【日本の匠な「お直し 職人」さんにインタビュー!】高度な技術をもつ、“修復師”を知っていますか?
日本全国の一流のお直し屋さんと出会える場(WEBサイト)であるikigotoの「ONAOSHI for Good Life 」 ! 今回は、今回は、茨城県つくば市にある、創業60余年の老舗クリーニング&お直し屋さんの「Tokyo Laundry」の代表取締役社長の宮本 茂さんに、お話を伺いました!宮本さんは経営者でありながら、日本全国でも70名ほどしかいない“修復師”のお一人!

「この資格をもっていないと上手く出来ないクリーニングがあるんです。例えば、“シミ抜き”。
シミ抜きと一言で言っても様々あるんです。シミが汚れの場合は除去だけで済むのですが、色素が残ってしまうケースがあります。その時は色を再現しなければならなくて。これがとにかく労力のかかる大変な作業なんですよ。苦笑
少しずつドットで色を入れなおして、本来の色を再現していかなければならないんですが、特に和服などの鮮やかな色が多いものは大変ですね。
この色を再現することが出来るのが、修復師なんです。
複雑なシミ処理は、私が実際にやらせていただいています。」

「しっかりとした作りの良いものを、しっかりと手をかけて永く着る。
そして、またそのモノが、世代を超えて受け継がれていくといいなと想っています。こんな時代だからこそ、飽きたら捨ててしまうという、ただの消費としての服ではなく、お直しやクリーニングをしながら、愛着を持てる服と永く美しく付き合っていってほしいと想っています。」
ーーーーーーーーー
「ONAOSHI for Good Life 」は、ものを直して長く丁寧に使う、古きものをクリエイティブなアイディアとともに、よりよいものへと進化させる、そんな丁寧でクリエイティブな「お直しのある楽しい暮らし」を提案することを目的としたプロジェクトです。

現在、そこでご紹介する「日本の一流のお直し職人さん」にインタビューをし、その内容をライティングするメンバー を募集しています! 興味ある方は是非(^^)
https://www.wantedly.com/projects/49440

*ONAOSHI for Good Lifeの宮本さんのインタビュー記事はこちら
http://bit.ly/1TJ9EEf

3ff0224e 3790 43b6 8412 dddde3c090de

Page top icon