1
/
5

マーケット×ソリューション×〇〇。やりたい仕事を自分でつくるプロデューサーの方程式とは?

こんにちは、博報堂アイ・スタジオ(以下、アイスタ)です。今回は、アイスタでプロデューサーとして、さらにプロジェクトマネージャー、SEOコンサルタントとしても活躍する藤本貴章さんに、「やりたい仕事をつくる」方法についてお話を聞いてみました。

藤本さんの定義によると、アイスタのプロデューサーの仕事は顧客の課題解決をデザインすること。いわば「仕事をつくる」のが仕事、ということです。現場にかなりの裁量を持たせて仕事を任せるアイスタですから(もちろんそれだけの責任が伴いますが)、プロデューサーがやりたい仕事を自分でつくることも可能なのです。では、藤本さんは具体的にどんな考えで自分の仕事をつくっているのでしょうか? その原点から聞いてみましょう。

■"テコの原理"で、もっと大きな仕事を動かしてみたい

──藤本さんは、以前はSEOコンサルタントとしてお仕事をされていたそうですね。

藤本 はい。正確には1社目がWeb制作会社、2社目はマーケティング支援のベンチャー企業で、アイスタが3社目になります。1社目ではWeb制作を通じてSEOのスキルを習得し、2社目では営業から納品までのスキルを身につけることができました。そこまでの経験である程度手応えを感じたことから、"テコの原理"といいますか、これをより大きな規模でやればもっと活躍できるのではないかと考えたのが転職のきっかけです。

──より大規模な案件がある場所を探してアイスタを選んだわけですね。

藤本 そうですね。小さな会社では一人で営業して大きな仕事を獲得することはとても難しいのですが、代理店と関係の深いアイスタならそのチャンスがたくさんあります。こんなに恵まれた環境はなかなかないと思います。大きい仕事のあるところで実績をつくりたいと思っていたので、そういう意味では一番希望にあっていました。

──いまはプロデューサーの職に就いていらっしゃいますが、お仕事の内容は?

藤本 抽象的な言い方をすると、ビジネスの責任者ということですね。少し具体的に言うなら、お客様、自分の会社、そして社会。この三者すべてがうまく回るような「三方良し」の仕組みを描くこと。たとえばWEBサイトをつくってくれと言われたからただつくるのではなく、つくることによってお客様のビジネスが社会にどう影響するのかを考え、そのためにあるべき形を提案する。その設計から実行まで、ビジネス面で責任を取る人といった具合です。

弊社の場合は、いわゆる大企業からのご依頼が比較的多いので、短期的なROI(投資利益率)だけを考えるのではなく、長期的観点でブランドイメージを向上させるクリエイティブ提案ができます。そこがアイスタのプロデューサーの仕事の面白いところですね。もっとも私の場合は、プロデューサーだけでなく、プロジェクトマネージャーとしての仕事の割合のほうが大きいです。また専門性を生かして、並行して3~4件のプロジェクトでSEOコンサルタントもやっています。

プロデューサーの仕事は「お客様、会社、社会の三方良しの仕組みを描くことだ」と語る藤本さん。

■求む! 巨大化・複雑化するプロジェクトのマネージャー

──プロジェクトマネージャー(以下、プロマネ)ではどんなお仕事をしていますか?

藤本 ここ一年は、ある大手企業のプロジェクトをほぼ専任で担当しています。大規模なだけに、労力も稼働も非常に大きい。それを、社内外のいろいろな摩擦を解消しながら進め、昨年は大きなローンチを3〜4回やり遂げました。これはやり甲斐がありましたね。

──プロマネの難しさはどんな部分ですか?

藤本 工期の長い仕事は人を増やせば早く終わると思われがちですが、実は逆で、人数が増えるほどコミュニケーションパスが増え、それに比例して伝達や理解のミスも増えますし、いろいろな意見が挙がるため仕様変更も出てきて、逆に延びてしまうことが多いのです。規模が大きければ大きいほど、そのリスクも大きくなります。

プロマネはそれを踏まえたスケジューリングをしなくてはなりません。コミュニケーションパスの整理やステークホルダーの洗い出しなど、すべてを考えて戦略を立て、リソースを配置していくのです。こういった複雑な情報整理、設計がプロマネの難しいところです。

ただ、それをやり切れば数字に反映されるし、信頼を得てまた次の仕事に繋がります。何より、美しく終わると気持ちがいいですね。

──転職で狙っていた大きな仕事を動かすという目標は達成できましたね。

藤本 はい、それに関しては期待通りでした。大きな仕事ができたという面では言うことはありません。また、アイスタでは自分の裁量が大きいので、かなり自由にやらせてもらっています。だから、辛い時があってもめげずにやっていけるというか…そこは非常に素敵なところだと思っています。

いま、マーケティング施策はマスからWeb・アプリ・メルマガなどへと範囲が広がり、同時に顧客属性の細分化、タッチポイントの増加などが組み合わさって、複雑性がものすごく増しています。さらにIoT機器の一般化によって、今後も顧客属性の細分化やタッチポイントの増加が増えていくことでしょう。当然、プロジェクトマネジメントも一層複雑になっていくことが予想されます。非常に大変になることは確実ですが、絶対に求められる仕事です。自分自身もこの分野で信頼を得られるようさらに実績を積んでいきたいですし、勉強も続けていきたいと思っています。

プロデューサー、プロジェクトマネージャーと、転職によって大きな飛躍を遂げた藤本さん。さらに実績を積んでいきたいと語ります。

■やりたい仕事をつくっていくのもプロデューサー

──アイスタカレッジ(※)ではSEOの講師もしていらっしゃいますね。

藤本 はい。SEOの基本や最新の潮流についての講義です。講義を受ける人にとっては知識を得てお客様に提供できるソリューションの引き出しを増やすことができます。それにより、会社全体でニーズに対応できる範囲が広がります。

一方で講師としては、得意分野をわかりやすくアウトプットすることで社内的に認知や信頼を得ることができます。これが、専門領域であるSEOの分野での仕事の引き合いをいただく機会につながりました。仕事の幅を広げることと、やりたい仕事をつくっていくこと、そのどちらにも良い影響があるのです。専門領域を活かして活躍したい人にとっては、アイスタカレッジで講義するのは有効な手段だと思います。

※アイスタカレッジ
アイスタ社員を対象に行われる勉強会。新卒1・2年目と中途入社の社員を対象にした基本編と、高度なテーマを扱い希望者だけで参加する応用編がある。講師は現場の社員。

──藤本さんもそういうところからより大きな仕事を任されるようになっていったのですね。

藤本 そうですね。少し戦略的な言い方をすると、マーケットの大きさ自分のソリューションの幅、それに信頼の大きさを掛け算することで仕事の大きさが決まってくると考えています。

企業間で仕事をする際は一般的に認知・信頼を得るのが難しいポイントです。しかし、アイスタカレッジの講師をすることが社内外での認知・信頼の向上につながり、引き合いをいただいた仕事について成果を出すことで、より大きな仕事を任せてもらえるようになりました。

──藤本さんから見て、どんな人がプロデューサーに向いていると思いますか?

藤本 3つ観点があると思っています。この業界は非常に変化が激しいので、継続的に成果を出すためには自分も変われなくてはなりません。ですから、1つ目は変わり続けられる"しなやかさ"ですね。2つ目は、変わり続けることはすごく負担が大きいので、それに耐え続けられる"粘り強さ"。3つ目は、そういう状況でグチも言いたくなるけれど、1回グチを言ったら2回明るいことを言うくらいの"朗らかさ"。この3つを持つ人はすごく活躍できると思いますし、周囲に安心感を与えることもでき、あの人の案件は大変だけど一緒にやりたい、と言われるようになると思います。

しなやかさ、粘り強さ、そして朗らかさがプロデューサーに求められる資質だと、笑顔で語っていただきました。

■藤本さん流「明日から実践できる私の仕事術」

・打ち手を考える前に課題を明確化すること

「私はこれができます」とソリューションを提案する前に、相手の話をきちんと聞くことが大切です。この人はどんなボールをもらえば次に蹴りやすいだろうかと考えて、そこにボールを出す発想。蹴り出す前に相手がどこに構えているのかをしっかり見定めることを大切にしています。

これは、大きなレベルなら顧客企業のニーズを明確化してそこにプロジェクト要件を当てていくこと、小さなレベルでは欲しいアクションを取ってもらえるようなメールの文面を考える、といったこと。どんな人にもどんな仕事にも当てはまる部分があるのではないでしょうか。こうしたことの積み重ねで、美しく仕事が回っていくと思っています。

藤本さんは何を訊いてもわかりやすく、かつ理路整然と答えてくれました。「一言でいうと」「ポイントを3つにまとめると」「結論からいうと」など、話を整理するキーワードを口癖にすることで、考えをわかりやすく伝えるよう意識しているのだそうです。「話し方で人を納得させるのもプロデューサーの仕事」と考えれば、合点がいくテクニックですね。

そんなプロデューサーにとって、アイスタは自分のソリューションと仕事の幅を大きく広げることができ、工夫しだいで自分のやりたい仕事をつくりだせる環境です。アイスタでのお仕事に興味を持たれた方は、ぜひお問い合わせください!

▼他のインタビュー記事も是非ご覧ください!
仕事の領域を役職で限定しない。統合的なプロモーションが求められる時代のアートディレクターとは?
https://www.wantedly.com/companies/i-studio/post_articles/160406

テクノロジーを駆使して、コンセプトを具現化する! 〜クリエイティブ制作で重要な役割を果たすテクニカルディレクターのお仕事〜
https://www.wantedly.com/companies/i-studio/post_articles/160405

プロジェクトデザインからUX視点で。人のこころを動かすためのUX×プロデューサーとは?〜アイスタで築く領域横断型の多様なキャリア〜
https://www.wantedly.com/companies/i-studio/post_articles/160404

グラフィックデザイナーからスキルアップ、活躍の場を広げるインタラクティブディレクターとは?〜クリエイティブに課題と向き合うための「明日から実践できる私の仕事術」を聞く〜
https://www.wantedly.com/companies/i-studio/post_articles/160403

マーケティングオートメーションが流行する中、デジタルプロダクションで働く意義って?!~これからのキャリア構築のための考え方とスキルを常務執行役員が紹介~
https://www.wantedly.com/companies/i-studio/post_articles/160401

博報堂アイ・スタジオ
https://www.i-studio.co.jp/

株式会社博報堂アイ・スタジオでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング