1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

INFACTインターンを終えて新卒入社する私が得たもの

こんにちは、INFACTでインターンをしている照山です。

このページをご覧いただき、ありがとうございます!

この記事を開いてくださったみなさんの中には、「ITベンチャーのインターンってどんな仕事をするんだろう?」など気になる方がいらっしゃると思います。そこで今回は、INFACTでインターンを経験し、4月から新卒入社する私が当社でのインターンを通して感じたことなど自己紹介も併せてお話しさせて頂きます。

今回の記事で少しでもINFACTで働くことのイメージを共有できれば幸いです。

自己紹介

私は現在大学4年生、4月から新卒としてINFACTに入社します。

大学は都内の女子大に通っており、在学中はESSに所属し英語スピーチの全国大会に出場したり、自らも大会運営をしていました。また、入学当初からカフェでアルバイトをしており、大学4年間は英語スピーチとコーヒーに囲まれた生活を送っていました。

そんなITベンチャーとはかけ離れた世界で生きてきた私が、なぜINFACTを選んだのか。それは、当社が「人や組織の成長や変化に密に携われる仕事」だったからです。
これは、私が就職活動の軸として一番大切にしてきたことであり、面談でお話を伺った際にここが求めていた場所だ!と直感的に思い、まずはインターンとして働くことになりました。

インターンではどんな仕事をするのか?

まずお話ししたいのが、当社で募集しているインターンは全て有償インターンになります。
無償インターンではなく、会社の一員として働き、お金を頂くという点で学生のうちからプロとしてクライアントに接する心構えが自然にできたように感じます。
インターンに任される業務内容はそれぞれ違うのですが、私は現在クライアントのICTサポート、自社ブログの執筆、Wantedly管理等を行っています。

どの業務も初めは大変でしたが、特にICTサポートは未知の領域だったため最初は戸惑うことが多くありました。しかし、社員の方に質問したり、自ら調べ、実行に移すという過程はまさに自分で掴んでいくという感覚で、日々業務の中でたくさんの刺激を受けています。

また、INFACTにはやりたい!と手をあげれば挑戦できる環境があります!
こういったワードは、様々な企業で耳にしたことがあるかと思いますが、就活生時代の私はあまり信じていませんでした(笑)新卒に任せるなんてそんなことあるわけないと、、。
しかし、INFACTは本当にその環境があるとインターンを経験し自信を持って言えます!
私は、学生時代に大会の実行委員長やチーフをやっていた経験から人事の仕事に興味があったのですが、なんと入社前のインターンの段階からWantedly管理を任せて頂き、今必死にどうしたらたくさんの人に見て頂けるか、効果的な使い方は何かと模索しているところです。

もちろん、自由を与えていただく代わりに責任はありますが、新卒の頃からこんな経験ができるのは当社の魅力だと思います。

さらに、INFACTでは新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、リモートワークを推進しています。
1月からインターンを始めた私も、実はまだ一度も出社せずフルリモートでインターンをしています。

リモートワークでは、相手の顔が見えないため対面に比べてコミュニケーションをとるのが難しく、一見働きにくそうにも思えますが、私は今後必須になるリモートワーク特有のコミュニケーション力を身に付けるチャンスと捉え、日々業務に取り組んでいます。

最後に

今回は私がINFACTでのインターンを通じて感じたことについてお話しさせて頂きました。当社の魅力について少しでも伝わっていれば嬉しいです!

私は4月1日に正式入社するので、インターンで得た学びを活かしてこれからも頑張っていきます。
そして、今後も当社の魅力が伝えられるようWantedlyを通じて発信していきます!

ここまで読んでいただきありがとうございました。少しでも興味を持たれた方は、まずは気軽にお話だけでもできたらと思うので、下の「話を聞きに行きたい」ボタンを押してください!
たくさんのご応募お待ちしております^^

株式会社インファクトでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング