エルメスの手しごと展いってきました!〜ブランドとものづくりを学ぶ〜

こんにちわ!イキゴト人事広報のYASUKOです。

(毎回の前置きとなりますが・・・!)
イキゴトは、ブランドをつくる会社です!
経営者個人のブランドをつくるためのパーソナルスタイリングを行うこともあれば、経営者・ブランド責任者の方々とともに、ブランド戦略から、クリエイティブなどのデザインから、コンサルまで、行うことで、会社・商品のブランドをつくっています。
老舗企業のリブランディングから、大企業の新規ブランド開発まで様々なブランドをつくっています。
様々なプロジェクトの様子はコチラ:http://ikigoto.com/project/

世界最高峰ブランド 「エルメス」のものづくり!

今回は、「ブランド」についての学びを深めるべく、表参道ヒルズで3/19まで開催の
『エルメスの手しごと展 "アトリエがやってきた"』にいってきました!

世界最高峰ブランドといわれるエルメス。その「ものづくり」にふれる、滅多にない機会!
エルメスのアトリエ内で普段働いている職人さんたちが、アトリエごと、やってきて、職人さんや伝統の技と出会える、素晴らしい場でした。 

今回は、その様子を写真とともにお伝えしていきます! 

表参道ヒルズ、まず建物にそとにて、お出迎え。


建物の中に入ると・・・、表参道ヒルズが、手しごと展一色に。ドキドキ。

そしていよいよ、エルメスの手しごと展内へ。

会場内には、いろんなところに人だかりが・・・! 

さっそく、職人さんが。
こちらは鞍職人さん。鞍をつくるデモンストレーション中でした。



会場内には、鞍職人さんにはじまり、皮革職人、時計職人、磁器絵付け職人、シルクスクリーンプリント職人、手袋職人、縁がかり職人、、、様々な職人さんのアトリエブースが、並んでいました。

職人さんが実際にデモンストレーションでものづくりをすすめていき、伝統の技について解説。職人さんはもちろん本場の外人の方なので、通訳のひとが説明。そして、会場からのQ&Aもいろいろ盛り上がっていました。

例えば・・・

こちらは時計職人さん

細かい時計部品を、100分の1ミリの単位で、寸分の狂いなく組み合わせていく、緻密な作業。
シンプルなものでも何百、複雑だと千にもわたるパーツを組み立てていくそう・・・!
まさに職人技・・・というか神技・・・! 
エルメスの時計は、現在つくっているものはすべて、アナログの時計だそうで、ひとつひとつ手しごとで、ディティールにこだわり、クオリティをとても大切にしてつくっているそう。

道具にも、名前があり、歴史があり、使いやすい工夫がいろいろされているそう。



こちらは、シルクスクリーンデザイン職人さん

スカーフのデザインを行っていました。
(というか、外人デザイナーさん、むちゃくちゃ美人さんで、おしゃれで・・・ちょっとどよめきが起きていました・・・!)

シルクスクリーンのデザインは、実物大の手描きの原画をデジタル化するそう。最近は、トレーシングペーパーではなくてグラフィックタブレットが使われることが多いそう。

すべての色、素材に応じて、色の効果、濃淡、ぼかし・・・していくそうで。

色ごとにフレームをつくってトレースをしていくため、なんと複雑なデザインの場合は、1枚のスカーフに2000時間かかることもあるそう・・・!


こちらは、シルクスクリーンプリント職人さん。
スカーフのデザインを、シルクツイル地にプリントしていく職人さん。恰幅のよい、ユーモアたっぷりなおじさま職人さんでした。

1930年代にリヨンではじまった技法をいまもつかっているそう。リヨンの土地に根付いた技術、職人さんの手によりおこなっているそう。

プリント台にぴんとシルクツイル地をはって、フレームをのせて、1色インクを流し込んで、ゴム製のスクイージーで広げて・・・またフレームをかえて、またつぎのインク・・・と、1色ごとにフレームを替えながら(15色なら15回)、プリントしていくそう。

インクもすべて材料から手づくりし、道具にももちろんこだわりがいろいろ。

エルメススカーフがまさかこんな風につくられていたとは・・・・プリントというと、デジタルでぱぱぱっとなんでもすぐにできちゃうイメージですが、職人さんによる緻密で正確なプリントに、鳥肌たちまくりでした。


こちらは、皮革職人さん
のはずでしたが・・もはや大人気すぎて、近づくことは叶わず、スクリーンで遠くからかろうじて見れました。すごいですね。


その他にも、さまざまな職人さんがいました・・・!

エルメスの「ものづくり」のクオリティへのあくなきこだわり、職人の情熱、伝統的な技、、直にふれられ、鳥肌モノの素晴らしい時間でした。

「仕上げ」の裏側にある、たくさんの"みえないもの"、にふれ、一層エルメスのファンとなった日でした、、!

そして、金曜日にいったのですが、平日にもかかわら会場は大混雑。職人さんの技をみようと、それぞれのアトリエにひとだかりができていました。
いかにエルメスが多くのひとに愛されているか、しみじみと感じることができました。

創業から80年以上たっても、同族経営で、ものづくりのクオリティを大切に、世界観をずっと守ってきているエルメス。だからこそ、長く愛されつづけているのだなと。

世界最高峰ブランドを、ブランドたらしめているものを、みえるもの・みえないもの共に感じ、さまざまな学びを深められた、素晴らしい時間でした。

イキゴトでも、ブランドをつくる仲間、絶賛募集中!

イキゴトは、ブランドをつくる会社です。ブランドづくりのプロフェッショナルが集い、ブランドをつくる力も日々たかめています。

わたしたちの顧客は、ブランドをつくりたい経営者・ブランド責任者の方です。
ただ目の前の売上をあげることだけではなく、長く愛される企業・商品をつくりたいと思っている方。本質をみて、日本の心を大切にしながら、つぎの時代をつくっていこうとしている経営者・ブランド責任者の方が顧客です。

わたしたちは、ブランド=スタイルだと思っています。
生き方と同じように、ブランドにもスタイルをつくることで、スタイルに共感するファンを増やしています。
ロングセラーをつくることを大切にしていて、ブランドにとっての顧客はだれかを明確にしたうえで、生涯顧客に愛されるブランドをどのようにつくるのかを考えてつくっています。

ただ儲かるとかだけではない、経営者様の生き方にひもづいた、ブランド=スタイルをつくる。
ブランドコンセプトを明確にしたうえでクリエイティブやコンサルティングを行うことで、ブランドをつくっています。

イキゴトには、ブランドをつくるためのチーム、強者のブランドづくりのプロフェッショナル達がどんどん集まっています。

ブランドコンセプトをつくるコンセプターや、ロンドンオリンピックのデジタル戦略も手がけたクリエイティブディレクター、じぶん銀行のサイトをつくったアートディレクター、ユナイテッドアローズのオーダースーツでトップスタイリストだったメンバー、マーケティングに強いコンサルタントをはじめ、様々なメンバーがいます・・・!

また、外部にも、一流のランドスケープデザイナー、カメラマンはじめ、様々なブランドづくりのプロフェッショナルのパートナーがいて、共にブランドづくりをしています。

そんな、イキゴトで、「ブランドづくり」一緒にやる仲間を絶賛募集中です!!!
いまのタイミング、ここからどんどんおもしろくなってきます。
現在は、Webデザイナー、ブランドコンサルタントの仲間を求めています・・・! 

・Webデザイナー:
社内一人目のWebデザイナー!ブランドを表現できるWebデザイナーを絶賛募集中!
https://www.wantedly.com/projects/86488

・ブランドコンサルタント:
経営者とブランドをつくるコンサルタント募集!*コンテンツマーケティング経験ある方 
https://www.wantedly.com/projects/37249

すこしでもご興味ある方、ぜひ気軽にお話ききにきてください!!!!
未来の仲間に出会えることを、楽しみにしています!!  

by YASUKO

株式会社イキゴト's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings