1
/
5

I-ne新卒1期生のプライド

今回インタビューにご協力いただいた後藤さんは、I-ne初の新卒入社メンバー。就職活動中のお話から、現在I-neでどのように働いているのかをお聞きしました!


I-neとの出会い

I-neに入社する前から元々化粧品が大好きで、中学生の頃から将来は化粧品に携わる仕事がしたいとずっと思ってたんです。自分に自信が持てなかった時、化粧品のおかげでポジティブになれた経験があって、そこから「将来は絶対に化粧品に携わる仕事に就きたい!」と強く思うようになりました。

就職活動の時期になっても、「“人生を変えるような化粧品”が作りたい!」という強い気持ちは変わらず、業界は化粧品関連に絞ってました。就活サイトで化粧品に関連する企業をひたすら探していたとき、検索にヒットした内の1件がI-neでした。

採用ページを見たとき、「この会社で働けたらいいな」と素直に思ったんです。他の会社とは訴求の仕方が違っていて、I-neのページから、明るくアットホームな雰囲気とChain of Happinessというビジョンを大切にしている姿勢が伝わってきました。ただ採用説明会に応募しようとしたら、既に定員が埋まっていて・・・。今まではこういうことがあれば諦めていたんですけど、I-neに関してはどうしても参加したくて、直接問い合わせてみたんです。そこで良いお返事をいただけて、参加することができました。

大手企業の説明会はパターン化している場合が多いけど、I-neは社長・幹部全員が丁寧に説明してくれたことを今でも覚えています。Chain of Happinessというビジョンのあり方から、人を大切にしている社風が伝わってきました。大好きな化粧品に関わりながら自分のやりたいことができる、自律性を求められる風土、良い意味でフランクな環境・・・。気付けば、I-neという会社に惹かれていたんです。そしてありがたいことに、ご縁があって内定をいただくことができました。


仕事を通じて実感したベンチャー感

インターンシップを経て2016年4月に入社し、希望していた商品管理部の企画課に配属されました。I-ne初の新卒ということもあり、みなさん温かく迎えてくれたので特に不安はありませんでした。ただインターンシップの時は事務処理や手続きのような単調な作業が多かったんですが、正式に社員となり商品企画を担当し始めると、求められるアウトプットの量も質も上がりましたし、I-ne独特のベンチャー企業らしいスピード感・自律性を感じました。

「このままではいけない・・・!」と感じて、考えをすぐに改めました。この会社では、仕事を待つ姿勢ではなく、自分で考え自分から動くこと、さらに自らインプットすることが求められてるんです。そこからは、勉強の日々でした。新卒だからといって甘えられない環境。周りの社員と比べると知識も経験も足りない自分。その自分がどうやってアウトプットの量と質を上げるか。「すごい!」と思った先輩を真似たり、自分からアドバイスを求めたり・・・。「次世代ベンチャーメーカーのスピード感」を改めて実感しました。

そんな私に初めて任された企画の仕事は、「EYEMANIA(アイマニア)」というブランドのマスカラの企画です。まさか新卒の自分がいきなり企画を任されるなんて思わなかったので、本当に嬉しかったです!普通の会社では、こんなことないと思います!

ただこの仕事で、自分の甘さを知ることになりました。処方決定にこだわり過ぎて、リミットのギリギリまで調整し続けたことで、発売までのスケジュールがタイトになってしまったんです。結果、たくさんの方に迷惑をかけてしまいました。

納得いくまで追求したい、でもリミットもある。じゃあどうすればいいか。1回で求めている質まであげるには何をしたらいいのか。難しさを痛感したと同時に、1年目でこんな大きな仕事を任せてもらい、周りに協力してもらいながらもやりきったことは大きな財産です。

今は、オーラルケアブランドの「diem(ディエム)」というブランドも担当させていただいています。「EYEMANIA」で学んだ経験を活かし、スピードと質の両方を保ちながら企画を進め、無事に予定通り発売することができました。もちろん発売して終わりではなく、ブランドを育てることも大切です。オーラルケアは私にとっては初めての分野ですので、化粧品とは異なる知識やアイデアをもっともっと取り入れないといけません。それを形にして、これからもっと多くの方々に愛されるブランドに育てていきたいですね。

今後I-neでやりたいことは、BOTANISTに代わるような看板商品を、所属する化粧品チームで一丸となって作りあげることです。もっともっとお客様に知っていただけるような、満足していただけるような商品づくりがしたい。まだまだ企画担当として学ぶべきことはたくさんあるのですが、その1つとして、大学で専攻していた化学の知識を活かして化粧品の成分面の勉強をしています。今年は、この成分に関する資格を取得する予定です。独学で勉強しながら、企画に関しては仕事を通じてスキルアップ。いろんな角度からアイデア提案や企画開発ができる“企画のプロフェッショナル”になれるように、日々ステップアップしていきたいと思っています。皆さんに広く知ってもらえるようなブランドを、どんどん世に出していきたいです。


I-neの環境

私が入社した当時は60人ほどしかいなかった社員数が、この1年半で280人ほどになりました。部署もにぎやかになりました(笑)。 毎月新しい社員の方が入社してくださるので、変化がありますね!特にI-neはキャリア採用で入社してくる方が多く、私は年上の方と接することが多いんですが、年齢・社歴など関係なく気さくに接してくださいます。いろんな方がいらっしゃるので、学ばせていただく部分が多いです。

部署の先輩とはよく一緒にランチをしたり、プライベートで遊んだりもしてます。その先輩方と出会えたのもI-neに入社したからこそなので、感謝しています。正直失敗してしまったこともありますし、大変なこともあります。失敗してもそれを次に活かし、先輩たちにフォローしていただきながら、楽しく仕事をさせてもらっている環境に本当に感謝です。


就活中の学生へ!

社会人になってから学生時代の友達と会うと、あまり楽しそうじゃなかったり、業務をこなしているだけになってしまっている人がいたりします。おそらく就職先を決めるときに、明確に自分のやりたいことを絞り込めていない人が多いのかもしれません。自分がやりたいことをやったほうが、絶対楽しいと思うんです。そしてこの思いと同じぐらい大切になってくるのが、一緒に働く人だと思います。そのためにも、説明会で直接社員の方と話をして会社の雰囲気を知ることはとても大事だと思います。そして自分の納得した会社に、エントリーしてほしいです。ぜひ、自分が本当にやりたいことを見つけてチャレンジしてください!


I-neでは新卒採用を積極的に行っています。興味のある方はI-neの採用サイトからエントリーください。

株式会社I-ne (BOTANIST)では一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング