笑いの絶えないチームで挑戦し続ける! 若き開発リーダーが取り組むチームビルディング

今回は開発チームをまとめる若きリーダー、エンジニアの大里健祐をご紹介します。

開発本部エンジニアとして「外資就活ドットコム」のフロントエンド、サーバサイド、インフラ、デザインなど領域を問わず開発を行う傍ら、開発チームのリーダーとして他部署との折衝や採用活動にも従事している大里。若手ながらチームメンバーだけでなく他部署からも厚い信頼を集める彼のチームビルディングにかける思いをインタビューしました。

===================
大里 健祐(おおさと けんすけ) プロフィール
大学在学中から約2年半テレビ番組制作会社でテレビ、PRのリサーチ、広告のプランニングやWebサービスの立ち上げに従事。その後、Webエンジニアへの転向を決め、受託・SES・自社パッケージ開発などを行うシステム開発会社に入社し、約1年半にわたりさまざまなシステム開発の現場で経験を積む。
2015年ハウテレビジョン入社。入社後は「外資就活ドットコム」のサービスに関し、インフラ、フロントエンド、サーバサイド、デザインなど領域を問わず開発を行うほか、開発チームのリーダーとして、他部署との調整や開発スケジュールの決定、採用活動なども行う。趣味は自転車(ロードバイク)。
===================

ーーハウテレビジョンに入社するまではどんな業務を?

1社目は大学在学中のアルバイト先だった、テレビ番組制作やWebサービスを提供する会社にそのまま社員として就職しました。そこではテレビ、PRのリサーチ、広告のプランニングやWebサービスの立ち上げなどに関わっていました。

最後に担当していたWebサービス、プレスリリース配信システムの立ち上げプロジェクトでは、自身はリリースの送付先となるメディアリストの調査・作成を担当していました。

残念ながら開発委託先の事情により、サービスはリリースまで漕ぎ着けなかったのですが、このプロジェクトでの経験がきっかけとなって「自分で開発が出来るようになりたい」と思うようになりました。

そこで受託・SES・自社パッケージ開発などシステム開発を専門に行う会社に転職しました。未経験でしたが、自身の希望通りWebエンジニアとしてアサインされ、約1年半にわたり、まさに気持ち悪くなるほどコードを書きながら技術を身につけました。比較的小規模の組織で未経験のエンジニアを育てる社風だったため、インフラ、フロントエンド、サーバーサイド、デザインなど一通りの経験を積むことができました。

良い意味で「キラキラしていない」雰囲気に惹かれ入社

ーーハウテレビジョンに入社したきっかけは?

力試しのために登録した転職サイト経由でスカウトを受け取ったことがきっかけでした。

スカウトを受けた会社のうち3社で迷っていたのですが、最終的に1社に絞り込む際に重視したポイントはチーム体制と雰囲気です。

1つ目の会社はエンジニアが社内に1人しかおらず、外部のパートナーを使って開発を行うような体制だったので、チームで働きたい自分の希望とは違っていました。2つ目の会社にはチームはありましたが若いスタッフばかりで、メンバーのノリが自分にはしっくり来なかったんです。

3つ目の会社がハウテレビジョンでした。印象としては、とにかくチームの雰囲気が良かったです。面接ではいろいろなメンバーに次々に会わせてもらったんですが、みな一様に話しやすく、「このチームで一緒に働きたい」と思い入社を決意しました。

具体的にどんな雰囲気かと聞かれると説明が難しいんですが、良い意味で「キラキラしている感じが無い」んです。「キラキラしていない」と言ってしまうとネガティブな印象をもたれるかもしれませんが、そうではなく、あんまり浮かれていないというか、みんな落ち着いている。地に足がついていると言ってもいいかもしれません。

ーーそのお陰か、開発チームには「何があっても大丈夫」と思わせる安心感がありますね! 現在はどんな業務を担当していますか?

「外資就活ドットコム」のWebシステムやスマホアプリの開発・保守です。使ってくれる学生にとってより便利になる追加機能を開発したり、営業チームと一緒に新しい商品を開発したりします。併せて技術課題の解消も積極的に進めていますね。技術的には特に領域を縛らず、フロントエンド、サーバサイド、デザイン、インフラなど幅広く触ります。

また、他部署との窓口になって開発案件を吸い上げたり、開発の優先度を決めるために取りまとめたり、といった役割も担当しています。最近は採用にも関わるようになり、来期の採用計画について経営陣と話したり、その計画にもとづいて採用活動を推進したりもしています。

ーー周囲からもマネジメント能力の高さには定評があります。業務を進めるうえで心がけていることはありますか。

「マネジメント能力」が何なのかは僕にもよく分かりませんが、チームビルディングについては人一倍関心があり、意識して進めています。性格的に組織体制が整っていないと気になるんです。もともとチームビルディングやマネジメントを希望していたわけではありませんでしたが、目の前の課題に取り組んでいるうちに、自然と今の状態になっていました。

開発チーム内の空気を良くすることはもちろんですが、他部署との関わりにも気を遣っています。開発チームが他部署から白い目で見られないように気を配ったりとか…笑。

ーーご自身では特にどんなことに注力していますか。

採用活動も積極的に行っています。来年下旬には開発チームを15名程度の体制にしたいと考えていますので、これからまだまだ社員を採用する必要があります。

また、技術的に新しいことや挑戦的なことにも取り組もうとしています。

たとえば、現在進めているスマホアプリのリニューアルでは、“ReactNative”というJavaScriptの知識でネイティブアプリを開発できるフレームワークを導入しています。まだまだ知見の少ない技術ではありますが、「Webエンジニアでもネイティブアプリを開発したい!」という声から導入が決まりました。また、バックエンドも“Go言語”を使ってリニューアルを進める予定です。

エンジニアとして面白いもの、ワクワクするものを使っていくことにより、今いるメンバーだけでなく、将来入るメンバーにも魅力的なチームになると考えています。

また、ビジネスサイドの人との話し方には常に気をつけています。もともと文系出身なので非エンジニアに伝わりづらいポイントは何となく分かるため、専門用語は噛み砕いて分かりやすく伝えるようにしています。

アプリリニューアル、API統合など、チャレンジが盛り沢山

ーー今後チームとしてチャレンジしたいことはありますか。

目下の目標としては来春に予定しているスマホアプリのリニューアルをやり遂げるということですね。

このリニューアルはアプリの利用数やダウンロード数を増やすことを目的としています。

現在はアプリのダウンロードができていても別途会員登録をしないとサービスが使えないのですが、今後はアプリのダウンロードから先に始める人でも使いやすいように設計を見直したり、全体的なデザインやUIの変更などもする予定です。

またこのリニューアルに併せ、APIをGoで作り直す予定です。サービス開始から8年目となる外資就活ドットコムも今やレガシーなシステムになってしまったため、このAPIの作り直しはかなり壮大な挑戦かな、と思っています。ですが、APIの書き換えは開発効率向上やエンジニアのスキル・モチベーション向上にもつながるので、非常に貴重なチャンスだと捉えています。

ーーハウテレビジョンの開発チームの魅力は何だと思いますか?周りのメンバーにはどんなタイプの人がいますか。

メンバー同士はとても仲が良いことが挙げられると思います。

またチームとして大切にしていることは、難しい言葉で「心理的安全」と言われる考え方です。誰でも何でも相談できるし、「これを聞いたらバカにされるかな」といった無駄な気づかいのいらないチームを目指しています。

