Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

作業風景
オフィスのエリア
iChainはインシュアテック & ブロックチェーンをベースに「世の中をすこし便利にする」をビジョンに掲げるスタートアップです。インシュアテックにより保険業界にイノベーションを起こそうとしています。 ■iChainのクレド ・Innovative: 技術の進展を、身近に ・Simple: わかりやすく、簡単なかたちで ・Fun: 安心の先に、ワクワクを 2019年はまさに成長ステージであり、ビジネスの立ち上げ、プロダクトのリリースなどスタートアップベンチャーのエキサイティングなシードステージが経験できます。

なぜやるのか

カジュアルセッション
ラウンジ
40兆円を超える保険業界(生命保険、損害保険)ですが、一部を除いてほとんどIT化されておらず、保険申込や保険金の支払など、紙ベースの運用となっています。 日本におけるインシュアテックスタートアップのパイオニアとしてこの旧態依然の保険業界にInsurTechで大きなイノベーションを起こし世の中を少し便利にします。

どうやっているのか

バーカウンターで要件定義
「iChain 保険ウォレット」
■プロダクト&プラットフォームのプロデュース 保険証券や重要な情報をセキュアなブロックチェーン上で管理し、保険会社、被保険者、受取人、医療機関など関係者が必要な情報にアクセスできるようなプロットフォームを構築します。 そのプラットフォーム上で様々な保険関連アプリケーションを提供します。 1. 「iChain 保険ウォレット」のプロデュースと開発 「iChain 保険ウォレット」は国内保険事業者の保険商品に対応しており、自身の加入している保険の商品 名、契約者、保証対象者、保険料、保険期間などの基本情報および保険証券イメージをスマートフォンで 登録・閲覧できることに加えて、加入保険の情報を家族のスマートフォンへ共有できます。 このような日常生活におけるリスク情報を「iChain 保険ウォレット」で管理することにより「もしも」の ときに迷わずに自身や家族が保険事業者への連絡し保険金や給付金の請求ができます。 2. 「iChain Base」のプロデュースと開発 iChain Baseは保険事業者向けの保険業務プラットフォームです。保険証券情報をブロックチェーン上に保存することで安全性、信頼性が担保された環境です。保険事業者の基幹システムとAPIにより連携され「iChain保険ウォレット」により保険契約者に対して保険証券情報を提供します。 iChain Baseで提供するサービス 1. 契約(保険証券)管理 2. クレーム管理 3. 給付金/保険金自動支払(スマートコントラクト) 4. 不正請求のAIによる検知 ■開発スタイルと働き方 オフィスのデザインについてもスタッフ主導で行われ、オフィスは常にレイアウトが変化します。またエンジニアリングチームとビジネスプロデュースチームはAnywhare, Anytimeコミュニケーションできる環境を提供しています。 開発スタイルは基本的にエンジニアの主体性に任せ、最も効果的なアジャイル開発のメソドロジーを選択してもらいます。 ■シリコンバレースタイル iChainのCOOはこれまでシリコンバレーやアジア新興国など世界各地で多くのスタートアップを経験しているスタートアップスペシャリストです。 シリコンバレースタイルのスタートアップ環境で会社の成長と自分の成長が実感できる環境です。 iChainはPlug and Play JapanのアクセラレーションプログラムBatch 2のスタートアップに採択されました。