人物像「献身的姿勢で先読み力」

こんにちは。
今回、アイディーテンジャパンが紹介したい求める人物像は、「献身的姿勢で先読み力」のある方です。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
上司の要望に、常に先手を打てる社員は、顧客の要望にも先手必勝のはずです。先手を打つには、常に事前に起こりうる事態への対応策を考えておき、そして何より、タイムスケジュール管理が完璧であることが重要だそうです。しかし、個人的には、理論よりは、むしろ相手としっかりと呼吸を合わせるだけで、先読みは可能なのではないかと思います。これこそがまさに「あ・うんの呼吸」です。臨機応変に対応するには、頭で考えない方が結果がいい場合もあると、覚えておいてください。小手先ではない献身の姿勢が、先読み力発揮の真価ではないでしょうか?
※出典:浜田直太・澤田且成著「選ばれ続ける社員の法則77」
--------------------------------------------------------------------------------------------------
私が思うに何事にも先の予測をして準備、対応していく事が常に重要であると感じています。何か起こるか分からないのが会社です。不測の事態を常に想定しておく。すんなり物事が進めばそれに越した事はありませんし、準備していた対応策も知識として無駄にはなりません。
「献身的姿勢で先読み力」は業界関係なく、社会人として持っていて損はない人物像だと私は考えます。

Page top icon