1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ドラム式洗濯乾燥機のススメ

こんにちは!イデアルアーキテクツの海藤です。

突然ですが、皆さんドラム式洗濯乾燥機は使われていますか?
ちなみに私は使用歴12年ほどになります。

そこで今回はドラム式洗濯乾燥機の利点や購入時での注意点をご紹介したいと思います!

【利点①多様な洗浄機能があり、乾燥が終ったら畳むだけ!】
ドラム式洗濯機はこすり洗い、たたき洗い、温水洗浄などがあり洗剤の能力をより引き出して洗えます!

また当たり前ですが、ドラム式洗濯乾燥機は洗濯物を干す手間がありません。衣類投入~畳むだけです!
乾燥機がない洗濯機の場合、干す手間があるのはもちろんですが、すぐ干さないとしわや生乾き臭が出てくる事もあるので洗濯と干す作業をセットで行った後、さらに畳まなければなりません。

【利点②ランニングコストが安い】
ドラム式洗濯機は縦型洗濯機より水を少なく洗濯でき、洗濯頻度が多い方ほど省エネができる!

乾燥時に使う電気消費量ですがエアコンよりも少ないですし、夜洗濯できる方は深夜電力の時間帯を利用する事でさらにコストを下げられます。

【利点③時間を創出する】
実は、これが一番の利点です!

洗濯から乾燥まで4,5時間ほどかかりますが、その間外出・勉強・就寝などする事ができます。
干す手間がありませんのでしわや生乾き臭の心配はなく、いつでも洗う事も畳むこともできます。

次は購入時の注意点です!

【注意点①除湿乾燥タイプを使う事】
乾燥時、洗濯槽内を除湿する事で衣類を乾燥するタイプがおすすめ!

ほかのタイプでは乾燥時に冷却水として水を使うものがあり、電気代も合わせてダブルでコストが掛かります!その点除湿タイプはほぼ水を使わないので、コストは少なくて済みます。

【注意点②新品を購入する事】
中古品はお勧めしません!

理由は、乾燥時に発生したほこりが本体に残っている場合があるためです。

ドラム式洗濯機は構造上、どうしても本体内にほこりをため込みます。
量が多くなると乾燥時間が長くなりますし、場合によっては業者に清掃依頼をする事もあります。

そのため最新型のほうが、ほこりをため込む量が少なくできる仕組みになっています。
どうしても安く買いたい場合は、一つ型落ちの新品がおすすめです。

おわりに

そのほか各メーカーならではの機能や利点はあるので、お好みの一台を購入してみてはいかかでしょうか?光熱費やライフスタイルに変化が出てくると思います!新生活需要が落ち着き始めた今が買い時かもしれませんよ!

株式会社イデアルアーキテクツでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう