質無料にし余ったお金を投資にまわせるような取り組みを試験的にはじめました。

こういった施策を今後もどんどん拡大していき多くの人たちの成長に寄与していきたいと思っています。
そうしていくことでペライチを使えば自分のビジネスがうまくいき、資金のあるなしに関係なく、良い商品やサービスを広められるようにしていきたいですね。

私がこれまでの人生でたくさんの方から与えていただいたことを、今度は自分が多くの方に与えていく番だと思っています。
これからはそういった、多くの方々の幸福に繋がることができるような、かっこ良い生き方をしていきたいですね。

Page top icon