外部の勉強会に参加するメンバーも多いですので、エンジニアには勉強家は多いかもしれませんね。

「“ビジネスサイドに絡みつく”開発チーム」を目指す

ーーチームのスローガン「ビジネスサイドに絡みつき、笑いの絶えないチームで、挑戦し続ける」に込められた思いをお聞かせください。

大きく分けて3つあります。

まず「ビジネスサイドに絡みつき」では、単なる受託業者のようにビジネスサイドに言われたものをただただ作るのではなく「もっとよいやり方はないか」と検討できる姿勢を持ちたいということ。

また「笑いの絶えない」というところで心理的安全性の高さを表現しています。不必要にピリピリせず、失敗を責められない空気。失敗するよりも停滞する方が良くないことだと思えるようなチームでありたいと思いますね。メンバー同士の「仲の良さ」や「笑い」は必ずしも必要ではありませんが、スキあらば笑わせようと企んでいる人は多いです。

最後の「挑戦し続ける」が一番大事なところで、ビジネス的にもインパクトが大きく、技術的にも挑戦し甲斐のある選択をし続けられるチームを目指しています。挑戦するとどうしても失敗が伴うと思うので、先にお話した心理的安全性の高さが重要になってきますね。

ーー当社の開発チーム独自の活動がありましたらお聞かせください。

昨年は出来なかったのですが、基本年に一度のペースで開発合宿を実施しており、今年は11月に千葉に行ってきました。今回の合宿では、「ReactNativeかGoで何か作る」というテーマでそれぞれ開発を行いました。

開発合宿は素晴らしいです!

新しいものを始めるにはある程度まとまった時間をかけ、腰を据えて取り組む必要があります。どうしてもオフィスにいると周りから声を掛けられたり割り込みが入ってしまったりしますが、オフィスを出ることにより日々の業務から離れることができます。また終電を気にする必要がなく非常に集中できるうえ、得られるものも大きいです。

将来的にはこうした開発合宿を年3回くらい開催したいと考えています。

また、毎週金曜日夕方に社内で集まって1時間程度の勉強会“Go+React Friday”も開催しています。実はメルカリさんのパクリなんですけどね(笑)。

こうした新しい取り組みを継続するには、最初にあまり気合を入れ過ぎずゆるく続けるのがコツと聞いたので、特にその回のスピーカーを決めたりもせず、話したいことのあるメンバーがその時に気になったトピックを話すことにしています。

また、夜、急に「外資就活」「Liiga」のエンジニアが集まってボードゲームを始めたりすることもありますよ。誰が買ってきたのか、知らないうちに社内のボードゲームが少しずつ増えています。ボードゲームに限らずですが、ゲーム好きが集まっている気がします。


「大事なのはその人と一緒に京都旅行に行けるか」

ーーどんな方と一緒に働きたいですか。

チームのカルチャーにマッチして、かつ、成長意欲の高い方ですかね。

他社のエンジニアの方が「採用する時の目線は、スキルがどうこうといったことよりも、『この人と一緒に京都旅行に行けるか?』だ」という話をされていて印象に残っています。もちろん最低限の技術力もチェックしますが、技術は入社後にキャッチアップすれば良いし、どうせ入社後も勉強し続けなければならないものです。近視眼的に即戦力になる人ばかり採用するのではなく、チームに馴染んでチーム力を高めてくれる人に仲間になってもらいたいです。そのため、採用面接では時間の許す限りメンバー全員が会うようにしたいと思っています。

ーー転職を考えている方へのメッセージをお願いします。

今後も挑戦できる環境を用意し続けたいと思っています。これは私の勝手な考えなんですが、来年以降は常に新しいことを生み出す仕組みを作り出したいとひそかに考えています。1→10でなく、0→1に取り組めるような環境を生み出したいです。

将来的には開発チームも含め社内のあちこちで新しいビジネスの種が生まれる環境ができるといいなと。新しいことをやるときには新しい技術を身につけることができるのでエンジニアにとってもありがたいんです。また技術選定についてはあまり細かいことを言われないので、自由度は高いと思います。

株式会社ハウテレビジョン's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more