【社員インタビュー】Vol.4 CV Engineer 山藤 正彦

今回は“さんとす”こと、山藤正彦さん(以下さんとす)の紹介です。さんとすが大企業を辞めて、なぜinahoにジョインしたのか。自然相手に開発することの難しさや、大企業とスタートアップの違い等々。エンジニアの観点もあって、なかなか面白いですよ。ぜひご一読ください!

聞き手・編集:代表取締役CEO 菱木豊


−さんとすは元々どういう仕事をしていたんだっけ

前の職場が工場の生産ラインの自動化をする技術開発をする部門でした。自分はロボットにモノを掴ませるための認識技術の開発をしていました。人の作業を代替するために、省人化をすることで、コスト削減を担うような仕事です。

−元々ロボット系の仕事をしていたんだよね。うちのHPから採用の問い合わせをしてくれたこと覚えているんだけど、どうして興味を持ってくれたんだっけ?

ロボットの認識関係の仕事をする中で、開発者として世の中にとってどれだけ価値がある仕事ができているかは考え続けていました。そんなときに、自分の技術がもっと汎用性がある技術じゃないかと疑問を抱いて、医療とか農業とか分け隔てなく世の中の仕事をみたときに、inahoのHPを見つけました。

−そっかそっか。それは我々にとっては嬉しい疑問を抱いてくれたね(笑)実際にHPを見つけてみてどうだったかな

Blogでも色んなはなしが公開されていたので、中身も分かり、仕事の意義も垣間見えたので、コンタクトさせてもらいました。実際に話を聞いて合点がいったし、技術的なハードルは高そうだけど、そのハードルをクリアしたら、農家さんにとっても価値のある技術になるのではないかと思って入社を決意しました。

−なるほど。ハードルが高そうな技術部分に関しては、実際にやってみてどうかな

やっぱり工場の中でやっていたこととは、環境がかなり違いますよね。センサーを使ったセンシングをやっている技術者の方からしても、想像しにくいかもしれませんが、綺麗にデータが取れないことが当たり前な環境です。そのような環境の中で、ロボットが野菜を収穫するために、アルゴリズムを変えるかのか、データセットを変えるのか。目的を実現するためにどうするか。試行錯誤し続けなければいけません。難しくもあり、楽しくもありますね。


−実際にロボットを使った開発をしていた立場からしても、そんなに予想よりも違ったんだね

工場の中では天候は一切関係ないですからね。入社前に季節も関係あるであろうとは想像してはいましたが、実際にやってみて、ここまで違うものなのかと思っています。1時間や30分の違いで取れるデータが刻々と変化します。センサーがデータを取得するにあたって、優しい時間と、厳しい時間とでは、検証データの結果が全く変わってきます。やはり、実際にやってみたことによる難しさを痛感してます。

−そのように技術的に難しい局面において、課題を乗り越えるためにどんなことを意識しているかな

続きはこちら…

inaho株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings