Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

メンバー

全員みる(52)

なにをやっているのか

「文化となるWebサービスをつくる」をミッションに、webサービスの運営・開発を行っています。
現在は主にチケット売買のC2Cサービス「チケットキャンプ」を運営しています。
■チケットキャンプ 
https://ticketcamp.net/

 2013年、笹森は楽天、ジンガジャパンを経て当社を創業。 前職での部下が、ライブチケットを入手できずオークションサイトで血眼になっている姿を見かけ、“チケットのC to C”という領域にビジネスチャンスを見出したことがキッカケでリリース。
創業2年目の2015年には、ミクシィから115億円という高い評価を受けグループ入り。
現在登録会員数は300万人を超え、月次流通総額は前年比161%の約58億円にまでに成長を遂げました。

なぜやるのか

■チケットキャンプの存在意義
「せっかくチケットを買ったのにコンサートに行けなくなってしまった」
「一緒に行く友達が体調不良になってチケットが1枚余ってしまった」
このようなことは誰にでも予告なく起こりえます。

年齢を重ねるごとに仕事や家庭での役割が増えていき、何ヶ月も前からイベントの予定を管理することが難しくなってきますよね。この結果、予定管理の難しさゆえにエンターテインメントから遠ざかっていってしまうことは少なくありません。

このような課題に対して「チケットキャンプ」が存在することでチケットの流動性を高め、より多くの方が気軽にエンターテイメントに触れる機会を増やしていければと考えています。

どうやっているのか

■少数精鋭
■
2017年6月現在、約50名で運営しており、全員が20代~30代のメンバーです(大学生インターンも在籍中)。
マーケティング、カスタマーサポート、メディア運営、新規事業、研究開発など合計8つのグループが存在します。

組織は”少数精鋭”を心がけており、インターン含め社員それぞれが当事者意識を持って仕事に取り組んでいます。
コンパクトな組織にすることで、必然的に一人ひとりの生産性を追求しています。
また、個人が仕事から得られるフィードバックを感じやすく、仕事に前向きに取り組んでもらえることも"少数精鋭"のメリットの一つと考えています。

■変化を好む組織■
フンザでは「スピード感」を重視。意思決定、リリース、チャレンジ、その全てに無駄が生じないよう環境を整えています。
「チケットキャンプ」の施策や改善案など、良いと思ったことはその場で即決・実行されることもしばしばです。
何かを始める時に「最初の一歩」をどこよりも誰よりも早く進ませることを大切にし、常に変化を恐れず仕事に取り組んでいます。

■サービスへの愛情■
フンザには「チケットキャンプ」や音楽、エンターテインメントが好きなメンバーが揃っており、部署や職種問わず「どうすればもっとチケットキャンプが良くなるか?」「どうすればもっとユーザーに伝わるか?」を社員全員で考えています。
自社サービスやジャンルに愛情があるからこその”責任”と”面白さ”を感じながら仕事にあたっています。

■成果をあげるための環境づくり■
成果をあげるためには、環境づくりも怠りません。
通常Mac book Proを全員に支給しますが、希望があればWindows PCも準備。
モニターやキーボードなどもできるだけ希望にあわせたものを揃えています。
加湿器/除湿機の設置やフリードリンク制度、ワンコインマッサージ等、仕事の環境を整えて最善のパフォーマンスを出すことを重要視しています。

ソーシャル

私たちについて

株式会社フンザ(2015年よりミクシィグループ)は「世の中の文化となるサービスを創る」をビジョンに掲げております。

毎月500万人が利用する国内No1チケット売買「チケットキャンプ」を開発・運営しています。

■チケットキャンプ http://ticketcamp.net/

スペース

フンザではたらく人々

アルバム

ストーリー

投稿

株式会社フンザ(チケットキャンプ運営)の募集

もっとみる

地図

東京都渋谷区渋谷2-12-4 ネクストサイト渋谷ビル3F

関連記事

Page top icon