1
/
5

金融機関のパートナーとして地域活性化に貢献できる!

こんにちは、インクグロウ株式会社の採用・広報担当川本です。弊社の事業内容や現場での活動を分かりやすくお伝えしたいと思い、今後社員インタビューをアップしてまいります。

第一弾は、ネットワーク推進部の営業メンバーとして活躍している宮崎さんに仕事内容や、やりがいについて伺いました!

・仕事内容について

全国各地の金融機関(銀行・信用金庫・信用組合)様と、中小企業の成長を支援する企画の立案・運営支援を行っています。昨年の緊急事態宣言の際には、これまで開催していた集合型の経営セミナーや研修など開催が困難となり提携金融機関様もオンラインでの支援体制が未だ整備されていない状況でしたので、金融機関様に代わってオンラインでのセミナーを急遽企画するなど、オンラインでの企画面でもサポートしています。

・ネットワーク推進部の仕事のやりがい

金融機関様と連携する事で、通常ではアプローチする事が難しい全国各地の中小企業経営者の方に支援を届ける事ができます。また、各企業の1社1社弊社が提案を行うのではなく地域企業支援に対しての想いを共有している金融機関とパートナーとして伴走いただくことで、多くの中小企業を支援する事ができ、結果として地域活性化に貢献できる事にやりがいを感じています。

直近の支援事例では、昨年の緊急事態宣言の際に開催した「コロナ下における企業経営」をテーマとしたオンラインセミナーに参加した九州の金融機関お取引先の建設業の経営者の方から、「今後の経営環境を考えてBtoCの事業を立ち上げたい」と相談をいただき、WEBサイト構築や商品開発のための専門書購入費用など新規事業に活用できる補助金の申請を支援させていただきました。

セミナー参加する前は、なんとなく頭に浮かんでいた「新たな取り組み」にチャレンジするか悩まれていたそうですが、 セミナー参加で気づきを得て、その後に個別相談も行うことで方向性を明確にすることできたそうです。結果として、新事業へのチャンレンジとその取り組みに活用できる補助金も無事採択されたとのことで感謝の声をいただきました。

様々な形で金融機関様も経営支援メニューを揃えてますが、潜在ニーズを拾いきれなかったり全ての取引先に情報を届ける事は難しいのが実状ですのでその部分を私たちがサポートする事に価値を感じています。

・今後に向けて

新型コロナウイルスの影響が長引く中、多くの企業が売上が減少するばかりではなく「新たな日常」を前提にした新分野への進出や転換も検討していかねばならない状況です。

そのような状況下で、大企業に比べて経営資源が限られる中小企業においては全てを自社で賄うことはなかなか難しく、公的な中小企業支援策や金融機関様が提供している支援を活用する事が重要です。

私たちの活動を通じて地域を支える中小企業が1社でも多く苦境を乗り切り、成長していただけるように引き続き取り組んでまいります。

インクグロウ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう