Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(15)

なにをやっているのか

ハウテレビジョンは「学生と企業の真のマッチング」を実現するサービス作りを目指し、大学生向け就活メディア「外資就活ドットコム」(http://gaishishukatsu.com/) を運営しています。

外資就活ドットコムのサービス開始から5年が経ち、外資系トップ企業や日系トップ企業とのリレーションができ、学生間では口コミで広がり続け、東京大学、一橋大学、慶應義塾大学の就活生の2人に1人が利用するサービスまで成長しています。

当社では大学生の就職活動に留まらず、ユーザーがよりよいキャリアを築いていけるよう、今後は新規サービスも展開していきます。

なぜやるのか

私たちのミッションは「一人ひとりが世の中に生み出す価値を最大化する」ことです。
そのために、全ての人が仕事を通じた自己実現を可能にする、世界最大のリクルーティングプラットフォームを創ることを目指しています。

外資就活ドットコムは、代表の音成が外資系投資銀行に就職活動を行っていた折、情報不足のため大変苦労したことから、グローバルに活躍したいという志を持つ学生のために設立したのが始まりです。

これまで完全企業寄りだった求人メディアをユーザー(=求職者)側に取り戻そうと、2010年に設計・リリースしたのが「外資就活ドットコム」でした。このサイトを通して、選考情報のキュレーション・フェアな立場で提供されるコンテンツ・スケジュール管理・コミュニティ機能などをWEB/モバイル双方で提供し、大学生が就職活動をより便利に、かつ本質を捉えて進めていただくべく徹底サポートしています。

外資就活という名前ですが、外資系企業のみならず、日系企業の情報も掲載しています。
「グローバルに活躍したい」という志を持つ学生を支援するべく、ハウテレビジョンの社員は日々サービスの改善に挑んでいます。

どうやっているのか

大手就活サイトでは「学生にとって就職先を選ぶためにはどうしたらいいか」といった指針が全く提示されず、顧客ファーストを追求するあまり、学生の利便性を損なうメディア設計になってしまっている点が否めません。学生にとっては「1万社の求人企業から自分に合った企業を探せるか」、企業からすれば「志向も意欲もまちまちな大量の学生から本当に欲しい学生を探せるか」という問題が出てきます。

外資就活ドットコムは、フィールドを特化し、徹底的にユーザー=学生の立場に立ったメディアを作り上げています。ユーザーに玉石混合というイメージをもたれないよう、掲載する企業は審査を通じて厳選しており、掲載が断られる企業も珍しくありません。

コラムも充実させており、いわゆるトップ企業の就職活動に役立つ情報のほか、業界がかかえる問題点なども数多く発信しています。求人企業側のメリットとは相反しますが、現実を知った上で目指してほしいという意図からやっています。

私たちは、求職者と企業が真にマッチングする世界を実現したいと本気で思っています。求職者が仕事を通じた幸せを十二分に得ることができ、自己実現できるようになれば、1人1人が世の中に生み出す価値を最大化することができ、企業側もハッピーになります。またそこに向けて、大学生・社会人に向けた能力強化ツールについても合わせて開発予定です。日本の人材レベルを底上げすることで、社会に貢献できればと思っています。

■■■ハウテレビジョンで働く魅力 ■■■

①営業もSQLやスクレイピングを使いこなす"データドリブンカンパニー"
弊社は殆どの社員がSQL、GA、Redashを使いこなします。
毎日のKPI集計の大半は自動化されており、最速でPDCAを回す体制を日々追求しており、事業成長にスピーディーに取り組める文化と環境があります。

②完全内製のスピーディーな開発体制
外資就活ドットコムでは100%内製の開発体制を設け、検証された施策を即実行できるスピーディーな開発体制を作っています。
「こういう施策を実装したい」と思っても、中々開発工数が割けない、追いつかないという悩みはありません。

③成長期に入る価値。責任をもってサービスをリードできるポジション
今回募集するのは各ポジションの責任者候補になっていただける人材です。
幅広い業務領域で大きな裁量権を持っていただき、優れたエンジニアやデザイナーと協力し、共に成長しながら、サービスを作り上げていくことができます。

▼その他働く環境・働くメリット
・必要な書籍・ソフトは会社で全て購入します。
・まだ社員も限られる成長期だからこそ、自身の裁量と提案により様々な挑戦ができます。
・プロダクト部門には経験豊富なエンジニア、ディレクター、デザイナーが在籍しております。

Page top icon