1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ついに、RaaSモデルで自動野菜収穫ロボットのサービス提供を開始しました!

2015年に共同代表の菱木がAIの勉強会でBlue River Technology社のレタスを自動で間引くロボットの動画を見て、アスパラガスの自動収穫ロボット開発のキッカケとなる雑草を刈り取るロボットの着想を得てから4年、inahoを立ち上げてから2年半の月日を経て、先日正式にサービスを開始することができました!

AIに学習させる雑草を撮影中

RaaSモデルによる次世代農業パートナーシップ

「どのようなサービスを始めたのか?」を端的にお伝えすると、人の目で見て収穫適期かどうかを判断する必要がある選択収穫野菜の自動収穫ロボットを従量課金型ビジネスモデル(RaaS)で展開するサービスです。

サービスの主な特徴は下記の通りです。
・国内では実用化が進んでいない選択収穫野菜の自動収穫ロボット
・ロボットを販売するのではなく、サービスとして提供するRaaS(Robot as a Servise)モデル
・初期費用&メンテナンス費用ゼロ円でロボットの導入が可能!利用料は収穫高に応じてお支払い
・最新技術やパーツのロボットをご利用いただくことが可能なため、性能が継続的に向上

…続きはこちら

inaho株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング