iChainで働く人 〜プロダクトマネージャーの鈴木俊輔さん〜

簡単に経歴を教えてください

大学、大学院でデジタルサービス・プロダクトのデザインを学びました。新卒でIT系メーカーに入社し、UI/UXの研究開発やタブレットの商品企画を行った後に、ネット業界に足を踏み入れ、楽天にて楽天銀行アプリのUXデザインやディレクションを担当しました。その後、LINEにてメッセンジャーのプロダクトマネージャをし、2018年にiChainにジョインしました。

iChainにジョインした決め手は?

楽天銀行アプリに関わったことをきっかけに、FinTech自体にはずっと興味がありました。中でも、保険(InsurTech) はFinTechでも手付かずだったので可能性を感じていました。自身でも、妻が事故にあった時に保険の手続き・請求で不便な思いをした経験があって、保険に関わる様々な課題をデジタルにより解決したい思いがありました。その方向性がiChainの事業内容に一致したことがiChainにジョインする決め手となりました。

現在の仕事内容は?

現在「iChain保険ウォレット」のプロダクトマネージメントをしています。コンシューマーに向けアプリの改善や機能追加はもちろんのこと、アプリを企業向けにOEM提供するようなB2Bビジネスの事業提携スキームを作ったり、機能要件の企画などもしています。

これからやりたいこと

まだまだユーザー数やB2Bの案件数が目標に達していないので、プロダクトそのもののバリューを明確にし、利用者にとって魅力的なプロダクトにしていきたいです。保険の領域は、他の領域と比べてユーザー観点で考えることの優先度が低いと感じることが多々あります。これまでのユーザーファーストでプロダクトに関わってきた経験と価値観を活かして、保険を取り巻く課題の解決をすることによって、結果的に多くのユーザー・法人に利用してもらえればと思います。

どんなチームにしたいか

保険をデジタルで管理するという市場が立ち上がっていなかったり、ユーザニーズが曖昧な中で、プロダクトをどのようにしていくか、作りながら考えていかなければいけないことがたくさんあると思っています。

アプローチとしては、プロダクトマネージャーから、デザイナーやエンジニア対して指示するというよりは、それぞれの役割の観点で議論し合いながら、プロダクトを作り上げていくようなカルチャーづくりを図っていきたいと思っています。

iChain株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more