Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

人の可能性を信じてつなげていきたい

株式会社イグニスに入る前

【エンジニアを志したきっかけ】 小学生の時にPCを買ってもらって、vbsで天気を表示するアプリケーションを作ったのが初めてのプログラミングでした。親からは「ふ〜ん…」という薄い反応しかもらえなかったことを未だに覚えていますw

【学生時代】 その後高専の電気工学科に進んだのですが、部活のプログラミングが楽しくて自分は電気ではなく、情報系が向いているのでは?と思うようになりました。そのうち、授業中サボってIPAの「ソフトウェア開発技術者」の勉強して合格をしたあたりから、本格的に情報系を目指すようになりました。

会津大学は、学生ベンチャーが多く、学生のうちから働ける大学ということで入学することにしました。大学の授業は、ほとんど「ソフトウェア開発技術者」の内容が多かったので、授業スキップをさせてもらって、ずっと会社でバイトをしていました。

バイトでは、JavaとC#、Railsを使ったSIをやっており、コミュニティサービス・クレカ決済・ECサービス・BIツールなどを開発していました。また、その過程でDB設計をT字型ER設計をベースとした考え方を叩きこまれ、DB設計に興味が出た一環で「テクニカルエンジニア(DB)」を受験しました。

【ヤフー時代】 その後ヤフーに入社し、大企業での開発体制や、社内でも売上のウエイトが大きい広告事業の堅実な開発フローを学びました。 貢献できたこととしては、資料をうまくまとめることやテストコードの有用性、インフラのパッケージ化など、生きたノウハウの共有についてアプローチできていたかなと思っています。

1年程度そのような経験をしたあとで技術チームにスカウトされましたが、自分でチャレンジできる範囲をもっと大きくしたいと考えていたため、大学のバイト時代の先輩(現イグニスCTO)の誘いを受けて、イグニスにジョインしました。

現在

イグニスでは、DB設計のスキルやB2B、B2C両方の開発経験を活かし、ゲーム・アプリを問わずサーバーサイド・インフラエンジニアを主として、フロントエンドの開発を含め行っています。開発で得たノウハウは、なるべく社内資料やchefなどにまとめるようにしています。最近は、BigQueryを活用したデータドリブンな開発が好みです。

また、エンジニアの開発体制・評価体制について過去の経験をCTOと議論しながら、多面評価・評価基準・メンター制度などの確立をしてきました。

【自分の強み】 強みとしては、ユーザー体験を大事にしながらコストを抑える、を徹底できることだと捉えています。 ユーザー体験を大事に、のために競合アプリはやりこむし、例えば前述のデータドリブンで開発していても、コア体験からずれていることは採用しないといった感じです。 コストに関しては、ただ安いインフラやサービスを使うということではなく、人件費や運用コストを考えあえてパッケージソフトを使うようなこともあります。なるべく本質的な開発に時間を避けるように、使うべきコストは払うべき、といった考えです。

今後どういうことをしていきたいか

最近のソーシャルゲーム業界で勝つためには、コンシューマ畑・ソシャゲ畑、それぞれの強みを最大化することが不可欠だと思っています。そのためには各人の可能性を最大化し、全員が幸せになれる開発ができるよう、下記のような体制改善をしていきたいと思っています。

  • 会社の方針をわかりやすくメンバーに伝え、成長のために何をすればよいかが明確になる評価基準の改善
  • 可能性を減らしてしまう障壁を定期面談でなくす努力
  • 自走できるように、解決の主導権はメンバーに渡す

技術的には、エンジニアの挑戦したいバイアスを第三者目線でチェックし、ユーザーに価値のある挑戦をどんどん取り入れていきたいと考えています。

株式会社イグニスでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
25591572 10156031999783656 3767453532288740605 n
Picture?1522979099
945161 428696343905949 786381158 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
8 いいね!
Anonymous
Anonymous
25591572 10156031999783656 3767453532288740605 n
Picture?1522979099
945161 428696343905949 786381158 n
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
8 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon