This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

イキゴトのCIリニューアルしました!ライフデザインカンパニーへ

こんにちは。イキゴトのYASUKOです。

株式会社イキゴトは、CI(コーポレートアイデンティティ)をリニューアルしました。

イキゴトは、自らのブランドアイデンティティを「ライフデザインカンパニー」と置き、LIFE(生命・生活・人生)をイキイキと輝かせていく会社として、ロゴ・名刺・コーポレートサイトをリニューアルしました。

リニューアルサイト: http://ikigoto.com/

今回は、イキゴト代表取締役の五味勇人と、ロンドンオリンピックのデジタル戦略・制作なども手がけてきたイキゴトのクリエイティブディレクター難波ケンタに、CIリニューアルについてインタビューを行いました!

(*難波は、1年ほど前からイキゴトのCIリニューアルを外部からサポートする形で共に歩みだし、一緒に歩む中で思いを共有し、2017年4月からイキゴトのクリエイティブディレクターとして参画しました。
難波ケンタとイキゴトの出会いについてのインタビューはこちら

二人の思いを読んでいただき、ブランドリニューアルしたイキゴトについて、是非知って頂ければと思います。

ライフデザインカンパニーへ

・ 今回のCIリニューアルにおいて何を目指しましたか?

(代表五味)そうですね。まず背景としては、イキゴトという会社をこれから成長させていくために、イキゴトを一度整理し、CIリニューアルを通して、メッセージを明確にしていきたいと考えたのがスタートです。


イキゴトは、いきること、イキイキすること、粋なこと、3つの言葉に目を向けてつくった会社です。

「粋」という言葉に代表されるように、心をはじめとした、目に見えないものを大切にし、様々なブランドづくりをしています。

今回、CIリニューアルで目指したのは、イキゴトの存在理由についてもう一度、しっかり考え、これからの5年、10年、イキゴトが愛されるブランドになるために、わたしたちの大切にしていることを表現していきたいと思いました。


• 今回、CIリニューアルをするにあたり、どのような未来を考えたのですか?


(代表五味)イキゴトは、3つのことを大切にしています。

1. 生命を大切にした未来に向けて

生命(いのち)に目を向けて歩むこと

2. イキイキと輝く未来に向けて

ひとり・ひとりがイキイキと輝く未来に向けて歩むこと

3. 日本の未来に向けて

日本の目に見えないものを大切にする精神をもって歩むこと

今回、イキゴトは、生命を大切にした未来、イキイキと輝く未来、日本の未来、3つの未来について改めて考え、CIリニューアルを行いました。リニューアルのプロセスを通して、イキゴトの大切にしていることを整理し、「ライフデザインカンパニー」として自らを定義しました。

ライフデザインカンパニーとして歩むことを定め、これからのイキゴトを表現することを目指しました。


これからのイキゴトをクリエイティブで

ここから、クリエイティブディレクターの難波ケンタにお話を聞いていきます。

・クリエイティブは、どのようなことを考えて制作しましたか? 

(難波)イキゴトという世界観、ブランドをしっかり表現することを大切にしました。

僕自身は、イキゴトに昨年、CIリニューアルのタイミングで関わりはじめました。個人的なストーリーとしても、ロンドンで18年ほど働き、海外から戻ってきて、日本に目を向けて仕事をしていきたいと思っていたタイミングです。

イキゴトは理念や目指しているところが非常にしっかりしている会社だと思っていたため、第一ステップとして、そこに込められている情報をまず全体的に理解し、それを自分の中で整理していき、最終的に代表の五味と凝縮していきました。

代表の五味の頭の中にある世界や情報が膨大であった為、このプロセスが一番大変でした(笑)
自社にしても他社にしても、誰かのためにものをつくる時には、クライアントのことをできるだけ理解して自分ゴトにするという過程がどの案件でも大切ですが、今回の案件も変わらず時間を費やしました。



(難波)そして第二ステップでは、世界観、ブランドをキーワードレベルまで凝縮していき、それをどうビジュアルとして表現するのかに取り組みました。

ここでいう"キーワード"は、デザイナーとしてビジュアル化しやすいよう、「つくるために生み出した言葉」ですね。代表と会話していく過程で絞り出していきました。

「いのちのつながり」、「太陽と自然と地球」、「ひとりひとりの個性」、「今とここ」、「日本の価値を大切にする」という5つのキーワードまで凝縮されました。

これらのキーワードをもとに、イキゴトらしさをしっかり表現したクリエイティブに落としていきました。

・その他に制作の上で大切にされたことなどありますか?

