顧客にRPAを、メンバーに成長を。マネジャーとして入社した私の挑戦

こんにちは、浜部四季菜です。RPA導入支援部でマネジャーを務めていますが、実は2018年11月に入社したばかりで、パーソル プロセス&テクノロジーのメンバーとしてもRPA技術者としても勉強することがたくさんあります。今回はそんな私が、何を考えて転職をし、どのような仕事をしているのか、少しお伝えできればと思います。

美大を卒業して、ITの世界へ

本題に入る前に、まずは経歴を簡単にご紹介します。

私は東北の美大で立体造形を学んでいましたが、その頃はパソコンと言えばネットサーフィンがかろうじて出来る程度の典型的なITダメダメ人間でした。

大学4年で就活という試練を目の前にして、「私はパソコンができない。ならばこの機会に極められる場所に行こう!」と突拍子もない発想をした末に、システムエンジニアになることを決意しました。

最初の仕事は、様々な業種の企業にBI(ビジネスインテリジェンス)システムのパッケージを導入することでした。上流から下流の工程まで一貫して請け負うことが多く、「ITリテラシー:低」「業務知識:無」の私にとって、まさに苦行のオンパレードでした。ただ、優しい先輩や同期に恵まれた上に涙と鼻水を一生分流した甲斐もあって、入社時よりもITの知識やプロジェクト遂行力をレベルアップすることができました。

▲前職で一緒に働いていた仲間と、同僚の結婚式の余興をやったとき

マネジャーになり、不規則な生活に疲れを感じながらも、仕事に夢中で打ち込む。しかし…

仕事にも慣れてきた社会人4年目、新たなことにチャレンジしたいと医療システムメーカーに転職しました。システム導入のプロジェクトマネジャーとして全国の医療機関に出向きながら、製品企画や営業などいった幾つかの役割も任せていただきき、4年が経過する頃には初めて管理職という立場にもなりました。商談や部署全体のプロジェクト管理をはじめ、組織マネジメントの経験を積むようになることで活躍の場も広がり、仕事に対する考え方も大きく変化した時期だと思います。

一方で仕事の性質上、暦通りの休暇取得が難しく、出張が多い生活を続けていることで、家族や友人と過ごす時間は減っていました。当時はその生活があたり前になっており、不規則な生活に少し疲れを感じながらも、仕事に夢中で打ち込んでいたように思います。

20代後半に差し掛かり、プライベートでは結婚や家族の死を経験しました。そこで、自分を大切に想ってくれる家族の存在や、自らがこれからどんな人生を歩みたいのか、初めて真剣に考えました。フルタイムで働き続けたい自分にとって、仕事は生活においてかなりの時間を占めます。年齢的に考えても今後は子供ができたり、生活環境が変わっていくかもしれない。だからこそ、プライベートを大切にしながらもやりがいを感じる仕事を見つけて、長く続けていきたいと自然に考えが変わっていきました。


▲夫と。よく行く焼肉屋さんで

「RPA」×「やりがいをもって長く働けそうな会社」と思い、転職を決意

2回目の転職活動はエージェントを通して探しました。最終的に100件を超える求人票を頂きましたが、その中で目が留まったのが「パーソル プロセス&テクノロジー」と「RPA」の文字でした。

世の中の働き方改革熱によって、「RPA」が注目されていることは知っていましたし、興味もありました。加えて「キャリアチャレンジ」といった関連会社間でのポジション移動ができる制度など、パーソルならではの面白い仕組みがたくさんあり、まさに自分が探していた「やりがいをもって、長く働けそうな会社」だと直感的に考え、気が付いたら応募していました(笑)

RPA導入支援事業を行っているワークスイッチ事業部に入ったときに驚いたことが「在宅勤務可」「フルフレックス」というキーワード。世の中の流行もありますし、働き方に対して様々な施策を試みている会社は耳にしますが、実現するには組織の雰囲気や社員一人一人のモラルがないと難しいですし、正直なところ「本当に実現しているのかな?」と半信半疑ではありました。ただ、実際にふたを開けてみると、社員が制度を活用しながらワークライフバランスをうまく保てていると感じられましたし、みんな仲もよくて組織の雰囲気はとても良いと感じました。

メンバーの個性を見極め、お客様に適切な「RPAサービス」を届ける

RPA導入支援部のマネジャーとして求められていることは、「ITリテラシー」「ビジネス感覚」「会社の内外でのリレーション構築力」だと思っています。これらはマネジャーのミッションである、新たなプロジェクトの獲得・遂行・メンバー育成という使命を果たすために必要な要素なので、日ごろから意識をしています。

前職もシステム会社だったので、ラインマネジャーとして必要な能力は現在に近いものがありましたが、新しいソフトを生み出し展開していくことが担当するビジネスの主軸でした。それに比べると、現在は「RPAサービス」を提供することがミッションである性質上、メンバーの「技術者力」「人間力」といった個性を見極めて、お客様に適切なサービスを提供するという側面が強いと感じます。プロジェクトとメンバーの歯車がカチッとはまれば、面白い化学反応が起きてお仕事も良い方向に進みますし、メンバーの成長やモチベーションにもつながります。周りでたくさんのポジティブ・スパイラルが起きるように自分がどのように立ち回るべきか、最近は特に試行錯誤しています。

▲お客様と電話でやりとり

マネジャーとしての3つの仕事

マネジャーとしての具体的な業務を3つ紹介したいと思います。

1つ目は、お客様へのRPA導入ご支援に関する提案活動です。

パーソルでは、RPAの導入や内製化をお手伝いするために、様々な業界で活躍されているお客様にマッチするサービスを提案しています。お客様から業務に関する悩みを伺った上で、時にはRPA以外のサービスと組み合わせながらご提案することもあるため、常に勉強することが必要だと感じます。ただ、提案がうまくいってお客様から声がかかった時は嬉しく思います。また、場合によっては他部署のメンバーと一緒に複合的な提案をする機会もあるので、社内外含めてたくさんの方々と関われる点も魅力があります。

2つ目は、担当しているプロジェクトの稼働管理です。

この仕事で心がけていることはたくさんあるのですが、特に意識しているポイントは「ゴールに対して決まったスケジュールで着地できるようにする」「約束した成果物のクオリティを担保する」「メンバーが自分の仕事を大切にできる雰囲気作りをする」ということです。先の2つは、ごく当たり前ではありますが難易度の高いプロジェクトほど、プロジェクトリーダーと連携して丁寧に進めるようにしています。誠実な仕事の結果として良い関係が築ければ、お客様と長くお仕事できる機会もたくさん生まれて、営業面でもプラスになることが多いと思います。また、一緒に仕事をするメンバーとも、できる限り会話をして一緒に悩んだり、笑ったりできるように心がけています。私が一緒に仕事をしているメンバーはとても真面目でチャレンジ精神旺盛な方が多いので、彼らが安心してどんどん新しいことにチャレンジできるような雰囲気を作れるように、日々コミュニケーションは大切にしています。

プロジェクトに入ると、様々な会社の文化を勉強できて楽しいですし、何よりも無事にロボットが稼働したことでお客様の笑顔を見ることができることも、この仕事でしか味わえない醍醐味だと思います。プロジェクトメンバーで達成感や仕事の楽しさを共有できることがとても嬉しく感じます。

RPAという分野自体、ロボット導入や活用について正解を模索している要素がまだまだあり、会社もチャレンジしていくことには寛容です。これからも遠慮せずにどんどん新しいことや面白いと感じたことには挑戦していき、より多くのお客様にRPAとパーソルの魅力を広めていくことができたらいいな、と考えています。

3つ目は自分が担当するグループのマネジメントです。

RPA導入支援部では、ありがたいことにプロジェクト発生率が高く、アサインも他の部署に比べて流動的です。同じグループのメンバーとコミュニケーションをとるときに、いつも一緒に仕事をしているとは限らず、時期によっては顔を合わせるチャンスがほとんどない場合もあります。その上、プロジェクトの合間で在宅ワークをすることもありますので、ちょっとしたコミュニケーションは「チャットワーク」やWeb会議の仕組みを使って、フレキシブルに行うことが多いことが特徴的だと思います。プロジェクトに一緒に入っている場合は、定期的に顔を出して密に会話をしながら進めています。

私のグループはできたばかりで、入社してから時間が短いメンバーで構成されています。これから、新卒や新メンバーが加わってグループの色が出てくるので、どんなグループになるのか私自身が今からとても楽しみにしています。そのために、今は担当しているプロジェクトをチームできちんと遂行して、たくさんのお客様と信頼関係を築けるチームになれるように奮闘している最中です。

▲社内で打ち合わせ

大企業でありながら、ベンチャー気質。自分が挑戦したいことにチャレンジしていく

入社してから少し時間が経過して、実感していることあります。

それは、当初期待していたとおりに時間を効率的に使うことができるようになり、仕事やプライベートの両方に対して充足感が高まっていることです。

現在の業務では、色々なお客様先に伺う機会も多いため、それに比例して移動の時間も多いです。そういった場合に、フルフレックスや在宅勤務を組み合わせながら上手く時間を使うことで、仕事に取り組み始める時間も早くなり、遅くまで仕事をすることが少なくなりました。

お客様や一緒に仕事をするメンバーへのレスポンスもより早くなり、メリットがたくさん生まれていると感じます。より自由な環境を与えられている分、やるべきことは最後まできちんとこなければならないという責任は伴いますが、責任の大きさはやりがいにもつながりますので、良い緊張感の中で生き生きと仕事ができています。

最後になりますが、比較的大きな規模の会社にありながら、ワークスイッチはベンチャーの気質も持ち合わせている面白い環境だと思います。私自身もまだまだ勉強することばかりですが、自分が挑戦したいと思ったことに自分のペースでチャレンジできる風土がここにはあると思いますので、ご興味をもって頂いた方は是非ご応募をお待ちしています。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 's job postings
Anonymous
13076629 977623878989739 2316215345732504068 n
Picture?height=40&width=40
1b41bd74 b10a 4879 934b 99077808ccc2?1546729969
10426551 620286358115279 1182560483178146997 n
1a708cae 0451 4538 be81 ef24f9b93771?1543230352
5 Likes
Anonymous
13076629 977623878989739 2316215345732504068 n
Picture?height=40&width=40
1b41bd74 b10a 4879 934b 99077808ccc2?1546729969
10426551 620286358115279 1182560483178146997 n
1a708cae 0451 4538 be81 ef24f9b93771?1543230352
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon