1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

自立グラフェンであるグラフェンフラワー(商品名)
グラフェンを原料として製造している高性能放熱部材の一例
株式会社インキュベーション・アライアンスは、研究開発型ベンチャー企業として2007年に神戸で創立されたものづくり企業です。新規な素材として世界的に注目され、2010年にはノーベル賞もとられたグラフェンに着目し、世界に先駆けてグラフェンの大量合成方法を開発し、研究開発用途への製品提供をおこなってきました。 このグラフェンをはじめに、カーボンナノチューブ、カーボンナノファイバー、グラファイトなどの炭素材料を、今後の成長が期待される有望市場の市場ニーズにカスタマイズした形で提供していくことを、事業コンセプトとしています。 これまでに世界特許を80件ほど保有し、米国、欧州、中国、韓国、台湾を含めたグローバルな事業展開を、開発当初より手掛けています。 IoT、AI、クラウドなどの伸長により大きな市場成長が見込まれるIT市場では、それを支える半導体チップの発熱が大きな懸念事項になっています。我々は、システムの破壊を回避するための高性能な放熱、冷却部材を開発し、大手ITメーカでの評価と並行して、量産体制を構築しつつ、本格的な事業化を推進しています。 また、自動車のEV化にともない、電池も有望な成長市場です。カーボン材料は、リチウムイオン電池をはじめとして、各種の電池の電極に実用されています。我々は電池市場も対象市場としており、燃料電池、スーパーキャパシタ電極、アルミ多価イオン電池などの課題を解決する、ユニークなグラフェン電極の研究開発も並行して推進しています。

なぜやるのか

グラフェン国際会議に積極的に参加(懇親会の様子)
米国での展示会出展の様子
IoTやAI、クラウドなど、IT技術の進展により、人とモノとのか係りかたは劇的に変化し、信じられないくらいに便利な世の中になるでしょう。一方で、世界の中での日本の位置づけなど、例えば、EV自動車ばかりなったら、自動車メーカーの顔ぶれが劇的に代わってしまうことのように、どのように変わってしまうのでしょうか。 日本ののもづくり技術、特に材料技術は、世界的にも進んでいて、アナログな世界でもあるために、今後も力を入れて、世界に貢献していく分野であるべきと言われています。 IT技術の進展は、IoTもAIも半導体チップが連結してなされるもので、半導体チップの高性能化と表裏一体です。ところが、半導体の高性能化により、それに流れる電流が大きくなり、その発熱が大問題になってきています。 すでに、スマートフォン、タブレットPC、HMD、液晶TVなど、身近な製品の半導体チップには放熱部材が装填されており、これが外れると、数分で200℃以上に発熱し、壊れてしまう、とういう現実があります。 そこで、我々は5年前から、優れた熱伝導性能をもつグラフェンを使って、高性能な放熱部材を開発することに取り組んできました。 開発の過程で、Microsoft、Google、Apple,Amazon、Intel、TI、DELL、Samsungなどの大手IT企業とコンタクトし、そのニーズを製品開発に活かすべく活動してきましたが、熱対策に対するニーズは我々の予想以上であり、現在30社以上の企業との協業を進めています。 このように、独自のものづくり技術により、世界のニーズに貢献していくことが我々インキュベーション・アライアンスの使命と考えて活動しています。

どうやっているのか

神戸港と会社の写真です。
現在は社員20人の組織ですが、販売・マーケティングはパートナー(株主)であるスクラム社、井上孫社、花王㈱とのアライアンスで進めています。スクラム社の米国拠点には米国ビジネスのベテランが進出済であり、スクラム韓国、スクラム台湾の現地会社のメンバーとともに、それぞれの大手IT企業との商談を進めています。 社員の大半は技術系で、開発と製造(製造技術開発、生産)を分担して進めています。社長は学生時代からカーボン一筋ですが、その他のメンバーは、セラミックス材料、金属材料、バイオなど経験は様々ですので、特にカーボンに専門知識がないと活躍できないことはありません。 花王、エア・ウォーター社、神戸製鋼とのアライアンスもあり、協力しながら課題に立ち向かっていくことが、会社名のインキュベーション・アライアンスのとおりの社是になっています。 課題は山積みですが、仕事とは課題を解決することだ!、というシンプルな思考で、夢の実現に向かって、がんばっています。