(難波)少人数の会社であり、これから新しい人がどんどん入ってきても、みんなが同じ方向性で歩めるようにしたいと思いました。CIは会社のシンボルなので、そこにきちんとストーリーを込めてそれをみんなが語れるようになってくれると、社内的にはもちろん、社外で新しい人に会った時にも共通言語になれると思っています。社内メンバーに、ロゴひとつの裏にあるたくさんの見えない言葉をきちんと共有できるように、制作時から意識していました。



(難波)最後に、ロゴは長年付き合っていくものなので、"じわじわくる"ものであることも大事にしていました。濃すぎても飽きますし、薄すぎても心に残らない。社内はもちろん、お客さん達にも、ロゴをふと見るたびに何か違うものが伝わって、イキゴトの存在感を感じてくれたらと思っています。

ロゴ・名刺・コーポレイトサイトのこだわり

・ ロゴ・名刺・コーポレートサイトの特徴、こだわりなど教えてください。まずはロゴについておしえてください。

(難波)こちらが新しいイキゴトのロゴです。

特徴の一つは、縦書きのカタカナであること、ですね。

イキゴトをどうユニークに表現するかを突きつめた結果、ロゴは「カタカナ」で、文字の向きもあえて「縦書き」にしました。

イキゴトの以前のロゴはローマ字でikigotoでしたし、多くの会社はローマ字ですよね。
でも、イキゴトの大切にしている"日本の価値"を本当に表現しようと思うと、ローマ字ではないなと。
あと、僕は海外でずっと仕事をしていたので、ロゴはもちろんすべて横書きでした。海
外から見た日本の特徴はたくさんありますが、そのうちのひとつは”縦に書ける”こと。日本人にとっては当たり前なことかもしれませんが、僕にとっては非常に新鮮でした。なんでもグローバル化されている今でこそ、和を大切にする会社には相性がよいなと考えました。


そして、マークも、先ほどの5つのキーワードを凝縮した結果、今の形になりました。

「いのちのつながり」、「太陽と自然と地球」、「ひとりひとりの個性」、「今とここ」、「日本の価値を大切にする」。

例えば「今とここ」は、生活していく上での大切な姿勢だと思っています。やはり人間は過去のことを引きずってしまったり、未来のことを心配してしまいがちで、それでつらくなってしまうこともあると思うのですが、「今とここ」に目を向けることをロゴで表現できたらいいなと思いました。

「今とここ」をいざ形にしようと思っても難しいですが、常に変化している、その一瞬をとらえたということが込められたマークになっています。丸でもなく、変形して動いている、生命感のある3つの要素がひとつになっています。定義しにくい形ですが、まさに「今とここ」を感じて頂けるとうれしいです。

他にも「太陽、自然、地球」のハーモニーや、色と大きさのバランス、又重なり具合など、突き詰めた結果このマークに落ち着きました。

マークや文字の「間」や余白も大切にしています。縦に空気が流れるように。字間を詰めすぎると流れがとどまってしまって心地よくないし。見えるものが引き立つように、見えないものをきちんと配置すること、間をとても大切にしました。

・つぎに、名刺について教えてください。

(難波)こちらが、イキゴトの新しい名刺です。



この名刺では、名刺っぽくないくらい、本当に、本当に必要なものだけに削りおとしました。

今の社会には雑音がたくさんあって、外にも自分の頭の中にも雑音がある中で、雑を無くすこと、ゆとりを持つ時間は大切だと思っています。この名刺も、禅の世界と同じくシンプルにしました。

その上で、名刺で一番大切な2つだと思っている「会社のシンボル」と「自分の名前」、この2つを両面のど真ん中に起きました。真ん中って一番気持ちいい場所だと思うので、一番大切な2つのものを、ひとつひとつ一面の真ん中においてあげて大切に扱いました。

そして、紙の選択も、紙の手触りを大切に、柔らかさや気持ちよさ、優しい感じがするものにこだわりました。今はデジタルの時代の中で、感触って失われてきているなと思います。でも、落ち着くものって、さわる感触だと思うんです。ピクセルで見る時代の中で、どんどん紙媒体のものが失われている中、その限られている触れ合いのところを大切にしたいと思った結果、優しい感じや、見た時の気持ちよさ、すーっと入ってきやすいビジュアルや体験を大切にしました。 

・コーポレイトサイトについて教えてください。

(難波)まずは是非、こちらから実物みていただきたいですね。http://ikigoto.com/

サイトでも、名刺と同じ考え方ですが、和の心、「ゆとり」というものを大切にしました。ぎゅーぎゅー詰めれば詰めるほど、ゆとりがなくなるので。余白や語り口など、ゆとりをもたせています。


あとは、縦ロゴも、一番ストンと入ってくる気持ち良いところにロゴを置いています。
(*ぜひPCサイトでご覧ください。)

他にも、クライアントワークのプロジェクトページでは、自分たちの仕事を丁寧にまとめて、大切にしていることをひとつひとつ伝えています。
どのお客さんも「人と人」でつくっているので、そこに関わっている人たち、経営者・ブランド責任者や実際社内で働いている人たちの顔がなるべく見えるようにつくりました。


イキゴトのブランドづくりは、クリエイティブとコンサルティングの両輪でプロジェクトを進めているので、制作サイトだけを見せるのではなく、どう成果につながったのかを見せています。ブランドを育てていく中でのその人たちの喜びや、どう変化していったのかなどが見えるデザインにしました。

生命のつながりをつくるために


・CIリニューアルを踏まえ、これからのイキゴトについて教えてください。 

(代表五味)今回、イキゴトは、ライフデザインカンパニーとして、これから歩むことを決めました。

LIFE(生命・生活・人生)に目を向けて、これからの時代に愛されるブランドをつくっていこうと思います。

生命のつながり、人と人、人と自然のつながりを大切にしている経営者・ブランド責任者の方と、より良い未来をつくるために歩んでいこうと思います。

これからのイキゴトを楽しみにしていてください。

共感してくれる仲間と、イキゴトをつくっていきたい!

さてここまで、イキゴト代表取締役の五味勇人と、クリエイティブディレクターの難波ケンタに、インタビューをしてきました。ここからは、イキゴト人事広報のYASUKOの思いもちらっと!

CIリニューアルにより、未来に向けての歩みが明確になったイキゴト。

ここから、さらに一丸となって、経営者・ブランド責任者の方と、未来のブランドづくりにとりくんでいきたいと思います!



4月には2人、6月にも1人と、続々新しい仲間がどんどん増えているイキゴト。

企業文化チームも3月に発足し、イキゴトが大切にしていることを日々実行していくための様々な取り組みをしていますが、CIリニューアルを経て、これからは益々どんどんやっていきたいと思います! 
 (企業文化チーム発足についての記事はこちら

そして、イキゴトの考え方、思想に共感してくれる人と出会いたいと思っています!!!

CIリニューアルは始まりであり、これからの歩みは、社内のみんなでこれからつくっていくこと。大きなフォーマットはできたけれど、みんなでつくっていくことだと思っています。

なので、いまイキゴトに入ると、一緒につくっていくところも楽しめると思います!

これからさらにどんどん面白くなっていくタイミングです!!!


素晴らしい仲間たちに出会いながら、イキゴトの歩みをすすめていきたいと思います!

現在、絶賛仲間も募集中です!(人、組織、地域を元気にする、ブランドコンサルタント募集
イキゴトに興味をもってくださった方、是非話をききに来てください!


Anonymous
Picture?height=20&width=20
D6b86128 b6a8 4cd6 a3dc 0b73b70b259c
Picture?height=20&width=20
24f7a107 a01c 4e16 976c 845e4af6c26a
Ba2ece60 a4bd 4b3c a52b d61d6bb58621
8 いいね!
Anonymous
Picture?height=20&width=20
D6b86128 b6a8 4cd6 a3dc 0b73b70b259c
Picture?height=20&width=20
24f7a107 a01c 4e16 976c 845e4af6c26a
Ba2ece60 a4bd 4b3c a52b d61d6bb58621
8 いいね!

開発秘話

あのサービスはこうして生まれた。開発秘話特集

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon