第二新卒の私がProFutureの営業を選んだ理由

「待ちの仕事」スタイルに疑問を感じたのが転職のきっかけ

前職ではインテリアの販売に携わり、今とは異なったBtoCの業界で働いていました。ではなぜ「BtoB」業界へ転職したのか?

その理由は、営業職として入社をしたはずの配属された部署では、家具が欲しい人が自分のもとに来てくれる「待ち」の仕事のスタイルで、そこに疑問を感じたためです。

「このままで自分は営業職として成長できるのだろうか、もっと別の働き方もあるのではないか?ダラダラと過ごすより環境を変えるのは早い方が良いはず・・・!」 そう思い、すぐ転職を決意しました。

またこうした経緯から「モノ」自体を販売するBtoCよりも、自社の「サービス」に営業職として自分の考えた「提案」を付け加え、お客様の持つ課題の「ソリューション」としていただくことに魅力を思えたため、BtoBを転職の軸と考えました。

まったく違う環境に飛び込み、やっていけるのだろうか・・・と悩みながらの転職活動

法人営業に魅力を感じていた反面、不安も大きかったことも事実です。 まったく違う環境に飛び込み、やっていけるのだろうか・・・と悩みながらの転職活動となりました。そんな中で知った、ProFutureを選んだ理由はいくつもありますが、一言にまとめると「ここで働いた時の自分をイメージ出来た」からです。 ProFutureの取り組み、つまりは 「企業で働く人たちに影響力持つ、人事の方々へ有益な情報を提供することによって人の仕事・生活を豊かにする手助けができる」ことに興味を抱きました。そう思い受けた面接では、各部門の方々とお話しする機会を設けていただき、また違った面での魅力を感じました。 それは働く企業としての魅力です。

ProFutureが、仕事を行う上で大事にしていることとして掲げている、「自分・家族第一主義」「個の自律、プロ意識」「チームワーク&コミュニケーション」「変化を恐れず楽しむ挑戦心」を社員それぞれが実践していることや、社員さんのプライベートの過ごし方なども面接でお聞きすることができ「仕事」のみに関わらず、自分の「生活」全体をイメージでき、面接を通じて「ここで働きたい!」という意思をより強く持ちました。

入社して感じたHR業界の領域の奥の深さ

実際に働き始めて真っ先に感じたことはHR業界の領域の奥の深さです。 なかなか他の企業では、触れることの出来ない、しかし働くうえで重要なポイントである「人事」について世間の取り組みや新しいシステム、それらに携われることがProFutureで働く魅力だと思います。 「人事」に関するトレンドは流れが早く、その変化についていくためにも知識欲があり、アクティブな社員が活躍できる職場であると感じました。

また社休日や有給の取得などを通じて、計画的にプライベートを過ごすことができています。「しっかりと休むことでメリハリをつけて仕事にのぞむ」「しっかりと仕事をしたのでプライベートも充実させる」両方向の考えを持っているのがProFutureなのではないかと感じています。

ProFutureで働くうえでの目標

営業職として数字を追うことはもちろん、お客様のご要望にしっかり応えて信頼を得られるようになりたいです。先輩方は自分の強みを活かして営業をしているので、私も「強み」を見つけ、自分を客観視しながら成長したいと思います。

ProFuture株式会社's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
E5201e23 ae52 44b0 ac81 128b05197183?1520387885
12003303 729746133797637 322155676838393398 n
3 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
E5201e23 ae52 44b0 ac81 128b05197183?1520387885
12003303 729746133797637 322155676838393398 n
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon