Hubbleに1人目のセールスがジョイン!「本当に売りたいプロダクトに出会った」と語る真意と今後の展望

こんにちは!Hubbleの採用支援をさせていただいております、山根と申します!
Hubble採用インタビュー第4弾は、セールスの山本さんにお話を伺いました!

1人目のセールスとしてHubbleにジョインした山本さん。
これまでトップセールスを走ってきた彼だからこそわかる「Hubbleの魅力」や「働くうえで大切にしていること」について惜しみなく語っていただきました。

それではご覧ください!!

自分の市場価値を高め続けて気づいたこと

ーHubbleへ入社するまでのキャリアについて教えてください。

はい。新卒では株式会社スタッフサービスへ入社し、人材派遣・人材紹介の営業を担当していました。
求職者と求人をマッチングする業務なのですが、配属されました部署が業界では珍しい体制を敷いており、求職者と求人を双方獲得する所から成約まで、そしてマッチング後のフォローアップなどを一人で対応する形でした。非常にカバー範囲が広い為、様々な経験を積ませて頂きました。

営業としては「まず、やる」を常に心がけていたので、何事も思い付いたことは必ず挑戦していました。その分1年目は、やはり失敗も多く当時の上司には毎日かなり怒られましたね(笑)

悔しい思いもしましたが、人の2倍.3倍と行動することで自然と結果が付いてき出しました。
1年目には年間新人賞。2.3年目には半年・年間全社MVPなど複数の賞を獲得することができました。

3年目も終わるタイミングで、今後のキャリアを考えた時に、“自分ができる事は果たして社会でどれくらい価値のある事なのだろうか” という疑問が浮かび、そこから “もっともっと自分の市場価値を高めたい” という想いに変わり転職しようと考えました。


ーそのときはどんな軸で転職活動をしたんでしょうか?

転職先はメドレーという会社で、遠隔診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」というクリニック向け医療SaaSのセールスのポジションを担当しました。

転職の軸ですが、

 ・ポジションがセールスである
 ・様々なバックグラウンドを持つ方々と働きたい
 ・より経営に近い所で働ける
 ・プロダクトを自社で扱っている

以上が、当時転職活動の際に重要にしていた軸ですかね。


ー入社の決め手はなんだったんでしょうか?

前職では、困っている人を自分の手でダイレクトに助けられる事にとてもやりがいを感じながらも、社会的なインパクトがどうしても小さく感じてしまい、営業として目的を失いかけていました。

メドレーの採用面接の際に、「何の為にこの商材を売るのか」というすごく抽象的でわかりづらい質問をぶつけてみたのですが、「ITの力で医療を変える」と言う話を当時の役員がしてくださり、現在の医療を取り巻く状況や、越えるべき壁についても詳細に教えていただいたことを鮮明に覚えています。面接途中ではありましたが、このときにはすでにもう入社したいなと思ってましたね(笑)

実際に入社後は、このときの気持ちのままビジョンの実現に向けて、エモーショナルにお客様へ夢を伝え続ける仕事ができたことは本当に楽しかったです。


ー実際に入社してからのことを教えてください。

セールスとして入社し、2ヶ月程でセールスリーダーに任命していただき、その後は常にトップセールスとして業績を残すことができました。
メドレーは、各部署のトップに元医師やグーグル出身、外資系コンサル出身の方々などがいまして、非常に優秀な方々と近くで一緒に働かせて頂けたことは自分にとっては凄く良い経験でした。

加えてベンチャー特有の意思決定の早さも間近で見ることができたため、非常にエキサイティングな毎日を過ごすことができました。
また、執行役員で筋肉ムキムキの人がいるのですが(笑)その方からセールスとしての担当業務以外のことを学ばせていただきました。それは今の職場でも120%生きていると言えますね。


ーまさに1社目でモヤモヤしていたことを学ぶ機会を得られたんですね。

本当に学びは多かったです。営業の1プレイヤーとしてではなく、事業や組織を俯瞰して、戦略や仕組み化を考える一歩目を学ばせてもらいました。
感謝しかないです。

それまでの価値観をひっくり返された Hubbleの衝撃

ーその後、Hubbleにジョインされたんですよね。どんなきっかけがあったんですか?

具体的に転職を考えていた訳ではありませんでしたが、今後自分をもっと成長させるときに必要なものはより大きな “役割”“責任” ではないかと感じており、そのタイミングでちょうどHubbleの話を友人から聞きました。

メドレーで優秀な方々に囲まれながら今の自分にできることを続けていくことと、できるかわからないことに挑戦して何か大きなことを成し遂げることを考えたときに、後者への想いが強くなっていくのを日に日に感じていましたので、良い機会と思い一度ラフに話を聞いてみることにしました。そこで最初に会ったのがCLO(最高法務責任者)の酒井です。

酒井は、自分の思いを “真っ直ぐ” に語る真摯な人柄が印象的でした。実力を見定めてやろうとか、駆け引きをしようとか、そういう表裏を全く感じなかったんですよね・・・
「すごいセールスがいるって聞いて、今日来ました。僕たちはすごく思い入れのある良いサービスを作ってるんだけど、まだまだ売り方などが模索中で、、」といった感じでした。

大きく見せない姿勢や、変に謙遜しない姿勢に、とても好感を持ったのを覚えてます。
さらに「資金調達は今こんな感じ」「こういうツールを入れている」などの情報も割とオープンにしてくれたところも僕に取っては凄いプラスでしたね。昔からなんですけど、飾らないスタイルで接せられる人が好きで、そこは入社の決め手の一つではあると思います。酒井を通してHubbleの社風などもよく伝わってきたので、それも大きかったですね。

ただ正直、当時はHubbleのことを何も知らないですし、どれだけ価値があるプロダクトなのかもよく分からない状況でしたので、僕からは「世の中にとっていいものを本当に作っているのか?」と腹を割って質問しました。酒井はそれに対して「ニッチな領域ではあるが、全員が本気で法務の仕事を変えたいと思っていて、間違いなくいいものを作っている」とハッキリ答えてくれたんですよね。やり取りの中で、酒井が誠実な人間である事は理解していたので、その答えを自分も信じることができましたね。
その後、何度か対応する自分の仕事の幅などを打ち合わせして、今後のHubbleの可能性の大きさに魅せられて入社を決めました。


ー今、Hubbleではどんな仕事に携わっていますか?

主に商談の創出から商談実施までを担当しています。
Hubbleでは、リード獲得→アポ獲得→受注→サポートという流れを各セクション毎にSalesforce を使いクラウド上に情報を一元管理しています。

入社してすぐの頃は、本当に何も整理されていない状況でしたので(笑)
マーケティング・インサイドセールス・フィールドセールス・カスタマーサクセスなどのポジションと役割をしっかりと分け、オペレーションを組み効率的に運べる仕組みをまず構築しました。現在は、問い合わせ数が多くなってきたので、顧客対応(主にセールス)に注力していますね。


ーこれまでの環境に比べてギャップもあったかと思われます。Hubbleに入って驚いたことはありますか?

まず、一度でもプロダクトのお話をさせていただいたお客様からは反響が大変良い点です。
前々職では人材、前職では医療SaaSの営業をしておりましたが、当たり前ですが基本的にはお客様が全員その商品を欲してる訳はなく、場合によっては時に厳しいご意見をいただくこともしばしばでした。
ですが、Hubbleは基本的に一度お話をさせていただいたお客様からは前向きな発言が多く、これには最初本当にびっくりしましたね。“法務” というバックオフィスに対して確かなニーズを持ったプロダクトなんだと日々実感しています。

あとは、Hubbleのメンバーはエンジニア含め全員が高いコミュニケーションスキルを持っている点です。
職種の壁などと良く言われますが、今のHubbleからはこの事象とかは想像ができないですね。
もちろん、この人数でやっているという事はあるかもしれませんが、それ以上に日常的に取るコミュニケーション量が多い点もあると思います。メンバーによっては時にリモートで働くこともありますが、プロジェクトやタスクの進捗に関してはしっかりと連携が取れており、期日には調整ができている印象です。これも全員がコミュニケーション自体がそもそも好きというところがあるかもしれません。これは良い意味でギャップでしたね。

総じてですが、僕が目指してきた「セールスを極める」ということは、ある意味「どんなものでも売れる」スキルを身に着けることですが、ここには常に多くの葛藤が生じると思います。「本当に売りたい」と思えるプロダクトと、その思いを同じくする仲間に出会えたのは、自分にとってとても大きなことです。


世の中の「負」を解決したい、熱い想いを持った方Wanted!

ー一緒に働く仲間の魅力もとても大きいんですね。

Hubbleのメンバーは、それまでのキャリアで全員が法律業界に関わってきたわけではありません。ただ、世の中の「負」を解消したいという思いは全員が共通して持っており、僕もその想いに共感し一緒に働くことを決めました。

酒井だけでなく、CEOの早川やCTOの藤井をはじめとするHubbleのメンバーは、個々で事業をやっていたものもおり、市場から見ても非常に高スキルな人間ばかりです。そういったメンバーが集まっているからこそ、「法務の仕事をするみんなが本当に使いやすいものを作りたい」と純粋に追求することができるのだと思います。


ー今後どんなセールスチームを作っていきたいですか?フィードを見ている方へメッセージをお願いします!

今、Hubbleが必要としているのは、「世の中に対して“本当に”いいものを提供しよう」という思いを持っている方です。例え法務のことが全くわからなくても、強い思いさえあれば誰でも活躍できます。特別な力はいらないですし、まずはHubbleというプロダクトを好きになることこそが、セールスにおいて一番大事なことだと思っています!

失敗しても、何回言い直してもいいので、“自分の言葉で” 想いを語れるセールスの方と一緒に働きたいです。Hubbleは人に伝えたくなるような、そんな法務クラウドを提供しています。

魅力がたくさんの会社なので、是非一度オフィスに遊びに来てください!(笑)
そして、共感していただける方は是非一緒に働いていただけると嬉しいです!!!

株式会社Hubble's job postings
Anonymous
4ddbeabd a837 4a29 86a1 91153fb29c77?1563877789
F5aff6bf 8c72 491d beab 9910ab7a7ab9?1563965645
7a850988 fec8 4c75 911f 7058a60a8e8d?1552473985
Picture?height=40&width=40
70c12fd9 6735 4edf 832c 528085424982?1511867771
5 Likes
Anonymous
4ddbeabd a837 4a29 86a1 91153fb29c77?1563877789
F5aff6bf 8c72 491d beab 9910ab7a7ab9?1563965645
7a850988 fec8 4c75 911f 7058a60a8e8d?1552473985
Picture?height=40&width=40
70c12fd9 6735 4edf 832c 528085424982?1511867771
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon